このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

ヨーロッパで麻しん(はしか)の大規模な流行が起きています!

更新日:2017年8月29日

これまで、麻しん患者報告数が非常に少なかったヨーロッパ地域において、近年報告者数が増加しています。
この度、その中でも特に、イタリアルーマニアにおける増加が顕著であることが発表されました。

海外に渡航される際の注意点

  • 渡航前に

麻しん既往歴、予防接種歴を確認しましょう。
麻しんにかかったことが明らかでない方で予防接種を2回受けていない方は、予防接種を検討しましょう。
既往歴、予防接種歴が不明の方は、抗体検査を検討しましょう。
なお、抗体検査、定期接種の対象年齢外(成人など)の予防接種については、自費となりますので、医療機関にお問い合わせください。

  • 渡航後に

2週間程度は、麻しん発症の可能性も考慮して、健康状態に注意しましょう。
特に高い熱、全身の発疹、咳、鼻水、目の充血などの症状に注意しましょう。

麻しん(はしか)とは

麻しんウイルスが原因で起こる病気で、免疫のない人が感染すると、ほとんどが発病します。
感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強いといわれています。
9から11日の潜伏期(病気をもらってから発病するまでの期間)の後、まず、咳・鼻水等の風邪症状から39から40℃にも及ぶ発熱が3から4日続きます。この熱はいったん下がりますが、再び発熱がみられ、これと共に発疹が全身に現れます。5から6日後、発疹は出てきた順序で消退し、後に褐色の色素沈着を残します。また、「コプリック斑」と呼ばれる斑点が、頬の内側(口腔粘膜)に出現するという特徴もあります。
肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発生し、死亡する割合も、先進国であっても、1,000人に1人と言われています。
なお、一度感染して発症すると、一生免疫が持続すると言われています。

発生状況

日本は、平成27年に麻しんの排除状態にあると認定されました。
しかし、海外、特にアジアやアフリカ諸国(インド、中国、ナイジェリアなど)では依然多数の報告があり、海外からの輸入による集団発生が起きています。

予防方法

感染力が強いので、手洗い、マスクのみでは予防できません。
最も有効な予防方法は予防接種です。ワクチン接種により95パーセントの方が免疫を獲得します。
現在の定期予防接種は、乳幼児期に2回です(麻しん風しん混合ワクチンとして)。対象年齢になったら、できるだけ早い時期に受けましょう。

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康管理課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1811
FAX:04-2995-1178

b9911811@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る