このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

連帯保証人を頼まれたとき

更新日:2016年3月28日

事例

5年前、弟が賃貸アパートに入居するので、その連帯保証人になって欲しいと頼まれました。弟は「絶対に迷惑を掛けない」と言ったので、連帯保証人になることを承諾しました。最近になって、弟は3か月ほど家賃を払っていないようで、私のところに請求がきたのですが、払わなければいけないのでしょうか。

お答えします

保証人には、『保証人』と『連体保証人』があり、これらは法的に少し異なります。『保証人』の場合、債権者(支払うよう請求できる人)は、債務者(支払う義務のある人)の支払が滞ると、まず債務者に請求する必要があります。その手順を踏まずに請求されたときは、保証人は「先に債務者本人に請求して下さい」と言うことができ、債務者が返済しない場合だけ代わって支払いをするのです。
しかし『連帯保証人』の場合、債権者は債務者の支払能力にかかわらず、『連帯保証人』に支払請求することができます。つまり、『連帯保証人』は『保証人』と異なり、債務者と同等の責任を負うことになります。金銭の貸し借りの場合は『連帯保証人』は、いわば自分がお金を借りるのと同じであるということを覚えておきましょう。
この相談者は、『連帯保証人』になっているので、弟(債務者)の滞納している家賃について、家主から連帯保証人である相談者へ支払請求がきたものです。請求がきた以上、相談者は支払いをしなければなりません。弟が「迷惑をかけない」と言っていたとしても、債権者に対する連帯保証を約束している以上、支払いの義務は免れません。
以上のように、連帯保証人になるときは、どのような内容の契約なのかをきちんと確認して、慎重に署名・押印をするようにしましょう。


困ったときや不安に思うことがあれば、消費生活センターの相談窓口にお気軽にご相談ください。

相談受付のご案内
電話:04-2998-9204(相談専用)
受付時間:午前10時から11時30分まで、午後1時から3時30分まで
月曜日から金曜日まで(祝日及び休日を除く)
注釈:ご相談は、電話あるいは面接のみとなります。

お問い合わせ

所沢市 市民部 市民相談課 消費生活センター
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9143
FAX:04-2998-9041

b9281233@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る