このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

7月

更新日:2014年8月11日

市長と職員との懇談会を行いました

平成26年7月8日(火曜)、10日(木曜)、23日(水曜)、28日(月曜)、29日(火曜)、30日(水曜)市役所3階市長室

 市長が市職員と直接意見交換を行い、職員との間に市の施策や仕事に対する意識の共有化を図ることを目的とする懇談会を実施しました。
 昨年度に係長級に昇任した職員37名を6組に分け、「所沢市または市の組織や職場に対するビジョン(将来の展望や未来像)について」をテーマに意見交換を行いました。

わんぱく相撲全国大会出場選手の市長表敬訪問

平成26年7月28日(月曜)市役所3階市長応接室

 入間市で行われた第23回わんぱく相撲埼玉ブロック地区大会を全勝優勝で勝ち抜き、わんぱく相撲全国大会へ出場する所沢市代表のちびっこ3力士が市長へ報告に来てくれました。全国大会は8月3日に東京・両国の国技館で行われます。

所沢市代表チーム
西海幹太くん(市立伸栄小学校6年)
中島泉海くん(市立美原小学校5年)
鈴木覇都くん(市立上新井小学校4年)

画家のたまご絵画展2014 除幕式

平成26年7月27日(日曜)市役所1階市民ホール

 公益社団法人所沢青年会議所が主催し、市内小学生の描いた絵画をフラッグにして商店街の街路灯に展示する「画家のたまご絵画展2014」の除幕式が行われました。これらの絵画は街路灯フラッグになり、約1か月間、市内商店街を彩ることとなります。

JAいるま野ふれあい農園 夏の収穫祭

平成26年7月26日(土曜)JAいるま野ふれあい農園(三ヶ島)

 農業体験農園である「JAいるま野ふれあい農園」にて夏の収穫祭が行われました。この農園では、園主のご指導のもと市民の皆さんが旬の野菜作りを体験しています。
 この日は利用者の方々の交流行事として、圃場審査の結果発表会や懇親会が行われました。

所沢農産物親子料理コンテスト

平成26年7月25日(金曜)保健センター調理室

 里芋や狭山茶をはじめとする所沢農産物を使ったオリジナル料理のコンテストが行われました。
 今回のコンテストには、書類審査に15家族16の料理の応募がありました。その審査を通過した6組の親子が実際に調理をし、審査員がその味を評価しました。
 どの料理も甲乙つけがたく、審査結果は僅差でした。

・所沢市長賞(優秀賞)
「夏バテなしの色々フライ」乙川(おとかわ)早百合さん、幸太朗くん(小学6年生)

・JAいるま野組合長賞(審査員特別賞)
「里芋と枝豆のサモサ(インド風あげギョウザ)」高橋淑子さん、明乃さん(小学5年生)

・所沢市農業後継者対策連絡会長賞(審査員特別賞)
「フライパンde里芋PIZZA!」鈴田真希さん、智也くん(小学6年生)
「笑顔たっぷり!野菜もたっぷり!和風肉だんご」佐生(さしょう)百合子さん、ここ那さん(小学5年生)

・所沢市農業団体長賞(審査員特別賞)
「狭山茶風味のカラフルそうめん」原幸恵さん、彩乃さん(小学4年生)
「色とりどりカラフルチャーハン」豊田喜久恵さん、詩緒里さん(小学6年生)

ライトダウン所沢イン航空公園

平成26年7月23日(水曜)所沢航空記念公園 噴水前広場

 過度にエネルギーに依存したライフスタイルを見直し、キャンドルの灯りで家族団らんの時間を演出する「ライトダウン所沢イン航空公園」が行われました。1,300個のキャンドルの穏やかな灯りと、サックス演奏や県立芸術総合高等学校卒業生による合唱などの心地よい音色が会場に訪れた人たちを包み込みました。

中学生海外文化交流派遣事業 派遣団出発式

平成26年7月22日(火曜)市役所東口ロータリー

 市長は、7月17日(木曜)に壮行会を行った所沢市中学生海外文化交流派遣事業派遣団の出発を見送りました。シンガポールに向けて皆さん元気よく朝7時に所沢市役所を出発しました。所沢市へ戻るのは26日(土曜)となります。

身近な川の調査 東川の川を調べてみよう

平成26年7月21日(月曜)川端橋(東中学校南側)

 市長は、東川を愛する会が行う「身近な川の調査 東川の川を調べてみよう」に参加しました。参加した皆さんと、川やそこに生息する魚の調査を行いました。

第31回所沢市長旗争奪男女バレーボール大会

平成26年7月20日(日曜)市民体育館

 市長は、所沢市バレーボール連盟の主催により行われた「所沢市バレーボール連盟創立50周年記念 第31回所沢市長旗争奪男女バレーボール大会」の開会式に出席し、激励の挨拶を述べました。

青少年の非行・被害防止強調月間街頭啓発キャンペーン

平成26年7月19日(土曜)所沢駅周辺、プロペ通り

 内閣府において毎年7月を「青少年の非行・被害防止強調月間」と定めていることにあわせ、青少年育成所沢市民会議と市では、青少年の非行・被害防止や健全育成を呼びかける街頭啓発キャンペーンを所沢駅前で行いました。

中国・常州市体育代表団の市長表敬訪問

平成26年7月18日(金曜)市役所3階市長特別応接室

 所沢市の姉妹都市である中国・常州市から、体育関連の行政職員で構成された常州市体育代表団(団長:劉永承リウユンチョン・常州市体育局副局長)の6名が、所沢市役所を訪れました。
 常州市を訪問したことのある藤本市長は、その時にお世話になった「ふるい友人」の名を挙げるなどして、懇親を深めました。
 代表団は、所沢市国際友好員会主催の歓迎会に出席した後、19日(土曜)に市民体育館などを視察する予定です。

中学生海外文化交流派遣事業 派遣団壮行会

平成26年7月17日(木曜)市役所3階全員協議会室

 平成26年度所沢市中学生海外文化交流派遣事業の派遣団壮行会が行われました。
 15の市立中学校から各2名、合計30名の派遣中学生が7月22日から3泊5日の日程でシンガポールに向かい、シンガポール日本人学校中学部の体験授業や、現地中学生との交流体験プログラムのほか、5班に分かれて語学研修などを体験します。

第21回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2014」本戦(全国大会)出場する芸術総合高等学校写真部の市長表敬訪問

平成26年7月16日(水曜)市役所3階市長応接室

 8月5日(火曜)〜8日(金曜)の間、北海道東町で開催される「写真甲子園2014」本戦(全国大会)に出場する芸術総合高等学校写真部の生徒3名と花岡校長、森写真部顧問が市長へ出場の報告に訪れました。
 「写真甲子園2014」本戦に出場できるのは全国で18校のみで、今年は521校の初戦応募がありました。同校は、6月13日に東京で開催された、初戦審査会で写真家や雑誌社編集長などで構成される審査委員により選ばれ見事本戦初出場を決めました。
 本大会は全国の高校写真部・サークルに新しい活動の場や目標、そして出会い・交流の機会を提供し、高校生らしい創造性や感受性の育成と活動の向上をもって、学生生活の充実と特別活動の振興に寄与することを目的に、写真甲子園実行委員会が主催しています。

「写真甲子園2014」本戦出場生徒
小花優衣こはなゆいさん(写真部部長)
須藤奈央樹すどうなおきさん(写真部副部長)
水野敦史みずのあつしさん(写真部会計)
いずれの方も映像芸術科写真専攻3年

市町村アカデミー主催「市町村長地域づくり特別セミナー」に参加しました

平成26年7月14日(月曜)〜15日(火曜)市町村アカデミー(千葉市)

 市長は、市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)主催の市区町村長を対象とした研修「市町村長地域づくり特別セミナー」に参加しました。2日間にわたり、国際情勢やまちづくり、地域経済、福祉政策についての講義を受けました。

夏の交通事故防止運動

平成26年7月13日(日曜)航空公園駅〜航空記念公園

 所沢警察署、所沢市交通安全推進協議会、所沢交通安全協会及び所沢市では、7月15日(火曜)から24日(木曜)まで「夏の交通事故防止運動」に取り組みます。統一行動日であるこの日は、航空公園駅から航空発祥記念館までパレードを行い、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を呼びかけました。

新所沢まちづくり協議会 設立総会

平成26年7月12日(土曜)新所沢まちづくりセンター

 市長は、山口、三ヶ島、小手指、松井の各地区に続き設立された新所沢まちづくり協議会の設立総会に出席しました。来賓挨拶にて、会の立ち上げに至るまでにご尽力された準備会委員やご関係の方々の熱意と努力に対し、敬意と感謝の意を述べました。

“未来(あす)を見つめ、今を動く!”タウンミーティング 第2回

平成26年7月12日(土曜)新所沢東まちづくりセンター

 市民の皆様から直接意見を伺う場として、また、市からの情報発信の場として「未来(あす)を見つめ、今を動く! タウンミーティング」を開催しました。
 今年度第2回の今回は「人と人との絆を実感できるマチ所沢〜地域福祉から考える〜」をテーマに意見交換を行いました。

第29回東京狭山線整備促進期成同盟会 通常総会

平成26年7月10日(木曜)狭山市稲荷山環境センター

 市長は、所沢市の東京都境を起点とし、国道463号及び16号、407号を結ぶ約16.8キロメートルの都市計画道路「東京狭山線」の整備促進期成同盟会通常総会に出席しました。
 所沢市内下安松工区を除く工区が整備されたことから、藤本市長が同会の会長に就任しました。

埼玉西部消防局山岳救助隊発隊式

平成26年7月9日(水曜)飯能日高消防署(飯能市)

 市長は、埼玉西部消防組合管理者として「埼玉西部消防局山岳救助隊発隊式」に出席しました。
 同組合飯能日高消防署が管轄する地域は、秩父山系から延びる1,000メートル級の山々に囲まれ年間を通じて多くの登山者に楽しまれている一方で、遭難事故が毎年増加傾向にあることから、同組合から30名の隊員を選抜し、7月1日に山岳救助隊が発足したものです。

第22期所沢市民大学における市長特別講演

平成26年7月8日(火曜)生涯学習推進センター

 市民と市の協働により企画・運営する学習の場である所沢市民大学からのご依頼を受け、講師として参加させていだきました。「所沢市の将来デザイン〜所沢市の舵をどうとっていくのか〜」をテーマに、市政運営に対する市長としての思いや市の財政状況の推移、重点施策などについてお話ししました。

第38回所沢市社会福祉大会

平成26年7月7日(月曜)所沢市民文化センターミューズ

 「思いやりの心を育て地域の福祉をすすめよう 地域ぐるみで青少年の健全育成をすすめよう」を大会スローガンに、第38回所沢市社会福祉大会が開催され、多年にわたり社会福祉事業の発展に功績のあった方及び団体が表彰されました。

第33回ところざわ人形劇フェスティバル

平成26年7月6日(日曜)吾妻まちづくりセンター

 市長は、今年で第33回目となる「ところざわ人形劇フェスティバル」を訪れました。プロ劇団「わけちゃん」のほか、市内アマチュア人形劇団7団による劇が披露されました。

松井まちづくり協議会 設立総会・記念祝賀会

平成26年7月5日(土曜)松井まちづくりセンター

 市長は、松井まちづくり協議会の設立総会及び記念祝賀会に出席しました。総会では、協議会の役員選任や事業計画・予算の承認等がなされました。来賓挨拶に立った市長は、会の立ち上げに至るまでにご尽力された準備会委員やご関係の方々の熱意と努力に対し、敬意と感謝の意を述べました。

平成26年度第1回政策研究研修会

平成26年7月4日(金曜)市役所3階全員協議会室

 本研修会は、市職員を対象とし、政治・経済・教育・文化・福祉など、各界で活躍されている方から意見をいただき、市政の推進を図ることを目的に、年に数回実施しているものです。
 今回は、株式会社櫻井弘話し方研究所代表 櫻井弘氏を講師にお招きし、「“気持のイイ”話し方・接し方−話し方・接し方は磨けば光る−」と題し、相手の気持ちに配慮した話し方を通じ、コミュニケーション力を高め、相手から気持ちよく話を引き出す秘訣について、ご講演をいただきました。

七夕飾りセレモニー

平成26年7月2日(水曜)市役所1階市民ホール

 7月7日の七夕を前に、市役所1階市民ホールに高さ約5メートルの七夕飾りを展示しました。
 平成14年度から始まり今年で13回目となるこの七夕飾りの展示には、毎年、並木保育園の園児さんにも市長や教育長と一緒に飾り付けをしてもらっています。来庁者の皆さんにも願い事をこめた短冊を飾り付けていただきました。

第1回所沢市環境審議会

平成26年7月1日(火曜)全員協議会室

 本年度は所沢市の環境政策の指針である「第2期所沢市環境基本計画」の計画期間の中間年次にあたることから、社会情勢の変化や関連計画の策定状況との整合を図るよう本計画の中間改訂を行います。改訂にあたっては、所沢市環境審議会にお諮りし、審議していただきます。第1回会議となる今回は16名の委員の方々に委嘱状を交付したのち、市長から諮問書が提出されました。

お問い合わせ

所沢市 秘書室
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9022
FAX:04-2998-9191

a9022@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成26年度

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る