所沢市

市民教養セミナー「江戸時代の旅と文学」

更新日:2018年5月16日

生涯学習推進センターでは、市民の皆さんが気軽に参加できる各種専門講座「市民教養セミナー」を開催しています。生涯学習の機会として、ぜひご参加ください。

市民教養セミナー「江戸時代の旅と文学」

 日本の古典文学は江戸時代初期に伝統的な雅文化と新しい俗文化とに分かれました。
 旅を描いた文学は『伊勢物語』や『更科物語』、西行法師の旅の和歌文学は雅文化の中の典型であり、これを継いだのが松尾芭蕉の一連の俳文学です。一方、『竹斎』以降の江戸時代の街道の発達と庶民の教養の発達に従って生まれた『江戸名所記』や『東海道中膝栗毛』は俗文化の典型です。
 こうした江戸時代の雅俗文化中の旅作品を鑑賞しながら両文化について考えます。

とき

平成30年7月2日、9日、23日、30日(月曜日、全4回、午前10時から正午)

ところ

所沢市生涯学習推進センター

講師

中山 尚夫(東洋大学教授)

定員

70人(応募多数抽選)

対象

市内在住在勤在学

受講料

1,000円

内容

第1回 7月2日(月曜)

松尾芭蕉と旅の俳文学
松尾芭蕉の生涯と彼の文学の概要

第2回 7月9日(月曜)

鑑賞『おくのほそ道』
『おくのほそ道』全文の概要

第3回 7月23日(月曜)

街道と庶民の教養の発達を描いた俗文学
江戸時代の俗の旅文学『竹斎』『江戸名所記』『東海道中膝栗毛』

第4回 7月30日(月曜)

鑑賞『東海道中膝栗毛』
『東海道中膝栗毛』と作者十返舎一九

申込み

往復はがきでお申込みください。
往信裏面に〔講座名・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号〕
返信表面に〔〒・住所・氏名〕を明記し
生涯学習推進センターまで(〒359-0042 並木6丁目4番地の1)
平成30年6月13日(水曜)必着

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 生涯学習推進センター
〒359-0042 所沢市並木六丁目4番地の1

電話番号:04-2991-0303
ファクス:04-2991-0306

b29910303@city.tokorozawa.lg.jp

市のトップへ戻る