このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

たけのこごはん

更新日:2017年5月17日

学校給食のレシピで作る「たけのこごはん」

 たけのこは、4月から5月にかけて旬を迎えます。掘ってすぐはやわらかく、えぐみが少ないですが、時間がたつにつれ、えぐみが増していきます。そこで、米ぬかを入れたお湯で下ゆでし、あくぬきをしてから使います。たけのこは成長が早く、芽が地面に出てから一旬(約1日)で竹になることから、筍という名前がつきました。栄養面では「食物せんい」が多く含まれて、おなかの掃除をしてくれます。また、ゆでた時についている白いものは、「チロシン」といい、脳や神経の働きを助けるといわれています。

材料(4人分)

米 2合
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
ゆでたけのこ 150グラム
人参 4分の1
油揚げ 2分の1
きぬさや 3枚から4枚
油 小さじ2
砂糖 大さじ2分の1
しょうゆ 大さじ1
みりん 小さじ1
塩 少々
だし汁 60グラム

作り方

(1)といだ米に酒としょうゆを入れて、水を2合の目盛にあわせて炊く。
(2)たけのこは穂先を長さ2センチメートル位のくし型切り、残りは短冊に切る。油揚げは熱湯をまわしかけて油抜きをし、縦に半分に切って、短冊に切る。人参は千切り。
(3)きぬさやは熱湯でさっとゆでて、斜め千切り。
(4)油をひき、人参・たけのこを炒める。
(5)だし汁と調味料で煮る。
(6)炊き上がったごはんに(5)をさっくりと混ぜあわせる。
(7)器にもり、きぬさやをのせて、出来上がり。

たけのこのゆで方(あく抜きの方法)

・たけのこ
・米ぬか 1本につきひとつかみ位
 (米ぬかがない場合は、米のとぎ汁でゆでたり、生米(1本につき大さじ2)を入れてゆでてもよい)

(1)たけのこはよく洗って、穂先を斜めに切り落とし、底の方も汚れていたら切り落とす。
(2)火の通りをよくする為、縦に切り込みを入れる。
(3)大きめの鍋にたけのこを入れて、たっぷりの水を注ぎ、米ぬかを入れて、火にかける。
(4)沸騰したら、火を弱める。
(5)1時間から1時間半程度したら、竹串を指して、すっと通ったら火を止める。
(6)湯が冷めるまでしばらく置いておく。
(7)水につけて、冷蔵庫にいれておく。

あくぬき
たけのこのあくぬき

お問い合わせ

所沢市 教育委員会学校教育部 保健給食課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階
電話:04-2998-9249
FAX:04-2998-9167

a9249@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る