このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

多聞院(ぼたんの寺)の寅まつりとリサイクルふれあい館「エコロ」を巡る無料バスを運行します

更新日:2017年5月9日

今年度は終了しました。

平成29年5月1日(月曜)に、所沢市観光協会が、ぼたんの花咲く『多聞院』と『リサイクルふれあい館エコロ』、所沢の農産物や物産を販売している『食の駅所沢店』を巡る無料バスを運行します。
なお、当日多聞院では「寅まつり」が開催されます。
また、食の駅近くには、天然温泉『湯楽の里』がございますので、どうぞお立ち寄りください。

開花状況

期日

平成29年5月1日(月曜)

住所

多聞院:所沢市下富1501番地
リサイクルふれあい館エコロ:所沢市日比田620番地の1
食の駅所沢店:所沢市下富583番地の1
所沢温泉湯楽の里:所沢市下富604番地

バス乗り場

西武新宿線航空公園駅東口:日大芸術学部行バス乗り場

バスルート

(1)航空公園駅東口→多聞院→リサイクルふれあい館「エコロ」→航空公園駅東口
(2)航空公園駅東口→多聞院→食の駅→航空公園駅東口

・当日は無料バスが大変混雑することが予想されます。例年午後は比較的空いています。
また、お並びいただいた場合でも、混雑の状況により、ご乗車できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

時刻表

平成29年度寅まつりバス時刻表
  航空公園駅東口 多聞院 リサイクル
ふれあい館
食の駅所沢店
1 9時00分 9時20分 9時40分  
2 9時30分 9時50分 10時10分  
3 10時00分 10時20分 10時40分  
4 10時15分 10時35分   10時45分
5 10時30分 10時50分 11時10分  
6 10時45分 11時05分   11時15分
7 11時00分 11時20分 11時40分  
8 11時15分 11時35分   11時45分
9 11時30分 11時50分 12時10分  
10 11時45分 12時05分   12時15分
11 12時15分 12時35分   12時45分
12 12時45分 13時05分   13時15分
13 13時00分 13時20分 13時40分  
14 13時15分 13時35分   13時45分
15 13時30分 13時50分 14時10分  
16 13時45分 14時05分   14時15分
17 14時00分 14時20分 14時40分  
18 14時30分 14時50分 15時10分  
19 15時00分 15時20分 15時40分  
20 15時30分 15時50分    
21 16時20分    
  • 最終便は帰り専用となります。
  • 交通事情により時間が変更となる場合がございます。

多聞院の寅まつり

多聞院の毘沙門堂には、武田 信玄 公の守り本尊であった毘沙門天がまつられています。
信玄は、この毘沙門天を、かぶとの中に納めて戦場に出陣しており、信玄滅亡後、縁あって川越城主柳沢 吉保の手に入ったものを三富の地割開拓後、ここに安置したものです。
「寅まつり」は、毘沙門様の化身である「寅」に願いを請うお祭りで、毎年5月1日に行われます。
また多聞院は、ぼたんの寺としても有名で、境内には300本を越えるぼたんが植えられており、毎年この時期には色とりどりの大輪が咲き誇る様はじつに見事です。

富の神明社

多聞院のとなりには、さつまいもの神様「吉田 弥右衛門」「青木 昆陽」をまつる「富の神明社」があります。吉田 弥右衛門はこの地方で初めてさつまいも栽培に成功、普及につとめ、これが後に「川越いも」となりました。境内にはさつまいもをかたどった珍しい「なでいも」もあり、こちらにもぜひお立ち寄りください。

各所のご案内は、ホームページでご確認ください

お問い合わせ

所沢市 産業経済部 商業観光課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 市役所別館
電話:04-2998-9155
FAX:04-2998-9162

a9155@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る