このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

ダイアプラン西武協定締結

更新日:2016年4月1日

 所沢市・飯能市・狭山市・入間市の4市から成る埼玉県西部地域まちづくり協議会(ダイアプラン)から、以下の2点についてご報告いたします。

ダイアプラン4市と西武鉄道株式会社が、連携協力に関する協定を締結しました。

 埼玉県西部地域まちづくり協議会(以下、「ダイアプラン」という。)と西武鉄道株式会社は、4月4日(木曜)、地域社会の発展、経済活動の活性化に向け、連携協力に関する協定を締結しました。
 少子高齢化や社会情勢の変化などの課題に対しては、これまでもそれぞれ独自に取り組んできましたが、地域の抱える課題に関しては、広域行政と鉄道事業者が協働して取り組むことにより、より効果的な取組みが可能になるという共通の認識のもと、協議を進めてまいりました。その結果、ダイアプランで定める「第2次西部地域まちづくり構想・計画」のうち、4市における主要交通機関である西武鉄道に関連のある施策について協働して取り組むため、必要な基本事項を定めた基本協定締結の運びとなりました。
 今後は、広域行政と鉄道事業者のそれぞれの強みを発揮できる連携体制を構築し、圏域の移動の促進を通じた地域活性化や地域のみどりや観光施設を通じた魅力の発信、また有事の際の防災体制の強化など、地域住民や沿線利用者の往来や満足度の向上を第一に、円滑で柔軟な施策展開を連携してまいります。

「埼玉県西部地域まちづくり協議会と西武鉄道株式会社との連携協力に関する協定」概要

  • 1 趣旨 埼玉県西部地域まちづくり協議会が策定した「第2次埼玉県西部地域まちづくり構想・計画」のうち、主に西武鉄道株式会社に関連のある施策について協議し、地域経済の発展、経済活動の活性化に向け、協働して取り組むために必要な基本的事項を定めるもの。
  • 2 参加団体 埼玉県西部地域まちづくり協議会(所沢市、飯能市、狭山市、入間市)、西武鉄道株式会社
  • 3 協定内容 下記項目について地域住民および沿線利用者の往来や満足度の向上を第一に、円滑で柔軟な施策展開を連携して実施する。

    (1)活力と賑わいに満ちたまち
    (2)安心して暮らせるまち
    (3)緑豊かで美しく住みよいまち

株式会社西武ホールディングスおよび西武鉄道株式会社に対し、要望書を提出しました。

 株式会社西武ホールディングスの筆頭株主である米国の投資会社サーベラスが株式公開買い付けを実施するにあたり、西武秩父線、山口線などの廃止、さらには所沢市を本拠地とする埼玉西武ライオンズの売却を求めているとの報道がなされております。
 こうした状況下、埼玉県西部地域まちづくり協議会では、鉄道路線の廃止や埼玉西武ライオンズの売却について反対の姿勢を示した株式会社西武ホールディングスに同意し、鉄道路線の維持及び埼玉西武ライオンズの存続について株式会社西武ホールディングス及び西武鉄道株式会社に対し要望書を提出することとしました。要望内容は以下のとおりです(全文)。

鉄道路線の維持及び埼玉西武ライオンズの存続について(要望)

 鉄道網の整備及び日ごろの安全な運行、埼玉西武ライオンズによる地域への貢献など、平素より格別のご尽力を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、先月以降、貴グループの筆頭株主であるサーベラスが株式公開買付けを実施するにあたり、西武鉄道株式会社の西武秩父線や国分寺線、山口線などの廃止、さらには、埼玉西武ライオンズの売却を求めているとの報道がなされております。
 鉄道は非常に公共性の高い事業であります。鉄道利用者、沿線居住者のみならず、社会的に大きな意義を持つ事業であり、株主の短期的な利益により判断されるべきものではないと考えます。
 また、プロスポーツも、鉄道事業と同様に高い公共性を持つものと考えております。埼玉西武ライオンズは、地域に密着した球団経営を進めておられ、その存在は、住民にとりましては、強い愛着があるとともに、誇りでもあります。
 貴職におかれましては、サーベラスの提案への反対を表明されたとうかがっております。所沢市、飯能市、狭山市および入間市で構成する埼玉県西部地域まちづくり協議会といたしましては、その決定につきまして敬意を表しますとともに、強く支持いたします。今後とも、サーベラスからの提案に反対を貫き、鉄道網の維持及び埼玉西武ライオンズの存続を図られますように、強く要望いたします。
 これからも、地域の発展のために、思いを一つにして取り組んでまいりましょう。

「埼玉県西部地域まちづくり協議会(ダイアプラン)」とは…

 埼玉県西部地域まちづくり協議会は、都心から30から60km の埼玉県南西部に位置し、同一沿線にあり、地理的に隣接する所沢、飯能、狭山、入間の4市が、首都圏における豊かで魅力溢れる都市圏を創造することを目指して設立。互いに交流や連携を深めながら、夢を実現し、発展をしていくため、この4市を強固なダイアモンドに見立て、計画の柱にDIA(ダイア)を掲げたことからダイアプランという愛称で呼んでいる。

D…Dramatic creative city

   ドラマチックな創造都市づくり

I…Interaction system 

   様々な交流を可能とする活動、交流システムづくり

A…Amenity network

   誰もが憩える水と緑のネットワークづくり

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 経営企画課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9027
FAX:04-2994-0706

a9027@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る