このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

ご自宅のブロック塀は大丈夫?安全確認を行いましょう!

更新日:2015年10月13日

 過去に発生した震災では、ブロック塀の倒壊や、ひび割れ等が相次ぎました。実際にブロック塀が倒壊すると、避難に支障が生じたり、救助活動の妨げになります。今後、大きな地震はいつ発生するかわからず、ブロック塀についても防災対策が必須です。
  
 そこで、ブロック塀の構造基準をお示しすると共に、専門家に見てもらう前にご自分で安全確認ができる点検表及び、診断カルテをご紹介します。
 一見安全そうに見えても基準に満たない危険なブロック塀等である場合がありますので、安易に考えず、ブロック塀の点検を行い安心して暮らせる街づくりを目指しましょう。

ブロック塀の構造基準

ブロック塀の構造は建築基準法施行令第62条の8で定められています。

主な現行基準

(1)高さは2.2メートル 以下とし、壁の厚さは15センチメートル(高さ2メートル以下の塀にあっては10センチメートル)以上とします。

(2)縦筋は直径9ミリメートル以上のものを80センチメートル以下の間隔で入れます。この鉄筋は基礎のコンクリートを打ち込む前に建て並べておき、基礎のコンクリートに十分定着させなければなりません。

(3)壁頂では、横筋にかぎがけして固定させます。

(4)壁頂の横筋は直径13ミリメートル(塀の高さが1.2メートル以下の場合は、9ミリメートル)以上とします。

(5)横筋は両端にかぎをつけ控壁位置の横筋にかぎかけとします。

(6)控壁は壁の長さ3.4メートル以内ごとに、塀の高さの5分の1以上突出したものを設け、9ミリメートル以上の鉄筋を入れて壁体とつなげます。なお、控壁や壁頂はコンクリートブロックを積むよりも、現場打ちコンクリートにした方がより堅固になります。

(7)基礎の丈は、35センチメートル以上とし、根入れの深さは30センチメートル以上とします。

(8)高さ1.2メートル以下の塀は、(6)、(7)の基準は準用されません。

ご自身で簡単にできる安全確認

 どなたでも簡単にできる安全確認の方法をご紹介します。各方法をクリックすると、安全確認方法のページが開きます。

(1)「我が家のブロック塀安全点検表」(公益社団法人 日本エクステリア建設業協会)
  ○×まるばつのチェックにより簡易に診断ができます。

(2)「ブロック塀の診断カルテ」(一般社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会)
  各項目ごとに評点を出し、全体の総合点により評価します。目に見える数値により、4段階の判定ができます。

危ないブロック塀の例

 ブロック塀の劣化や傾斜など危ないブロック塀の例を紹介しています。
(写真の出典:公益社団法人 日本エクステリア建設業協会)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 街づくり計画部 建築指導課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟2階
電話:04-2998-9180
FAX:04-2998-9152

a9180@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る