ロタウイルスワクチンが定期接種になりました

更新日:2021年9月1日

予防接種法施行令の改正により、令和2年10月1日からロタウイルスワクチンが定期接種になりました。対象となるお子様は、無料で接種することができますので、病気を予防するため下記のとおり予防接種を受けるようにしてください。

対象者

令和2年8月1日以降に生まれた方で、生後6週から、ロタリックスは生後24週、ロタテックは生後32週までの間にある方(下図参照)

ワクチンの種類

ワクチン名
※どちらか一方を接種
1回の
接種量
対象年齢 回数
ロタリックス
(経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン (1価))
1.5ml 生後6週から
24週まで
2回
ロタテック
(5価経口弱毒性ロタウイルスワクチン (5価))
2.0ml 生後6週から
32週まで
3回

接種間隔等

ロタ接種間隔

接種費用

無料(全額公費負担)
ただし、令和2年8月1日以降生まれの方で、令和2年10月1日以降に接種した分より。

接種場所

市内協力医療機関

注意事項

  • 接種する際には、母子健康手帳を忘れずにお持ちください。
  • 初回と同じワクチンを接種してください。
  • 初回接種は生後14週6日までに受けましょう。生後14週6日を過ぎると腸重積のリスクが高まる可能性があるため、生後15週以降の初回接種はおすすめできません。
  • 対象期間を過ぎると、定期接種の対象外(有料)となりますのでスケジュールをよく確認して予防接種を受けるようにしてください。

※接種対象者の方には、案内文を送付いたします。


接種後は腸重積症に注意

ワクチン接種後1週間から2週間くらいまでの間には、腸重積症のリスクが通常より高まると報告されています。
腸重積症は、腸の一部が隣接する腸管にはまり込む病気で、腸の血流が悪くなることで腸の組織に障害を起こすことがあるため、速やかな治療が必要です。


突然はげしく泣く、機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す、嘔吐する、血便がでる、ぐったりして顔色が悪い等の症状が接種後に一つでも見られた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。
※腸重積症はロタウイルスワクチンの接種にかかわらず、乳幼児がり患することのある疾患で、まれな病気ではありません。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康管理課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1811
FAX:04-2995-1178

z-kenkokanri@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで