このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者交流・研修支援事業補助金交付事業

更新日:2017年3月28日

 「高齢者交流・研修支援事業補助金交付事業」は、高齢者団体が視察、研修、高齢者の福祉増進に寄与する活動を実施するにあたり、日帰りで貸切バスを利用した場合に、貸切バス賃借料の一部を予算の範囲内で補助するものです。

対象団体

次のいずれにも該当する団体
(1)市内に住所を有する60歳以上の者により組織され20人以上で構成されていること。
(2)会則、規則等を定め、組織運営を行っていること。
(3)代表者が定められていること。
(4)高齢者の福祉又は地域に寄与する活動を継続的に行っていること。
(5)政治活動、宗教活動又は営利活動を目的とした団体でないこと。
※会則、規約等で団体構成員の年齢要件が定められていない場合は、構成員名簿における市内在住の60歳以上の者が9割を占めていることをもって、対象団体とします。
※法人格を有する団体は対象となりません。

対象事業

次のいずれにも該当する事業
(1)高齢者の親睦等の促進を目的とした、貸切バスを利用した研修、視察等であること。
(2)団体構成員のうち20人以上が参加し、参加者はおおむね60歳以上の者であること。

対象経費

貸切バスの賃借料金。ただし、他の国庫補助制度等により補助金の交付があった場合には、当該補助金の額は対象経費に含めません。

 対象となるバスは、関東運輸局の許可を受けた一般貸切旅客自動車運送事業に該当するバス(一個の契約により有償で自動車を貸し切って旅客を運送するバス)。
 なお、乗り合いバスやタクシー、レンタカー、駐車場代、観光料、高速道路代、添乗員料金、謝礼、民間旅行会社等が企画するバスツアー(はとバスツアー等)の参加費等は対象外。

補助金額

対象経費の額とし、35,000円を上限とする。

補助利用回数

1団体1年度につき1回1台

利用方法

(1)年度内(平成29年5月15日から平成30年3月31日)に当補助金の利用を希望する団体は事前に申込みをする。

<申込み期間>
平成29年4月3日(月曜)から平成29年4月17日(月曜)午後5時15分まで

  • 申込みの際は、「団体名、代表者氏名、住所、電話番号、利用希望月、キャンセル待ち希望の有無とその期限(例:希望あり/11月末まで)」を記載のうえ、高齢者支援課へご提出ください。
    提出方法:高齢者支援課窓口へ直接提出又は郵送で提出(申込締切日までに高齢者支援課に届いた分まで受け付けます)
  • 申込みが予算を超えた場合は、高齢者支援課において抽選とします。(団体の立会いは必要ありません)
  • 申込期間に申込みをしなかった場合でも、追加で申込みを受け付けます。ただし、予算に残額がない場合には、キャンセル待ちとなります。
  • 申込み期間締め切り後、申込み結果を郵送します。

※この申込みは、補助金の交付を確定するものではありません。
 予算に限りがあるため、交付申請をすることができる団体を決定するものです。
 交付申請・実績報告提出後に市が書類内容を審査後、補助金の交付を確定します。

(2)貸切バス利用日の14日前(休日にあたる場合は直前の開庁日)までに申請書類を市へ提出し、交付申請をする。

(必要書類)

  • 申請書
  • 団体規約
  • 年間活動計画
  • 団体構成員名簿(氏名・住所・年齢の記載があるもの)
  • バス利用予定者名簿(氏名・住所・年齢の記載があるもの)
  • 運送引受書の写し又はこれに準ずる書類((1)バス賃借料金見積書の写し(2)行程表(時間と距離が分かるもの))
  • 口座振替依頼書(団体口座へ振込みの場合は口座振替依頼書1枚、個人口座へ振込みの場合は口座振替依頼書2枚と委任状)

※運送引受書とは、事業者が引き受けた契約事項を明記した書類のことです。
※口座振替依頼書について、すでに団体又は個人口座を市に登録している場合は提出の必要はありませんが、個人口座を利用する団体で委任状を高齢者支援課に提出したことがない団体は、委任状のみご提出いただく必要があります。
※申請内容によっては別途書類を提出していただく必要があります。

(3)貸切バス利用後14日以内又は当該年度末日のいずれか早い日までに実績報告書類を市へ提出し、実績報告をする。

(必要書類)

  • 実績報告書
  • バス利用者名簿(氏名・住所・年齢の記載があるもの)
  • バス賃借料金領収書の写し(貸切バスの賃借料金がわかるもの)
  • 請求書

(4)補助金の支払い

実績報告書等の提出月の翌月末までにお支払いします。

交付決定後の内容変更について

 交付申請にもとづき市が書類を審査し、交付決定通知書を送付しますが、その後に申請内容に変更があった場合は、高齢者支援課へご連絡ください。

事業概要

 平成29年度高齢者交流・研修支援事業補助金交付事業について、事業概要をまとめました。当事業利用のながれ等を紙面でご確認になりたい場合は、ぜひダウンロードしてご利用ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 福祉部 高齢者支援課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟1階
電話:04-2998-9120
FAX:04-2998-9138

a9120@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る