このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

【終了】ふるさと研究夏季企画展示「蔵からお宝発見!?所沢の民具市民学芸員による収集・整理・調査」を開催します

更新日:2014年12月11日

※この企画展示は終了しました。たくさんの御来場ありがとうございました。

蔵からお宝発見!? 所沢の民具~市民学芸員による収集・整理・調査~


「江戸時代から明治・大正・昭和の所沢では、どのようなモノを使って生活していたのだろう?」

 解体される寸前の土蔵からは、農村・所沢での生活を思い起こさせる、さまざまな民具が発見されました。
 今回、その民具を収集・整理・調査したのは、市民学芸員という「博物館活動」に特化した市民ボランティアです。
 100年の眠りから覚めた民具とともに「博物館活動」を担う市民のチカラを感じてください。

会期

平成26年7月19日(土曜日)から8月31日(日曜日)
午前9時から午後5時まで(※月曜日はお休みです)

会場

生涯学習推進センター3階企画展示室
(住所:所沢市並木6丁目4番地の1)

入場無料です。お気軽にお越し下さい。

関連イベント

展示トーク

  市民学芸員が企画展示室で展示資料とともに収集・整理作業の苦労や楽しさなどをお話します。

  日時

  • 8月23日(土曜日)午後2時から
  • 8月24日(日曜日)午前10時から
  • 8月30日(土曜日)午前10時から

  申込不要。直接3階企画展示室へお越しください。

蓄音機コンサート

  懐かしの蓄音機でSPレコードの音色を楽しみます♪
  解説  鈴木 源太郎さん

  日時
  8月24日(日曜日)

  • 第1部 : 午前11時から  日本の歌曲を集めて  
  • 第2部 : 午後2時から  バイオリンの名曲

  会場
  生涯学習推進センター 3階 学習室304

  定員
  各回先着35名

関連講座

モノの声を聞く~民具が語る絹の生業なりわいと製糸機織りの技術~

 市民が主力となって収集・整理・調査し、展示するに至った民俗資料。
 それらにはどのような特徴があるのか。
 特に生絹の機織の用具が発見されたこと、これは所沢近代史にとってどういう意味を持つのか。
 展示資料を前にして解説します。

日時

8月23日(土曜日)午前10時から正午まで

場所

所沢市生涯学習推進センター学習室301

講師

宮本 八惠子 氏(当市文化財保護委員)

定員

40名

申し込み

 往復はがきの往信裏面に講座名・住所・氏名(ふりがな)・人数(2名まで可)・電話番号を、返信面の宛名に郵便番号・住所・氏名をご記入し、8月12日必着でお送りください。
※応募多数の場合、抽選といたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 生涯学習推進センター ふるさと研究グループ
住所:〒359-0042 所沢市並木六丁目4番地の1
電話:04-2991-0308
FAX:04-2991-0309

b29910308@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

展示

イベントカレンダー

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る