このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

住宅耐震改修における所得税額の特別控除のお知らせ

更新日:2013年11月11日

 所沢市内で、自ら居住する昭和56年5月31日以前に建築された住宅で、平成21年1月1日から平成29年12月31日までの間に耐震改修を行った場合、その耐震改修に要した費用の額に応じて所得税額から特別控除(20万円上限)を受けることができます。
 税務署に申告する際必要となる「住宅耐震改修証明書」の発行事務を市役所2階建築指導課窓口にて行っております。下記にある控除を受けるために必要な要件、手続き方法等をご確認の上、制度をご活用下さい。

対象となる住宅の要件

(1)自ら居住している住宅であること
(2)昭和56年5月31日以前に着工された住宅であること
(3)改修前の住宅が、診断の結果現行の耐震基準に適合しないものであること

対象期間

平成21年1月1日〜平成29年12月31日までの間に耐震改修を行ったもの。

住宅耐震改修証明書の発行ができる者

住宅耐震改修証明書の発行出来る者については、次のとおりです。

1.住宅の所在地を管轄する地方公共団体
2.建築士
3.指定確認検査機関
4.登録住宅性能評価機関
5.住宅瑕疵担保責任保険法人

所沢市で証明を受ける場合の必要書類

所沢市で証明を受ける場合は、下記書類を正副2部提出してください。
なお、手続きの際提出する書類の印鑑は同一のものでお願いします。

(1)住宅耐震改修証明申請書
(2)申請家屋の所在地及び建築年月日が確認できる書類(写し可)
例:登記事項証明書、建築確認済証、固定資産税の課税証明書など
(3)住民票の写し等
(4)案内図
(5)耐震改修工事の前後の耐震診断書
(6)工事内容のわかる設計書
(7)耐震改修工事前後の平面図
(8)耐震改修工事の写真(※施行前、施行中、施工後の状況がそれぞれわかるもの)
(9)負担した住宅耐震改修の費用の額が確認できる書類(写し可)
例:耐震改修工事費用の領収書、内訳書など
(10)設計者の資格者証の写し
(11)建設業者の建設業許可書の写し
(12)委任状(第三者に申請手続きの全て又は一部を委任する場合のみ)
※その他市長が必要と認める書類

従前に「所沢市我が家の耐震診断補助事業」及び「所沢市我が家の耐震改修補助事業」の補助を受けている方については、上記必要提出書類のうち一部が免除されますので、建築指導課窓口にてご確認下さい。

諸注意

  • 書類審査には1〜2週間程度かかります。
  • 提出書類に不備がある場合、証明書の発行はできません。
  • 必要に応じて市職員が現地確認をさせて頂く場合もありますのでご了承下さい。

住宅耐震改修証明書

お問い合わせ

所沢市 街づくり計画部 建築指導課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟2階
電話:04-2998-9180
FAX:04-2998-9152

a9180@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る