このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

知(し)って得(とく)する自然(しぜん)のはなし 第15回

更新日:2008年10月14日

春(はる)の妖精(ようせい) カタクリ

 カタクリは、早春(そうしゅん)に花を咲(さ)かせる植物(しょくぶつ)
です。それは、雑木林(ぞうきばやし)の木々(きぎ)がまだねぼけまなこで、葉(は)を十分(じゅうぶん)に広げない頃(ころ)です。
 春をいち早く告(つ)げるように、赤紫色(あかむらさきいろ)の花が一面(いちめん)に咲くところはとてもみごとです。太陽(たいよう)の日が当(あ)たると花を開(ひら)き、日が当たらなくなると花を閉(と)じ…。そして10日ぐらいで花はしぼんでしまいます。

 寒(さむ)さに強(つよ)いカタクリは、氷河期(ひょうがき)になり気温(きおん)が下(さ)がったので、生息地(せいそくち)が南(みなみ)へと広がりました。しかし、氷河期が終(お)わって気温が上がると、カタクリには住(す)みにくい環境(かんきょう)となってしまいました。
 そこで、

  • 北(きた)へ戻(もど)る
  • 山へ登(のぼ)る
  • 低(ひく)い所で住む場所(ばしょ)を探(さが)す

といった3つの方法(ほうほう)で生き残(のこ)ることにしました。所沢のカタクリは、3点目です。北斜面(きたしゃめん)の雑木林に生き残りましたが、大勢(おおぜい)の人がお花見(はなみ)に訪(おとず)れるような群生地(ぐんせいち)はなくなりました。減(へ)っている理由(りゆう)としては、その花を摘(つ)んで帰(かえ)ってしまう人がいること、土地開発(とちかいはつ)、ふみつけなど、いろいろ考(かんが)えられます。

 種(たね)から出た葉は一本の糸のように細長(ほそなが)く、1か月もたたないで枯(か)れてしまいます。それでも、養分(ようぶん)をたくわえた小さな球根(きゅうこん)を作り、毎年(まいとし)成長(せいちょう)し、やがて葉が2枚(まい)出るようになり、花を咲かせ、種をつけるようになるまで平均(へいきん)8年かかります。
 花がきれいに咲くのは、花粉(かふん)を運(はこ)んでくれるハナバチの仲間(なかま)に甘(あま)い蜜(みつ)のあることを知らせるためです。そして、種を運ぶのはアリです。
 カタクリは、種の先(さき)にアリの好(す)きな脂肪(しぼう)の入(はい)った袋(ふくろ)をつけています。アリは、種本体(たねほんたい)は食(た)べません。
 カタクリと聞(き)いて料理(りょうり)に使(つか)う片栗粉(かたくりこ)を思(おも)い浮(う)かべた人はいますか?その名の通(とお)り、カタクリの球根から作られたものが片栗粉でした。初夏(しょか)に球根を掘(ほ)りとり、たたいてすりつぶし、何回(なんかい)も水にさらして澱粉(でんぷん)をとりました。小さな球根からとれる澱粉は少量(しょうりょう)ですが、栄養(えいよう)もあり薬(くすり)のようにも使われ、とても貴重(きちょう)でした。一般的(いっぱんてき)に使われるようになった現在(げんざい)では、ジャガイモから作られているのが普通(ふつう)です。ただ名前だけは今でも片栗粉なのです。

 カタクリという名前は、その球根が栗(くり)の実(み)を半分(はんぶん)にした形(かたち)に似(に)ているからだと言(い)われています。うつむいて咲く可憐(かれん)な姿(すがた)は、万葉集(まんようしゅう)の時代(1200年〜1300年くらい前)からよく歌(うた)にも読(よ)まれてきました。
 カタクリが地上(ちじょう)に姿を見せるのは2か月くらい。あとは地中(ちちゅう)でゆっくりと生きています。まだ冷(つめ)たい風に吹(ふ)かれながら花を咲かせる姿や、その後(ご)すぐに姿を消(け)してしまうことから『春の妖精』と呼(よ)ばれています。
 カタクリが地下(ちか)深(ふか)く眠(ねむ)りにつけば春はもう本番(ほんばん)。なんだか心はずむ春。植物たちも新(あたら)しい季節(きせつ)のスタートをきりました。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

知って得する自然のはなし

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る