このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

妊娠・出産

更新日:2017年2月21日

妊娠した

手続きについて知りたい

医療機関を受診して、妊娠が分かったら早めに妊娠の届出を行い、「母子健康手帳」の交付を受けましょう。

妊婦の健診・教室などについて知りたい

すこやかな妊娠と出産のために、妊婦健康診査を必ず定期的に受けましょう。所沢市では、14回分の妊婦健康診査の費用の一部助成を行っています。

所沢市に住民登録のある妊婦とそのパートナーを対象に、妊娠・出産・育児についての知識を身につけて、少しでも不安なく過ごしていただくことや、また、友達づくりのきっかけとなっています。

所沢市在住で初めて出産をする方とそのパートナーを対象に、保健センターで毎月開催しております。内容は、ビデオの視聴、沐浴実習、パートナーとできる妊婦体操等です。

出産した

手続きについて知りたい

出産した場合、出産時に加入している健康保険から42万円の出産育児一時金が支給されます。

乳児の健診・教室・予防接種などについて知りたい

市では、乳幼児の健康診査といたしまして、保健センターにおいて集団健診(4か月児、1歳6か月児、3歳児)を実施しています。

BCGは、集団接種として保健センターで実施しています。四種混合・麻しん風しん混合・麻しん(単独)・風しん(単独)・日本脳炎・三種混合・不活化ポリオ・ヒブ・小児用肺炎球菌は、個別接種として市内協力医療機関で受けることができます。

平成17年度から平成21年度にかけての日本脳炎予防接種の積極的勧奨の差し控えにより、接種を受ける機会を逃した方(平成7年6月1日から平成19年4月1日生まれの方)の特例措置を実施していましたが、平成25年4月1日から下記のとおり対象者が拡大されています。(平成25年2月1日付け予防接種法施行令一部改正による。)

手当、助成などについて知りたい

児童扶養手当は、離婚や死別などによって父親又は母親がいない家庭でお子さんを養育している場合や、父親又は母親が一定の障害の状態にある家庭でお子さんを養育している場合に、生活の安定と自立を助け、児童の福祉の向上を図るため、手当を支給する制度です。

就職に必要な技能を身に付けるための講座を受講する場合に、受講費用の一部を支給します。受講前に申請していただき、修了後に支給します。

相談窓口のご案内

妊娠中の方や新生児及び出産された方に対して、助産師または保健師が家庭訪問をしています。訪問では、相談や血圧測定、新生児には体重測定を行います。

虐待は家庭内で起こるものであり、虐待している保護者も、虐待されているこどもも、自ら助けを求めることはなかなかできません。周囲のみなさんの「気づき」がこどもだけでなく、虐待をしてしまう親も救うことになります。

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る