所沢市

所沢市内水(浸水)ハザードマップ【GIS】

更新日:2019年8月28日

近年、台風や集中豪雨による浸水被害が発生しています。所沢市においては、平成22年6月29日の集中豪雨により、1時間に61.5ミリメートルの降雨を記録しました。また、平成28年8月22日には、記録を上回る1時間に76.5ミリメートルの降雨に達し、市内各所で床上・床下浸水など多くの浸水被害が発生しました。
市では、浸水による被害を防ぐため、雨水対策施設の整備に取り組んでいますが、整備が完了するには、多額の費用と期間がかかります。このため、浸水被害の軽減化を目的として、平成元年度から平成30年度までに発生した市民の皆様から市へ寄せられた床上・床下浸水被害箇所と平成28年8月22日の台風9号による浸水被害箇所をもとに内水(浸水)ハザードマップを地理情報システム(GIS)化しました。

内水被害とは

大雨により、河川の水かさが増して堤防から水があふれたり、又は堤防が決壊し、川の水が外に流れ出して引き起こされる浸水を外水被害と呼ぶのに対して、大雨により、下水道や側溝、その他の排水施設だけで降った雨を河川等の公共用水域に排水できないことにより、地表面に水がたまり、建物や土地・道路が浸水する被害を内水被害と呼びます。

内水ハザードマップとは

内水による浸水被害を軽減化することを目的として、被害範囲に関する情報及び避難場所に関する情報を市民の皆さまに提供するため、情報を地図上に表示したものです。

所沢市内水(浸水)ハザードマップ【GIS】は下記のURLよりご覧ください

所沢市地理情報システム(GIS)
https://webgis.alandis.jp/tokorozawa11/alandis/portal/
GIS化により、被害報告箇所の位置を明確にすることで、内水による浸水情報と避難方法等に係る情報がよりわかりやすくなりました。

所沢市内水(浸水)ハザードマップ【PDF】は下記によりご覧ください

ご利用上の注意

このPDFは平成9年度から平成29年度までに発生した床上・床下浸水被害箇所と平成28年8月22日の台風9号による浸水被害箇所をもとに作成しています。
現在、下水道整備課、危機管理課、各まちづくりセンターでも配布しています。

お問い合わせ

所沢市 上下水道局 下水道整備課
〒359-1143 所沢市宮本町二丁目21番4号

電話番号:04‐2921‐1023
ファクス:04‐2921‐1088

b9211023@city.tokorozawa.lg.jp

市のトップへ戻る