このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年4月利用分から下水道使用料を改定させていただきます

更新日:2018年1月26日

 本市の下水道事業は、一部一般会計からの補助金を繰入れて事業を運営しており、平成28年度は3億円を超える赤字になるなど、大変厳しい経営状況です。
 皆様のライフラインを守る地方公営企業として、サービスの低下を招かないよう、安定的な経営を図るために、下水道使用料の改定(値上げ)をさせていただくこととなりました。
 これからもより一層の経営改善に努めてまいりますので、下水道を利用される皆様のご理解をお願いいたします。

改定の内容(どのくらい値上げとなるのか)

 1立方メートルあたり最大22円(税込み23.76円)の値上げとなります。
 例えば、平均的な家庭における2か月あたりの使用水量とされる40立方メートルの場合、2か月で664円(1か月332円)のご負担増となります。(税込み)

1か月当たりの下水道使用料単価比較表(税込み)

 
種 類 排 水 量 改定前 改定後 増加額
一般用 基本使用料 10立方メートルまで 564.84 712.80 147.96
1立方メートルにつき 10立方メートルを超え
20立方メートルまで
71.28 89.64 18.36
20立方メートルを超え
30立方メートルまで
91.80 115.56 23.76
30立方メートルを超え
50立方メートルまで
111.24 135.00 23.76
50立方メートルを超え
200立方メートルまで
137.16 160.92 23.76
200立方メートルを超え
500立方メートルまで
164.16 187.92 23.76
500立方メートルを超え
1000立方メートルまで
196.56 220.32 23.76
1000立方メートルを超える部分 228.96 252.72 23.76
※公衆
浴場用
基本使用料 10立方メートルまで 2160.00 2160.00 改定なし
1立方メートルにつき 10立方メートルを超える部分 32.40 32.40
臨時用 基本使用料 10立方メートルまで 2289.60 2527.20 237.60
1立方メートルにつき 10立方メートルを超える部分 228.96 252.72 23.76

※公衆浴場用(スーパー銭湯は含みません。)については改定はありません。

2か月当たりの下水道使用料早見表(税込み)

 
排水量 下水道使用料 増加額
改定前 改定後
0立方メートル 1,128円 1,424円 296円
10立方メートル 1,128円 1,424円 296円
20立方メートル 1,128円 1,424円 296円
30立方メートル 1,842円 2,322円 480円
40立方メートル 2,554円 3,218円 664円
50立方メートル 3,472円 4,374円 902円
75立方メートル 6,059円 7,553円 1,494円
100立方メートル 8,840円 10,928円 2,088円
200立方メートル 22,556円 27,020円 4,464円
500立方メートル 66,404円 77,996円 11,592円
1,000立方メートル 148,484円 171,956円 23,472円
5,000立方メートル 1,031,924円 1,150,436円 118,512円
10,000立方メートル 2,176,724円 2,414,036円 237,312円

※下水道使用料は水道料金と併せて2か月に1度請求しております。

新しい下水道使用料の適用時期

平成30年4月1日以前から継続して下水道を使用されている方は、次のとおりです。

  • 4月検針分(2月から3月の使用分)・・・・改定前の使用料で計算します。
  • 5月検針分(3月から4月の使用分)・・・・排水量の2分の1は改定後の使用料で計算します。
  • 6月検針分(4月から5月の使用分)・・・・すべて改定後の使用料で計算します。

※検針は地区によって偶数月に検針を行う地区と、奇数月に検針を行う地区に分かれています。
※平成30年4月1日以降に転入等をされた場合は、改定後の使用料となります。

平成30年3月から4月にかけて43立方メートル使用した場合の計算例(5月検針)

 
一般用 3月分(22立方メートル) 4月分(21立方メートル)
基本使用料
(10立方メートルまで)
564.84円 712.80円
11立方メートルから
20立方メートル
10立方メートル×71.28円=712.80円 10立方メートル×89.64円=896.40円
21立方メートルから
30立方メートル
2立方メートル×91.80円=183.60円 1立方メートル×115.56円=115.56円
1,461円 1,724円
合    計 3,185円

※計算した金額に1円未満の端数がある場合は切り捨てます。

改定の理由

前回の改定(平成25年度)

 前回は、平成25年度に下水道使用料を改定しておりますが、改定に当たっては、学識経験者や市民の方等で構成する当時の「下水道事業運営審議会」において審議をいただきました。
 当時の汚水処理にかかる費用に対して使用料でまかなう割合(経費回収率)は約65%であったことから、経費回収率を100%まで引き上げると、市民生活への影響が甚大であるため急激な値上げは避けるべきとの結論に至り、経費回収率の目標を80%とする答申がなされ、平成24年12月の市議会の議決を得て、使用料の改定を行いました。
 併せて、同審議会より使用料の定期的な見直し期間を5年以内とする答申がなされました。

今回の改定

 前回の改定から5年が経過する平成30年度以降の下水道使用料について審議する時期を迎え、平成28年度に「上下水道事業運営審議会」を設置しました。
 審議会では、平成28年度の3億円を超える赤字決算、平成29年度の4億円を超える赤字予算と厳しい経営状況にあわせ、平成30年から平成36年度までの7年間の汚水処理に要する費用に対して、年間約7億円(7年間で約49億円)の使用料が不足することをお示しし、審議をいただきました。
 審議においては、下水道事業の収支均衡を図り、かつ事業の健全な運営を確保するために、経費回収率100%が望ましいとする意見もありましたが、一般家庭や地元企業の負担について過大にならないよう調整が必要であるとの答申をいただきました。その後、平成29年12月の市議会での議決を得て、使用料を改定することとしました。

平成30年度から平成36年度までの汚水処理にかかる費用と下水道使用料収入

  1. 費用
    年間 約33億7,000万円(税抜き)
  2. 収入
    年間 約26億7,000万円(税抜き)
  3. 不足額
    7億円(税抜き)
  4. 有収水量
    約 3,300立方メートル
  5. 1立方メートルあたりの不足額
    約22円(税抜き)

引き上げ額の考え方

 経費回収率を100%とする場合、1年あたり約7億円の不足額を使用料に転嫁すると、全体の改定率は26.15%となります。これを1立方メートル当たりに換算すると22円(税抜き)となります。
 所沢市の使用料体系は、県内他団体と比較すると、排水量が少ない階層の単価が低く、排水量が多い階層の単価が高く設定されています。このため、現行の使用料に一律に改定率を乗じると、すでに単価が高い階層の負担がさらに大きくなってしまいます。
 このため、階層ごとに引き上げ額の差をつけることなく、すべての階層に1立方メートルあたり22円(税抜き)を加算することで、負担の均衡を図りました。
 しかし、この場合一般家庭層である「基本使用料」から「10立方メートルを超え20立方メートルまで」の区分の引き上げ率が約30%から40%となり、ご家庭への負担が重くなってしまうため、一般家庭層の引き上げ額は経費回収率100%とする場合に必要な改定率26.15%を目安に調整しました。

下水道事業の現状

 所沢市の下水道事業は昭和32年から下水道管の埋設工事が行われ、平成29年でおよそ60年が経過しました。平成29年3月末までに、市の人口の93.5%に当たる321,000人の市民が下水道を使用できる環境となりました。
 所沢市の人口は平成29年3月末をピークに減少傾向に転じることが予測され、節水型機器の普及もあり使用料収入は減少が予想される中、これからは、高度経済成長期に集中的に整備した管が耐用年数を迎え、更新のために多くの設備投資が見込まれることから、中長期的な財政見通しを立てて経営基盤の強化に取り組んでいく必要があります。

汚水処理費の内訳の画像

 このグラフは、所沢市の汚水の処理1立方メートルあたりにかかる費用について示したものです。
 1立方メートルの汚水を処理するために、99.3円の費用がかかっているのに対し、皆様から頂いた使用料は81円であり、18.3円の費用が収益を上回る状態となっています。
 また、その内訳をみると、整備した管の減価償却費、流域下水道維持管理負担金(所沢市の汚水を処理するために埼玉県の施設に支払う費用)、管の整備費用として借り入れた企業債の利息の3つで80%を占めております。これまでも事務の効率化による維持管理費の削減や、業務の委託化による人件費の削減等を続けてきましたが、それだけでは赤字状態を解消することが困難であることがご理解いただけると思います。

「下水道使用料の改定についてのお知らせ」について

 平成30年1月下旬から、各ご家庭に下水道使用料の改定についてのお知らせチラシを配布いたします。
 また、3月もしくは4月検針時に、検針員がポスト等にチラシを投函させていただきます。
 以下のリンクからチラシをご確認いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 上下水道局 経営課
住所:〒359-1143 所沢市宮本町二丁目21番4号
電話:04‐2921‐1087
FAX:04‐2921‐1094

b9211087@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る