このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度「所沢市スマートエネルギー補助金」のご案内【家庭用】

更新日:2016年6月17日

平成26年度に「所沢市スマートエネルギー補助金」制度を創設し、今年度も同様、更なる再生可能エネルギーの導入と省エネルギーの推進を図ります。太陽光発電システム等の設備を導入された市民の方に対して、次のとおり補助金を交付します。
※導入する設備によっては、事前申請(工事着工前)が必要となります。

(1)補助対象者

次の要件をいずれも満たす場合、対象となります。

  1. 自らが居住する市内の住宅に、補助対象事業を実施する方

  2. 補助金の申請時又は実績報告時に所沢市に住民登録されている方

  3. 補助金の申請時及び実績報告時に市税の滞納がない方

  4. 同一の事業について、市のその他の補助金の交付を受けていない方

(2)補助対象期間

平成28年4月1日(金曜)から平成29年2月28日(火曜)まで                 (※この期間中に補助対象項目に係る機器等を取得する必要があります。)


・前年度に既に契約締結を行い、当該期間中に工事や引渡し等を実施する場合も対象とします。
・事前申請が必要な設備(太陽光採光システム、バイオマスストーブ、地中熱利用システム、エコハウス)については、平成28年4月1日(金曜)から平成29年3月31日(金曜)までとなります。

(3)補助対象項目、補助金額及び上限額、事前申請

 
補助対象項目 種類 補助金額 上限額 事前申請
1 太陽光発電システム(PDF:82KB) 太陽電池の最大出力1kW当たり2万円 8万円  
2 太陽光採光システム(PDF:93KB) 太陽光追尾式 補助対象経費の10分の1 10万円 必要
3 太陽熱利用システム(PDF:96KB) 太陽熱温水器 集熱面積1平方メートル当たり1万5,000円 6万円  
ソーラーシステム 集熱面積1平方メートル当たり2万円 12万円  
4 蓄電池(PDF:95KB) リチウムイオン電池 蓄電容量1kWh当たり2万5,000円 20万円  
5 コージェネレーションシステム(PDF:86KB) エコウィル(ガスエンジン) 補助対象経費の10分の1 10万円  
エネファーム(燃料電池) 補助対象経費の10分の1 15万円  
6 バイオマスストーブ
(本体価格が10万円以上)(PDF:110KB)
ペレット・薪 補助対象経費の10分の1 5万円 必要
7 エコカー(PDF:95KB) 電気自動車、プラグインハイブリッド自動車 10万円(一律)  
燃料電池自動車 50万円(一律)  
8 雨水貯留槽(100リットル以上)
(本体価格が2万円以上)(PDF:80KB)
1万円(一律)  
9 ホームエネルギー管理システム(HEMS)(PDF:91KB) 2万円(一律)  
10 地中熱利用システム(PDF:108KB) ヒートポンプ式 補助対象経費の10分の1 25万円 必要
蓄熱式空気循環
11 エコハウス(PDF:108KB) ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス 延べ床面積1平方メートル当たり3,000円 36万円 必要
低炭素建築物 延べ床面積1平方メートル当たり2,500円 30万円

それぞれの補助対象項目をクリックすると、「対象要件」と「必要書類」が確認できます。

【加算措置】

次の要件を満たす場合、最大30%までの加算措置を受けることができます。
◆三世代が同居し、日常生活を営んでいる場合   補助金総額の20%
◆施工者が市内業者の場合(市内住所で領収書等を発行できる業者)   補助金総額の10%
◆所沢市マチエコ応援隊による低価格プランを活用する場合  ⇒ 補助金総額の10%

(4)申請期間

下記の申請期間内に必要書類を持参のうえ、市役所5階環境政策課へ直接申請してください。 (※土曜、日曜、祝祭日は除く。)

 
申請期間
第1期 5月9日(月曜)から5月31日(火曜)
第2期 8月1日(月曜)から8月31日(水曜)
第3期 11月1日(火曜)から11月30日(水曜)
第4期 2月1日(水曜)から 2月28日(火曜)
  • なお、事前申請が必要な4つの設備(太陽光採光システム、バイオマスストーブ、地中熱利用システム、エコハウス)については、平成28年4月18日(月曜)から平成29年2月28日(火曜)までの間、申請を随時受付いたします。
  • 先着順で受付します。ただし、補助金の申請額が予算に達し次第、受付を終了します。

(5)申請の流れ


※対象事業実施後の効果を把握するため、補助金交付後、必要に応じて事業の導入に係るアンケートを送付する場合がありますので、ご協力をお願い致します。

(6)様式

1.事後申請(工事完了後)の場合 (太陽光発電システム、蓄電池、エコカー等が対象)
様式 詳細
交付申請書兼請求書(ワード:54KB) 太陽光発電システム、太陽熱利用システム、蓄電池、コージェネレーションシステム、エコカー、雨水貯留槽、ホームエネルギー管理システムを申請する場合の様式です。
事業概要書(エクセル:105KB) 申請する補助対象項目に応じて提出する様式です。
2.事前申請(工事着工前)の場合 (太陽光採光システム、バイオマスストーブ等が対象)
様式 詳細
交付申請書(ワード:97KB) 太陽光採光システム、バイオマスストーブ、地中熱利用システム、エコハウスを申請する場合、工事着工前に提出する様式です。
事業計画書(エクセル:81KB) 申請する補助対象項目に応じて提出する様式です。
実績報告書(ワード:80KB) 太陽光採光システム、バイオマスストーブ、地中熱利用システム、エコハウスの工事完了後に提出する様式です。
交付請求書(ワード:37KB) 市から補助金の額の確定の通知を受けた後に提出する様式です。
変更申請書(ワード:51KB) 交付申請書の提出後、事業内容に変更が生じた場合に提出する様式です。
廃止等届出書(ワード:48KB) 交付申請書の提出後、事業の中止や廃止等がある場合に提出する様式です。
誓約書(ワード:31KB) バイオマスストーブを申請する際に提出する様式です。
3.その他の様式
様式 詳細
販売証明書(ワード:35KB) 補助対象経費を証明する領収書等が無い場合に提出する様式です。
建物所有者共有名義人同意書(ワード:39KB) 補助対象項目を設置する建物の所有者が申請者と異なる場合、又は補助対象項目を共同名義で導入する場合に提出する様式です。
(両方当てはまる場合、それぞれで書類の提出が必要)
財産処分取消申請書(ワード:35KB) 補助金の受領後、補助対象項目を5年以内(補助対象項目の事業完了後から起算)に処分する場合に提出する様式です。
世帯構成員の続柄に関する届出(ワード:42KB) 三世代同居の加算措置を受ける場合に提出する様式です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 環境クリーン部 環境政策課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
電話:04-2998-9133
FAX:04-2998-9394

a9133@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る