このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

地域包括ケアシステムとは

更新日:2015年6月1日

地域包括ケアシステムとは

 毎日の生活の中で「住まい」、「医療」、「介護」、「生活支援・介護予防」が連携して提供されるシステムです。高齢者およびその家族が、在宅での生活を選択することの意味の理解と、その心構えが重要になります。 
 所沢市では、平成37年度には75歳以上の高齢者が55,000人以上、要支援・要介護認定者が20,000人以上となり、医療や介護を必要とする高齢者が急増することから、地域包括ケアシステムの構築を急ぐ必要があります。
 第6期高齢者福祉計画・介護保険事業計画では、在宅医療・介護連携の推進、認知症施策の推進、生活支援・介護予防サービスの基盤整備の推進および高齢者の居住安定に関する施策との連携について重点的に取り組みます。

地域包括ケアシステム
地域包括ケアシステム イメージ

機能の強化

 地域包括支援センターを日常生活圏域における地域包括ケアシステムの中核として改めて位置付けるとともに、十分にその機能を果たすことができるよう、人員体制の強化や地域包括支援センター間の役割分担・連携の強化を図ります。
 また、地域包括支援センターの運営が効果的・安定的に行われるように、その運営や活動に対する評価について定期的に取り組み、地域包括支援センターの質の向上を図ります。

住まい

 広域型特別養護老人ホーム(160人分)や認知症高齢者グループホーム(36人分)の整備をします。また、高齢者のニーズに合った有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の整備について事業者や県との調整に努めます。

医療

 医療と介護の両方を必要とする高齢者の増加が見込まれることから、在宅医療の体制整備や人材の確保・養成を提供していく体制整備を医師会などと連携しながら取り組んでいきます。

介護

 住み慣れた自宅や地域で生活を継続できるように、小規模多機能型居宅介護サービスや定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスを充実します。

生活支援・介護予防

 全国一律の予防給付サービスのうち、介護予防訪問介護と介護予防通所介護が、平成29年度に市町村の実施する総合事業に移行することから、本市にあったサービスのメニューを開発し、住み慣れた自宅や地域で暮らし続けられるための取り組みを進めます。

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 福祉部 高齢者支援課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟1階
電話:04-2998-9120
FAX:04-2998-9138

a9120@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る