このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

2月

更新日:2012年3月1日

所沢市自治連合会講演会

平成24年2月25日(土曜) 市民文化センターミューズ 

 地域のために日頃から様々な活動に取り組んでいただいている、所沢市自治連合会の講演会に出席しました。
 第1部では、市が行う「地域の底力支援事業」の表彰式に続き、向陽町町会及び所沢松が丘自治会による日頃の取組み事例の発表が行われました。
 第2部では、東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故により大きな被害を受けられた福島県南相馬市・桜井勝延市長による講演「3.11災害を経験して(行政の対応と住民意識の変化)」が行われました。

所沢レクリエーション祭り

平成24年2月25日(土曜) 市民体育館

 所沢市レクリエーション協会の主催により「所沢レクリエーション祭り」が開催されました。
 毎年好評のこの行事。今年は、民謡・インディアカ・フォークダンスなど8種目のデモンストレーションや初心者講習会が行われました。

平成24年第1回(3月)定例会

平成24年2月21日(火曜) 所沢市議会議場

 平成24年第1回(3月)定例会が開会され、市長は施政方針を述べました。

第10回所沢市伝統芸能発表会

平成24年2月19日(日曜) 市民文化センターミューズ中ホール

 所沢市内には、いにしえより伝わる貴重な郷土芸能があります。代表的なものとして、所沢出身の古谷重松(ふるやじゅうまつ)が編み出した「重松流祭囃子(じゅうまりゅうまつりばやし)」、約400年前の大坂冬の陣にその起源をもつ「岩崎簓獅子舞(いわさきささらししまい)」があります。
 こうした伝承者の日頃の稽古の成果を発表する機会として、所沢市伝統芸能発表会が開催されました。

所沢市スポーツ少年団交流大会

平成24年2月19日(日曜) 航空記念公園

 所沢市スポーツ少年団に所属している児童によるマラソン及び駅伝が航空記念公園にて行われました。総勢1,883人の児童が参加し、公園内を元気にかけ抜けました。

市長政策研究研修会

平成24年2月9日(木曜) 市役所3階全員協議会室

 各界で幅広く活躍されている方々から、地方自治の更なる推進に向けて様々な意見をいただき、これからの所沢の市政の運営にあたって示唆をいただくことを目的とする「市長政策研究研修会」が開催されました。
 今回は、松井 和氏を講師にお招きし、「子育ては生きる力」をテーマにご講義いただきました。

所沢市4Hクラブ農産物発表会

平成24年2月8日(水曜) 市役所1階市民ホール

 市内の若手農業後継者で組織される「所沢市4Hクラブ」による農産物発表会が市役所1階市民ホールで開催されました。
 同クラブの活動のパネル展示や、農産物の頒布会が行われました。

第16回全国茶サミット静岡大会in島田市

平成24年2月3日(金曜)〜4日(土曜) 島田市民総合施設プラザおおるり(静岡県島田市)

 「日本を癒す一服のお茶〜お茶で結ぶ縁(えにし)お茶でつなぐ絆(きずな)〜」をテーマに静岡県島田市にて開催された「第16回全国茶サミット」に市長が出席しました。
 全国から40の都府県市町村が参加し、市町村長会議や記念大会、各種催しなどが行われました。

所沢駅舎改良工事現場視察

平成24年2月1日(水曜)所沢駅

 平成25年春の新駅舎完成を目標に、工事を進めている所沢駅舎を視察しました。
 池袋線と新宿線が交差し、一日21万人の方が利用される所沢駅に、授乳室・キッズトイレといった西武鉄道初の施設、太陽光発電・壁面緑化といった環境に配慮した施設を有した、明るく快適で魅力のある駅になります。

お問い合わせ

所沢市 秘書室
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9022
FAX:04-2998-9191

a9022@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成23年度

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る