このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

知(し)って得(とく)する自然(しぜん)のはなし 第14回

更新日:2008年10月14日

星(ほし)からのメッセージ

 冬の自然観察(しぜんかんさつ)といえば、野鳥(やちょう)がまずあげられます。自然のエサが少ないこの時期(じき)、エサ台にもよくやってきます。シジュウカラ、メジロ、ショウビタキなどは、とりわけ友達(ともだち)になりやすいでしょう。
 
 また、午後(ごご)6時にはすっかり日も暮(く)れ、北風(きたかぜ)が汚(よご)れた
空気(くうき)を吹(ふ)き飛(と)ばしてくれるので、星の観察にも向(む)いています。冷(つめ)たい空気のおかげで空も澄(す)んでいます。明(あか)るく目立つ星も多いので、星空散歩入門(ほしぞらさんぽにゅうもん)にはぴったりです。
 
 東(ひがし)の空にはオリオン座(ざ)がいち早く昇(のぼ)ってきます。この星座(せいざ)はよく知られていますが、3つ並(なら)んだ星からすぐに見つけられるでしょう。三ツ星の下にボウッとしたものが見つかったら、それは、オリオン大星雲(だいせいうん)です。地球(ちきゅう)から1500光年(こうねん・光の速度(そくど)で1500年かかる距離(きょり))離(はな)れたここでは、今も星が作られています。オリオン座の上の方に明るいオレンジ色の星が見つかれば、それはおうし座のアルデバランという星です。
 さらに上の方に、なんだか青白(あおじろ)い星が6個くらい集(あつ)まってにじんで見えるのがわかるでしょうか?これはプレアデス星団(せいだん)です。生まれてからまだ5000万年(まんねん)ほどしかたっていない若(わか)い星の集(あつ)まりで、日本では古(ふる)くから「すばる」と呼(よ)ばれて親(した)しまれてきました。双眼鏡(そうがんきょう)で見ると星だらけで驚(おどろ)くかもしれませんよ。北の空にはW(またはM)の形(かたち)に星が並んだカシオペア座。そして北極星(ほっきょくせい)は見つけられるでしょうか?北極星は船乗(ふなの)りたちにとって、方角(ほうがく)を知らせる大切(たいせつ)な目印(めじるし)とされてきました。

 所沢あたりでは夜空(よぞら)も明るくなったので、見える星の数(かず)も少なくなりましたが、キャンプに行ったときなどなるべく暗(くら)いところで夜空を見上げてみてください。天(あま)の川がボウッと白く見え、星の多(おお)さに星座も見つけられないかもしれません。
 
 今、私たちが見ている星の光は、1500年前だったり、10万年前のものだったりするわけですが、宇宙(うちゅう)からは絶(た)えず高速(こうそく)で宇宙線(せん)というものが降(ふ)りそそいでいます。
 小柴昌俊(こしば まさとし)東京大学(とうきょうだいがく)名誉教授(めいよきょうじゅ)がノーベル賞を受賞(じゅしょう)され、ニュートリノという言葉(ことば)を聞(き)いたことのある人も多いでしょう。これもそのひとつです。この宇宙線は、星のいろいろな内部情報(ないぶじょうほう)をものすごい早さで伝(つた)えています。星からのメッセージは絶(た)えず届(とど)いているのです。
 毎日(まいにち)星空を見ていると、見える星が変(か)わっていくことに気がつくでしょう。昔(むかし)の人たちは、この星の動(うご)きによって、季節(きせつ)の移(うつ)り変わりを感(かん)じていたようです。
 まだまだわからないことだらけの宇宙。流(なが)れ星は、みんなの願(ねが)いごとをかなえてくれるかな?

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

知って得する自然のはなし

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る