このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

知(し)って得(とく)する自然(しぜん)のはなし 第10回

更新日:2008年10月14日

カタツムリのはなし

 皆(みな)さんはカタツムリの呼(よ)び方(かた)をいくつ知っていますか?カタツムリ、デンデンムシ、マイマイ、ツブリ、はてはエスカルゴ?いろんな呼び方がありますが、古(ふる)くから親(した)しまれてきたためではないでしょうか。漢字(かんじ)では「蝸牛」と書(か)きます。
 ゆっくり這(は)っているように見えるカタツムリですが、油断(ゆだん)をすると姿(すがた)を見失(みうしな)ってしまうことがあります。少しずつ確実(かくじつ)に進(すす)むということは、以外(いがい)と大きな結果(けっか)を生むようです。

 ところで、このカタツムリは一体(いったい)何(なん)の仲間(なかま)なのでしょう?虫みたいな名前だけど昆虫(こんちゅう)じゃないみたいだし…。
 実(じつ)は貝(かい)の仲間なのです。日本中にいる貝の仲間は、海(うみ)に住(す)むものが一番(いちばん)多(おお)くいます。次(つぎ)に多いのが陸(りく)に上(あ)がった貝。そう、カタツムリたちです。そして次が淡水(たんすい)に住む貝です。
 カタツムリの仲間は、日本に100種(しゅ)ほどいます。世界(せかい)には約2万種がいて、中にはとてもカラフルなものもいます。このあたりで見られるものとしては、ミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイ、ウスカワマイマイ、ニッポンマイマイなどがいます。

 もう気付(きづ)いたかもしれませんが、カタツムリの本名(ほんみょう)は「マイマイ」です。梅雨(つゆ)に入(はい)ると、カタツムリと出会(であ)う機会(きかい)があるかもしれません。そのときは、殻(から)の模様(もよう)をよく見てください。種類(しゅるい)によって模様が大体(だいたい)決(き)まっています。でも、大型(おおがた)の種類のものほど、それぞれ個性(こせい)があったり、産地(さんち)によって特徴(とくちょう)があったりしますので、違(ちが)いを見つけるのも面白(おもしろ)いかもしれません。

 殻はからだの成長(せいちょう)に合わせて成長しますが、種類によっては小さくても大人(おとな)のものもいます。普通(ふつう)大人のカタツムリの殻は、入口(いりぐち)が反(そ)り返(かえ)っているので注意(ちゅうい)して見てください。
 殻は敵(てき)から身(み)を守(まも)るためでしょうが、最大(さいだい)の敵は乾燥(かんそう)かもしれません。夏場(なつば)や冬眠(とうみん)する時(とき)など、粘液(ねんえき)を分泌(ぶんぴ)して殻にふたをしてしまいます。
 また、陸に上がった貝、カタツムリには肺(はい)があります。そして、雄(おす)と雌(めす)の区別(くべつ)がありません。というよりは、雄であり雌でもあるのです。つまり、2匹(ひき)のカタツムリがいると両方(りょうほう)が卵(たまご)を産(う)み、どんどん増(ふ)えていきます。

 足は?目は?口は?音は聞(き)いているのかな?まだまだ不思議(ふしぎ)なことがいっぱいあるカタツムリ。雨が降(ふ)ったらカタツムリの捜索隊(そうさくたい)の出番(でばん)です。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

知って得する自然のはなし

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る