このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

4.産後に気をつけたいお口のこと

更新日:2014年7月23日

むし歯菌はうつる??

むし歯はミュータンス連鎖球菌というむし歯菌が原因でできます。
生まれたばかりで歯が生える前の赤ちゃんの口の中には存在しません。
むし歯菌は、1歳6か月から2歳7か月頃までに、主に保育者であるお母さんから、感染することがわかっています。
赤ちゃんに口移しで食べさせることや、大人が使った箸やスプーンで食べさせることで、感染しやすくなります。

 ただし、赤ちゃんの健やかな成長のためにも、スキンシップは大切です。大人が子どもの歯を守るためには、あまり神経質になりすぎず、周りの大人自身がむし歯を治療する、歯みがきを丁寧に行うなどの方法が効果的です。
お母さんをはじめ、家族全員で口の中をきれいにする事を心がけましょう。歯磨き剤はフッ素入りがおすすめです。

子どもの歯科相談
 保健センターでは、子どもの歯に関する相談(予約制)をおこなっています。
日時:健康ガイドところざわ参照。
申込み:健康づくり支援課(2991-1813)へ電話。

○2歳児歯科健康教室
 2歳6か月から2歳7か月児を対象に、歯科診察やフッ化物塗布等を実施しています。

歯と口の健康週間
 6月4日のむし歯予防デーにちなんで、保健センターでは6月の第1日曜日に歯科医による口内チェックや歯科衛生士による歯磨きのアドバイス等を実施しています。親子で楽しみながら、お口の健康について考える日にしてみませんか?
 詳しくは、広報ところざわをご参照ください。

歯磨き

成人に多い?!歯周病

子どもの歯を守るためにも、保護者がお口の中を清潔に保っておくことは大切です。
歯周病は、30歳以上の80%がかかっているともいわれる沈黙の病気です。痛みが出ることがほとんどなく、気づかないうちに進行し、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。
予防としては、やはり歯磨きですが、歯間ブラシやデンタルフロス等の補助用具を使うのも効果的です。
1日に1度は丁寧に歯を磨く習慣を大切にしましょう。
自覚症状がなくても、歯科医で半年に一度を目安にお口のチェックをするといいですね。

○定期的に検診を受けましょう
かかりつけの歯科医での検診のほか、所沢市では、40歳・50歳・60歳・70歳男女を対象に歯科検診(自己負担金:500円)を実施しています。

○成人歯科検診
歯周病予防のための歯磨きの仕方を知っていますか?
保健センターでは、歯科衛生士による成人歯科相談や歯周病予防のための教室等を実施しています。

○成人歯科相談(毎週火曜日午前中)

○歯を長持ちさせる健康教室(8月は親子で取り組む虫歯予防)

妊娠中から歯は育っている??

赤ちゃんの乳歯は妊娠6週頃から出来はじめ、妊娠12週頃から石灰化(硬くなる)が起きます。
妊娠中は、つわりなどの体調の変化から食生活が不規則になりがちですので、お母さん自身がむし歯や歯肉炎になりやすくなります。
お母さんのお口の健康を守るためにも、だらだらと甘いものを食べることは控え、何か食べた後は、歯みがきか口をゆすぐなどしましょう。

 ・体調の変化で歯みがきがよくできない時には・・・
    小さな歯ブラシで
    泡立つ歯みがき剤は使わない
    ブクブクうがいを
    気分の良い時に

・妊娠中に歯科に通院したいときは・・・
歯科医師に妊娠していることを伝えたうえで、妊娠安定期(16~27週:妊娠5か月~妊娠7か月)に受診するようにしましょう。

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康づくり支援課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1813
FAX:04-2995-1178

b9911813@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る