このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

所沢市保健センターの環境保全への取組み

更新日:2011年9月8日

保健センターでは環境保全への取組みを実施しています

保健センターでは、平成14年に環境マネジメントシステムを構築すると共に、「所沢市保健センター環境方針」を制定し、環境保全への取り組みを積極的に行っています。
^省資源の推進
・保健センターに設置してある雨水貯水槽の雨水をトイレの洗浄水に活用するなど、節水に努めています。
省エネルギーの推進
・保健センターでは、夏季の冷房温度を28℃以上、冬季の暖房温度を20℃以下に設定し管理しています。   
・昼休みや不要時(場所)の消灯を実施しています。
^排出ガスの削減
・保健センターを利用する市民の皆様へは、出来るだけ公共交通機関の利用をお願いしています。
・職員はマイカー通勤の自粛を積極的に行っています。
^医療廃棄物の適正排出
・保健センターが行う各種事業で使用した医療廃棄物を適正に分別・排出し、専門業者よる適正な運搬・処分が行われています。
職員の環境教育実施
・市の規程による研修の他、保健センターでも環境意識啓発のための研修を実施しています。

所沢市保健センター環境方針

4.2.1 基本理念

 地球は生きています。地球が健康であることを見守り、地球にやさしくすることが、私たちの義務であり責任です。
 保健 ・福祉・医療の連携のもとに市民の健康増進を図っている私たちは、誰よりも地球の環境汚染に敏感でなければなりません。そして、地球が健康であり続けるために、循環型社会の構築に向け、環境の保全と維持に努めなければなりません。
 保健センターは、健康づくり及び病気にかからないための予防を主体とした業務を通して、地球環境に配慮した運営を心掛け、市民サービスに取り組んでいきます。

4.2.2 基本方針

 所沢市保健センターは、環境の保全を図り、環境に与える主要な要因を継続的に改善するため、次の方針を策定します。

(1)保健・福祉・医療に従事する者は、環境にやさしく、全職員が計画的効かつ率的な市民サービスに努めます。
(2)省資源・省エネルギーの推進、廃棄物の削減を適正管理・環境の保全に配慮した保健予防に努めます。  
(3)環境関係法令を順守し、有害物質の排出抑制など、環境汚染の予防に努めます。
(4)組織の運営体制を整備し、環境マネジメントシステムを継続的に改善します。
(5)環境目的及び環境目標を設定し、継続的な見直しを行います。
(6)環境方針に沿った活動が、継続的に進められるよう必要な事項をマニュアル化し、全職員への周知と研修を行います。
(7)この環境方針は、所沢市民をはじめ広く公表します。

平成22年1月1日

         保健福祉部長 内藤 隆行

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康管理課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1811
FAX:04-2995-1178

b9911811@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る