このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

東日本大震災関連活動報告 平成23年8月2日(火曜)

更新日:2011年8月2日

 所沢市が東日本大震災の関連で行った主な活動等について、市の災害支援・節電対策本部で報告された活動内容をお伝えいたします。

災害支援・節電対策本部会議 概要報告

 
担当部 件名 概要
総括部 被災市町村への職員派遣に係る事務職の登録について 被災市町村からの職員派遣要請が今後1~2年程度続くことを想定し、派遣可能事務職の登録を行う。今後は登録職員の中から被災市町村からの要請に応じ、職員を派遣する。なお、現在派遣要請がきている南相馬市へ、8月8日(月曜)から10月31日(月曜)までの間登録事務職員を1名派遣する予定である。
スーパークールビズ対応のTシャツの追加申し込みについて スーパークールビズ対応のTシャツについて、職員に追加購入を呼び掛けたところ、920着の申し込みがあったので報告する。前回と同様、Tシャツ代金に上乗せした金額を負担してもらい、差額を義援金として日本赤十字社に送る予定であり、その額は約14万円となる。なお、第1回目の購入と合わせて2,449着となり(前回1,529着)、義援金の総額は約38万円となる。
本市の放射線関係測定について 本市の放射線関係測定について、7月27日(水曜)現在での測定結果の状況を取りまとめたので報告する。
「打ち水キャンペーン」及び「オープニングイベント」について 打ち水キャンペーンを次のとおり実施する。
 対象:市民、市内の事業者及び市
 期間:8月1日(月曜)~31日(水曜)
また、打ち水キャンペーンオープニングイベントとして、8月2日(火曜)午後4時から、市役所西口玄関前において、市長、副市長、中村市議会議長、村上市議会副議長、末吉市民環境常任委員長、その他所沢地区及び並木地区の環境推進員等により、打ち水を行う。
物資調達・搬送部 避難者への生活物資の支援について 避難者に、リサイクルふれあい館に保管してある衣類、再生家具、陶磁器などの生活物資を無償で提供している。
 提供世帯数:延べ22世帯
提供品数:241品 (7月11日(月曜)現在)
避難者対応部 日本赤十字義援金について 8月1日(月曜)現在、計約7,981万円の義援金が寄せられている。
日本赤十字社資について 7月28日(木曜)、市内松郷の89才男性より、日赤特別社資(活動費)として1,000万円の寄付があった。
市民生活対応部 全国避難者情報について 全国避難者情報システムにより埼玉県へ報告した7月20日(水曜)までの人数は、福島県150人、宮城県30人、岩手県4人、合計184人である。
被災地への再生自転車の供与について 7月22日(金曜)、再生自転車80台を岩手県大槌町に搬送し、無償供与した。 (搬送は、埼玉県トラック協会のご協力による。)
浄化センター脱水汚泥放射性物質測定結果について 7月19日(火曜)に、所沢浄化センター脱水汚泥の放射性物質測定を実施したところ、結果は72bq/kgであり、汚泥を肥料として利用する場合の基準値(200bq/kg)を下回っていた。
なお、測定結果については、市のホームページに公開するとともに、今後も引き続き汚泥中の放射性物質の測定を実施する。

お問い合わせ

所沢市 総務部 危機管理課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟4階
電話:04-2998-9399
FAX:04-2998-9042

a9399@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

所沢市の東日本大震災関連活動報告

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る