このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

知(し)って得(とく)する自然(しぜん)のはなし 第17回

更新日:2008年10月14日

貝(かい)ではない「シジミ」

 皆(みな)さん、「シジミ」って聞(き)くと何(なに)を思(おも)い出しますか?黒(くろ)くて小さな貝、やはり「シジミ汁(じる)」ですか?でも今日(きょう)のお話はチョウのシジミです。
 たぶん、皆さんも見たことがあると思いますが、地面(じめん)の近(ちか)くを低(ひく)くチラチラ飛(と)んでいる小さなうすい青色(あおいろ)のチョウです。なんで「シジミチョウ」って言(い)うのでしょう?
 シジミの貝がらを開(ひら)いたところを思いうかべてみましょう。ちょうが羽(はね)を広げているみたいですね。貝の「シジミ」が小さいからこの小さなチョウを「シジミチョウ」と呼(よ)ぶ説(せつ)と、開いた貝がらの内側(うちがわ)がうすい青色なので同(おな)じような色のこのチョウを「シジミチョウ」という説などがあります。

 日本のシジミチョウの仲間(なかま)は、めずらしい種類(しゅるい)も含(ふく)めて約70種類ほどいます。羽の色もいろいろですので、図鑑(ずかん)で見るとおもしろいですよ。
 ヤマトシジミに似(に)ていて、もう少し大きく明(あか)るい青色のルリシジミ、少し濃(こ)い青で、うしろばねにしっぽのあるツバメシジミなどは、所沢でも見ることができますので観察(かんさつ)してみましょう。そうそう、ヤマトシジミを見ていると、いっしょに黒っぽいチョウが飛んでいます。これはヤマトシジミのメスです。そうすると青い色はオスですね。

 これからだんだん寒(さむ)くなり、虫たちも冬越(ふゆご)しの準備(じゅんび)を始(はじ)めます。でも、活動(かつどう)している虫たちもまだいます。ヤマトシジミはいつまで見ることができるでしょう?
 見た日と場所(ばしょ)をメモしてみましょう。りっぱな観察記録(かんさつきろく)になりますよ。生きもの観察は決(けっ)してむずかしくはなく、このような簡単(かんたん)なことの積(つ)み重(かさ)ねです。
 さあ、みんなでカタバミとヤマトシジミを見つけにいきましょう。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

知って得する自然のはなし

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る