所沢市

7月の出来事

更新日:2018年8月3日

メダリストが指導!ウォータージャンプ体験会

平成30年7月29日(日曜)西武園ゆうえんちウォータージャンプS-air(山口)

雪のない斜面をスキーで滑り、最後はプールに飛び込むウォータージャンプ。その体験会に、平昌(ぴょんちゃん)オリンピックの男子モーグル銅メダリストの原大智(はらだいち)選手が登場しました!5歳から大人までの総勢16人が参加。原選手のデモンストレーションジャンプや、原選手からの直接指導、オリンピックの銅メダルを触らせてもらうなど、一流アスリートと触れ合いながら体験会を楽しみました。
撮影:市民カメラマン・三平資郎

原選手のデモンストレーション
空中で回転!原選手のジャンプ!

メダルを持つ原選手と参加者の少年
平昌オリンピックの銅メダル!

参加者の少女がジャンプする瞬間
ドキドキのジャンプ体験

ジャンプ後の少女
プールに飛び込むので安全です

手打ちうどんに挑戦!所沢農産物親子料理会

平成30年7月29日(日曜)新所沢まちづくりセンター

所沢名物の手打ちうどんを作る料理会に10組20人の親子が参加しました。生地作りでは、お母さんやお父さんが水を加えながら、子どもたちが力いっぱい生地をこねました。作った生地を伸ばして、包丁で慎重にカット。お母さんがきれいに切れているか確認するほほ笑ましい様子も。その後、肉汁も自分たちで作り完成!親子でハラハラドキドキの料理会、最後はおいしいうどんを頬張りました。
撮影:市民カメラマン・由井一雄

生地作り
先生に教えてもらいながら生地作り

伸ばした生地の厚さを確認する子どもたち
先生が作った生地の厚さをチェック

うどんを切る親子
お揃いの三角巾で。「上手に切れているかな?」

試食する親子
いっただきま~す!

市内在住ダンサーが教える!ブレイクダンス入門講座

平成30年7月29日(日曜)オレンジタウン(西狭山ケ丘)

市内在住のダンサー、野村直(のむらすなお)さんが所属するダンスチーム「ARIYA」のメンバーが講師となり、地域のコミュニティスペースで小学生にブレイクダンスを教えました。世界大会でベスト4に輝いた講師たちのパフォーマンスに、子どもも保護者も目が釘付け!やる気十分の子どもたちは、1時間半にわたって基礎を学び、最後は音楽に合わせてダンスを披露。たくさんの笑顔が輝いていました。
撮影:市民カメラマン・佐藤清一郎

講師たちのパフォーマンス
野村さんとメンバー2人によるパフォーマンス

準備体操の様子
まずは、大切な準備体操!

練習の様子
大きな鏡の前で動きを確認しながら練習

練習の成果を披露している様子
最後は決めポーズ!かっこいい!

キャンドルナイトin所沢&出張ちょいバル

平成30年7月27日(金曜)航空公園駅東口駅前広場

幻想的なキャンドルの灯りとミニライブの音色に囲まれて、エコな暮らしやエネルギーのことを考える「キャンドルナイトin所沢」と、地元のお酒やご飯が楽しめる「出張ちょいバル」のコラボイベント!参加者は、すてきな演奏を聞きながら、所沢の食材を使ったおいしいものを食べたり飲んだり、夕暮れから夜に移っていく時間をゆったり過ごしていました。
撮影:市民カメラマン・伊藤磨紀子

会場のキャンドル
キャンドルの光が会場を包みます

ライブの様子
夕暮れから夜に移るひと時を音楽とともに

ライブの様子
ミニライブには3組のアーティストが登場

出店の様子
地元のお酒や食べ物も勢ぞろい

ところバスの写真
おなじみのデザインで親しまれている「ところバス」

「ところバス」が10月から東村山市域に乗り入れ

平成30年7月27日(金曜)市役所3階庁議室

市内循環バス「ところバス」が、本年10月から「南路線吾妻循環コース」で東村山市多摩湖町に乗り入れを開始します。同地区の交通状況を改善しようとする東村山市からの申し入れを受け、周辺住民の利便性向上を目指して、このたび実現の運びとなりました。
協定締結式では、謝意を述べる渡部東村山市長と、「助け合ってお互いの市を発展させていきましょう」という藤本市長とがガッチリ握手しました。

署名する2人の市長
藤本所沢市長(左)と渡部東村山市長(右)

握手する2人の市長

夏休み「手打ちうどん作り教室」

平成30年7月27日(金曜)吾妻まちづくりセンター

うどんは所沢の郷土食。所沢っ子はうどんが打てていっちょ前!吾妻まちづくりセンターの子ども向け講座で、小学生が手打ちうどん作りに挑戦しました。
参加した17人の小学生は、粉の混ぜ合わせから始めて、生地をこねたり、伸ばしたり、慣れない包丁で切ったりと大奮闘。力が必要な作業は上級生が下級生をお手伝い。がんばって作ったうどんをほおばると、子どもたちからは「おいしい!」と元気な声があがりました。

これから始める調理室全体の写真
講師の先生の話をよく聞いて、うどん作り開始!

粉を混ぜ合わせる子供たちの写真
しっかり粉を混ぜ合わせます

麺棒で生地を伸ばす子供の写真
麺棒で伸ばすのも力の要る作業

包丁で、生地からうどんの麺を切り出す子供の写真
包丁を使って慎重に

煮立ったお湯にうどんを入れる子供の写真
手間ひまかけたうどんを茹でます

うどんを食べる子供たちの写真
一生懸命作ったうどんの味は格別!

所沢のちびっこ力士が全国大会に出場

平成30年7月24日(火曜) 市役所3階市長応接室

7月29日(日曜)に両国国技館で行われる「わんぱく相撲全国大会」に、埼玉県選抜選手として出場する所沢のちびっこ力士2人が、市長に意気込みを報告しました。
4年生の岡田 好平(おかだ こうへい)くんは「家族や学校の先生も応援に来てくれるから頑張りたい」と元気に報告。一方、普段は野球チームで活躍する6年生の齊藤 礼啓(さいとう あやひろ)くんは落ち着いた表情で静かに闘志を燃やしていました。
所沢のみんなの思いは一つ。がんばれ、所沢のちびっこ力士たち!

市長面会の写真
市長の質問にハキハキ答える二人、大人顔負けです

ちびっこ力士の写真
4年生の岡田くん(左)と6年生の齊藤くん(右)

市長とちびっこ力士の写真
最後はみんなでポーズ!

長野県上田市との「産業交流に関するフレンドシップ協定」

平成30年7月24日(火曜)市役所3階庁議室

降ひょう被害を受けたりんごの販売支援などで交流を深めてきた長野県上田市と所沢市。今後も農産物や観光資源を活用し、両市の産業を発展させるための協定締結式が行われました。
所沢市の藤本市長が、りんごが取り持った縁への感謝の言葉を述べると、上田市の土屋市長は「りんご販売へのご協力に地元農家も元気付けられた。今後子どもたちの農業体験などの交流もできれば」と、両市の交流促進に期待を寄せました。

両市の産業について説明している様子の写真
両市の産業について説明されました

土屋市長と藤本市長の写真
土屋市長(右)と藤本市長(左)

互いの農産物を交換し、記念撮影している写真
互いの農産物を交換し、記念撮影

上田市から贈られたぶどうの写真
上田市からはみずみずしいぶどうが贈られました

野老澤行灯廊火

平成30年7月21日(土曜) 元町コミュニティ広場、所澤神明社ほか

ところざわの夜を彩る夏の風物詩「野老澤行灯廊火(ところさわあんどんろうか)」。幻想的な行灯には、ことわざなどをもじったダジャレ(地口)が書かれていて、お気に入りの行灯を探すのも楽しみ方の一つ。
銀座中央広場や元町コミュニティ広場では、屋台や音楽ステージも充実し、昼間から多くのお客さんでにぎわいました。所澤神明社では、午後7時から行灯がライトアップされ、会場は行灯の優しい光に包まれました。
撮影:市民カメラマン・滝島 利男

ダンスを披露する市民の写真
この日のために練習したダンスを披露!

手作りの行灯工作コーナーの写真
手作りの行灯工作コーナー

行灯の写真
風情ある行灯が中心市街地のあちこちに設置されました

行灯の写真
境内を照らす約150個の行灯

ところざわ星空フェスティバル

平成30年7月21日(土曜) 生涯学習推進センター

市内の光学機器メーカーである株式会社ビクセンの協力で、星や宇宙を身近に感じられる「ところざわ星空フェスティバル」が開催されました。
室内では、手作り望遠鏡の工作や宇宙服が着られるコーナーが大人気。
星空観測会では、金星や木星、土星を観測することができ、はっきり見える土星の環に、「UFOみたい!」と大興奮。肉眼で見る星々に、宇宙の壮大さを感じることができました。
撮影:市民カメラマン・中村 仁

望遠鏡づくりをする子供の写真
世界に1つのオリジナル望遠鏡

宇宙服を着ているこどもの写真
気分は宇宙飛行士!

天体望遠鏡をのぞく人々の写真
子どもから大人まで、星空に興味津々

天体望遠鏡をのぞく人々の写真
「クレーターまで見えた!」

「埼玉西武ライオンズベースボールチャレンジ」

平成30年7月13日(金曜)明峰小学校(北有楽町)

埼玉西武ライオンズOBが小学校を訪問し、野球を通して運動の楽しさを伝える「埼玉西武ライオンズベースボールチャレンジ」が明峰小学校で行われました。
この日は、埼玉西武ライオンズOBでライオンズアカデミーコーチの岡村 隆則さんと、宮田 和希さんによる特別授業。体育の時間を使って、6年生の3クラスが順番に、ボールの扱い方を教わり、ティーボール体験、ミニゲームを通して、運動の楽しさを学びました。

ボールを使った準備運動をする子供たちの写真
岡村コーチの掛け声で準備運動

ティーボールをする子供と指導するコーチの写真
ティーボールを宮田コーチが優しく指導

ミニゲームをする子供たちの写真
ミニゲームは大盛り上がり!

コーチと握手する子供たちの写真
最後は笑顔で握手

さかなクン ギョギョッとお魚教室

平成30年7月8日(日曜)所沢航空発祥記念館

テレビなどで人気のさかなクンが、身近な魚や独特の生態を持つ魚たちについて解説するこのイベント。魚の名前の由来など、「知らなかった!」という驚きの声も。
さかなクンが描いた魚を当てるクイズでは、見事正解した参加者にその場で描いた絵をプレゼント!さかなクン直筆ということもあり、子どもたちは「ハイ!ハイ!」と大きな声でアピールしていました。
撮影:市民カメラマン・津田 資雄
取材協力:所沢航空発祥記念館

さかなクンの写真
ギョギョッ!とびっくりな知識が盛りだくさん

さかなクンの写真
カラフルなイラストを描いてくれました

パンフェス野老(やろう)!

平成30年7月8日(日曜)所沢航空記念公園

おいしいパン屋さんが多い所沢市。そんな地元のパン屋さんが一堂に集う「パンフェス野老!」が初開催され、お腹を空かせたパン好きのお客さんで賑わいました。焼きたてパンの香ばしい匂いに引き寄せられ、行列ができるブースも。
フードだけでなく、ステージでは様々なアーティストが会場を盛り上げました。買ったばかりのパンを片手に音楽に耳を傾ける、心地いい空間が広がりました。
撮影:市民カメラマン・遠井 洋子

パンの写真
人気のパンは早い者勝ちですよ~

パンを購入するお客さんの写真
どれにしようか、迷っちゃうね

パンを食べる人々の写真
青空の下で、いただきま~す!

会場を盛り上げるトコろんの写真
音楽に乗って、トコろんも会場を盛り上げます♪

七夕飾りセレモニー

平成30年7月4日(火曜)市役所1階市民ホール

夏の訪れを感じさせる七夕飾りは今年で17回目。今年は並木保育園の園児と一緒に、庁舎敷地内に生えていた約5メートルの竹を使って、飾り付けを行いました。
セレモニーでは、あらかじめ園児が作った色とりどりの飾りが、小さな手でしっかりと笹に結びつけられ、見事な笹飾りができました。
7月8日(日曜)まで、来庁された皆さんにも短冊に願い事を書いていただきます。市役所にお越しの際は、願いを込めた短冊をぜひ飾ってください。

園児が飾り付けをしてる写真
取れないようにしっかりと結び付けました

内藤教育長と園児が飾り付けをしている写真
内藤教育長も一緒に飾り付け

飾りたくさんついた笹の写真
たちまち立派な笹飾りになりました

立ち上がった笹飾りを見上げる園児の写真
笹飾りが立ち上がると園児から歓声が!

飾り付けに参加した全員の集合写真
みんなでパチリ

市民ホールに設置された笹飾りの写真
皆さんも短冊に願いをどうぞ

スティールパン文化を所沢から!「ゴールデンアワー WAIWAI PANYARD」

平成30年7月1日(日曜)所沢航空記念公園

ドラム缶から生まれた楽器「スティールパン」。所沢市出身でスティールパン奏者の伊澤陽一さん率いる「WAIWAI STEEL BAND」の結成10周年を記念して、総勢78人による大規模なライブが開催されました。
スティールパン発祥のカリブ海に浮かぶ島国を思わせる、陽気で透き通った音色が満員の野外ステージに響き渡りました。
撮影:市民カメラマン・浅見 司郎

ライブの様子の写真
108個のスティールパンがステージを埋め尽くします

バンドの10周年を迎え、挨拶する伊澤さんの写真
バンドの10周年を迎え、挨拶する伊澤さん

一生懸命会場を盛り上げる子どもたちの写真
子どもたちも一生懸命会場を盛り上げます

ライブの様子の写真
暑さに負けず、会場の熱も最高潮!

「所沢市障害のある人もない人も共に生きる社会づくり条例」制定記念シンポジウム

平成30年7月1日(日曜)中央公民館

「所沢市障害のある人もない人も共に生きる社会づくり条例」が施行されたこの日、本条例の制定を記念してシンポジウムが開催されました。障害のあるアスリートからは、困っていた時に助けてもらった体験談などが語られました。
林家かん平さんによる落語では、会場は笑いに包まれながらも、感動で涙する場面も。参加者から惜しみない拍手が送られました。
撮影:市民カメラマン・由井 一雄

障害のある人もない人も訪れた会場の写真
障害のある人もない人も訪れた会場

手話で話すデフバスケットボールの竹本選手の写真
手話で話すデフバスケットボールの竹本選手

落語「人生は明るく楽しく」を話す林家かん平さんの写真
落語「人生は明るく楽しく」を話す林家かん平さん

閉会後、講演者との交流を楽しむ参加者の写真
閉会後、講演者との交流を楽しみました

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階

電話番号:04-2998-9024
ファクス:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

市のトップへ戻る