このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

所沢の水の歴史

更新日:2014年12月1日

上水道の誕生から現在まで

 所沢は、台地で大きな川がないため、水が豊かではありません。また、とても水はけが良いため、昔から井戸を作るには地面を深く掘らなければなりませんでした。しかも、多額のお金が必要なため、各家で井戸を持つことができませんでした。

 そのために、遠くの共同井戸まで水を汲みに行かなければならず、家庭の水仕事にはたいへん苦労しました。さらには、日照りが続くと井戸水が涸れてしまうこともありました。

 昭和9年4月、所沢町は大干ばつにみまわれました。町中の井戸が涸れて、飲み水さえ確保することができなくなってしまいました。この時、町外から飲料水を運搬したり、所沢陸軍飛行学校から給水を受けたりして、これを切り抜けました。

 所沢町は、このことをきっかけに上水道の建設を計画し、昭和10年7月から工事が始まりました。

 そして昭和12年3月、町政史上最大の工事はみごとに完成し、その年の4月1日に町民が待ち望んでいた給水が開始されました。

 昭和25年11月、所沢町は所沢市となりました。また、新所沢の住宅団地の建設を皮切りに、昭和30年代半ばから、市の人口は急激に増えました。

 地下水を水道水として利用していた所沢市では、たくさんの地下水を汲み上げたために地盤沈下が起こりました。そこで、昭和49年から、県営水道の水(県水)を取り入れました。現在では、年間配水量の約9割が県水であり、残りの約1割が地下水となっています。

 また、上水道の普及率は、現在ほぼ100%となり、とても暮らしやすくなりました。

お問い合わせ

所沢市 上下水道局 総務課
住所:〒359-1143 所沢市宮本町二丁目21番4号
電話:04‐2921‐1084
FAX:04‐2921‐1094

b9211084@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

水道一般について

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る