このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

公的年金からの特別徴収制度の見直し(平成28年10月1日以降)

更新日:2016年9月30日

目的

仮特別徴収税額の平準化を目的としています。
なお、本改正については、仮特別徴収税額の算出方法を見直しするものであり、新たな税の負担が発生するものではありません。

適用時期

平成28年10月1日以降に実施する特別徴収から適用致します。

内容

1.仮特別徴収税額の算出方法の見直し

仮特別徴収の1回分の税額が「前年度の公的年金等に係る年税額の6分の1に相当する額」に変更されました。
以前は、前年度の2月分と同額としていました。

公的年金からの特別徴収税額の計算方法
  仮特別徴収 本特別徴収
4月、6月、8月分の各税額 10月、12月、2月分の各税額
現行

前年度の2月分と同額

(年税額-仮特別徴収税額)÷3
改正 前年度分の年金特別徴収税額の年税額÷6 (年税額-仮特別徴収税額)÷3
算出例
年度 年税額 現行 改正後
仮特別徴収税額 本特別徴収税額 仮特別徴収税額 本特別徴収税額
4月、6月、8月分の各税額 10月、12月、2月分の各税額 4月、6月、8月分の各税額 10月、12月、2月分の各税額

H28

60,000円 10,000円

10,000円

10,000円

10,000円

H29 36,000円

10,000円

2,000円

10,000円

2,000円
H30

60,000円

2,000円

18,000円

6,000円 14,000円
H31

60,000円

18,000円

2,000円

10,000円

10,000円

現行制度では前年2月と同じ額になるため、一度仮特別徴収税額と本特別徴収税額に差が生じると、その差が解消しませんでしたが、改正後は、年税額が2年連続で同額だった場合は平準化します。

2.転出があった場合の特別徴収継続の見直し

特別徴収対象年金所得者が所沢市外に転出した場合、転出した年度の特別徴収を継続し、転出した期間に応じ、翌年度の本徴収または仮徴収を停止することとなりました。

現行

特別徴収対象年金所得者が所沢市外へ転出した場合、年金保険者に通知し、特別徴収を停止

改正後

特別徴収対象年金所得者が所沢市外へ転出した場合、転出した日の属する年度中の特別徴収を継続
例:

  1. 1月1日から3月31日までに転出した場合、転出した年度の本徴収及び翌年度の仮徴収を継続し、翌年度の本徴収を停止
  2. 4月1日から9月30日までに転出した場合、転出した年度の仮徴収及び本徴収を継続し、翌年度の仮徴収を停止
  3. 10月1日から12月31日までに転出した場合、転出した年度の本徴収を継続し、翌年度の仮徴収を停止

3.税額変更があった場合の特別徴収継続の見直し

市町村が年金保険者(日本年金機構など)に対して特別徴収税額の通知をした後に、特別徴収税額に変更があった場合においては、12月分と2月分の本徴収に限り、変更後の特別徴収税額によって継続することとなりました。

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 財務部 市民税課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟2階
電話:04-2998-9064
FAX:04-2998-9409

a9064@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

個人市民税

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る