このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度胃がん検診のお知らせ※申込受付は終了しました

更新日:2017年11月1日

胃がん検診は定員に達したため、平成29年10月31日をもって申込受付を終了しました。
多くのお申し込みをいただき、ありがとうございました。

発泡剤(胃をふくらませる薬)とバリウム(造影剤)を飲み、エックス線撮影により胃の中の粘膜を観察する検査です。
検査中は左右に体を回転させ、胃壁にバリウムを付着させた後、複数方向から撮影します。医師の診察はありません。

 その他のがん検診についてはこちら

胃がん検診の詳細

実施内容

胃部エックス線検査

対象者

所沢市に住民登録がある40歳以上の方(昭和53年3月31日以前に生まれた方)

検診間隔

1年度に1回

実施予定人数(定員)

4,200人
※申し込み多数の場合、抽選となります。

一部負担金

1,200円
※市民税非課税世帯の方、生活保護世帯の方で、証明書を提示された方は一部負担金が免除されます。
平成29年度の検診でお使いいただける市民税・県民税課税・非課税証明書は、6月から取得可能となりますのでご注意ください。
市民税・県民税所得課税・非課税証明書についてはこちら

実施期間

平成29年6月から平成30年3月中旬までの各日(土曜・日曜・祝日を除く)

検診実施会場

保健センター (地図はこちら)

申込期限

平成29年5月31日(水曜日)
⇒申し込みを締め切りました。
「土曜日・日曜日に実施するがん検診」「検診バスで実施するがん検診」「レディースデーがん検診」の受付は締め切りました。

ご注意

検査の副作用として、「バリウムの誤嚥」や「便秘」があり、ごくまれに便秘等で消化管内にバリウムが停滞し、消化管穿孔(腸に穴があく)、腸閉塞(腸にバリウムがつまる)、腹膜炎等を起こすことがあります。
高齢になると、腸の機能が落ちてバリウムが排泄しにくくなりますので、ご心配な方は医療機関もしくは保健センターに事前にご相談ください。

次に該当する方は、受診できません

以下にあてはまる方は、安全性を考慮して受診できません

  • 成人になってから腸閉塞、腸捻転になったことがある方
  • 心臓、腎臓疾患があり水分制限を指示されている方
  • バリウム製剤に過敏症(アレルギー)のある方
  • 過去1年以内に心臓発作や脳梗塞などの脳血管疾患を発症した方
  • 検査当日に最大血圧160mmHg以上または最小血圧100mmHg以上の方
  • 妊娠中、またはその可能性のある方
  • 胃を全摘出した方
  • 1年以内に大きな手術をした方

以下にあてはまる方は、受診をご遠慮いただくことがありますので、事前にご相談ください。

  • 自力で立っていられない、または撮影台の手すりを掴むことが困難な方
  • レントゲン技師の指示に従って動くことが困難な方

他の医療機関で受診する機会のある方

  • 勤務先等の健康診断でがん検診の機会がある方。また、1年以内に医療機関で同等または同等以上の検査を受けた方。
  • 胃がんになったことのある方で、医療機関において経過観察中の方。また、自覚症状がある方。
  • 胃に関して、定期的に診察や検査を受けている方。また治療中の方。
  • がん検診の結果、要精密検査が必要と判断された方で、まだ精密検査を受けていない方。

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康管理課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1811
FAX:04-2995-1178

b9911811@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る