このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

8頁、9頁/みんなのひろば ほか

更新日:2013年4月30日

ところざわ 歴史まめ知識(35)

所沢市域に関わる歴史的事項を50音順に紹介しています。今号は「め」です。

明治天皇行在所跡

 中心市街地の元町に、市指定文化財の「明治天皇行在所跡」があります。明治16年(1883)、近衛兵の演習を視察するため飯能に行幸した明治天皇は、その行きと帰りに所沢に宿泊しました。天皇は町の有力者斎藤与惣次宅に、総勢190人を越える随行者も他の有力者宅に分宿します。町では、宿割りのために畳敷きの部屋が何畳分あるかなどを調べ、その際作られた図面が現在も残されています(生涯学習推進センター常設展示室で展示中)。
 斎藤家では、天皇をお迎えするため中庭部分にわざわざ離れを新築しました。しかし警護上の問題から、天皇は母屋の座敷に宿泊されたそうです。その座敷は当時のまま残され、「旧町ボランティアガイド」などで見学することができます。また、通りに面した同家の店蔵部分は、現在「野老澤町造商店」として賑わっています。

名画座など(映画館)

 所沢の町場には、明治時代初期から常設の寄席や芝居小屋が設けられていました。明治36年(1903)、雛問屋の二上家(雛忠)が下仲町(寿町)に「雛沢座」を建て、大正2年(1913)、これを綿糸商の秋田家が改装、「歌舞伎座」と改称されました。歌舞伎、浪花節、義太夫や常磐津節のほか、演説会などにも用いられ、やがて活動写真の専門館に変わります。一方、御幸町には「所沢演芸館」がありました。弁士の活動が華やかであった無声映画の時代です。のちに歌舞伎座は「中央映画劇場」となり昭和57年まで存続、所沢演芸館は、昭和19年に「明邦座」、戦後に「名画座」と名を変え、昭和45年に閉館しました。

問い合わせ 生涯学習推進センターふるさと研究グループ
電話:04-2991-0308 ファックス:04-2991-0309

はつらつ野老っ子 震災を風化させない・・・

松岡 幸雄さん(下富在住)

 東日本大震災からはや2年がたちました。皆さんの中で少しずつ色あせ、過ぎ去ったこととなりつつあるのではないでしょうか。そんな状況を憂い『震災を風化させない』ための取り組みを続ける松岡幸雄さんをご紹介します。
 震災直後からボランティアグループ「笑顔届け隊!」の一員として被災地を訪れマジックで笑いを届けている松岡さんは、今年の2月末、同グループの活動「ツナガル幸福の黄色いハンカチ」を自身が会長を務める地域コミュニティー「ネオポリス元気会」でも実施しようと「宮城県石巻市に励ましの言葉を書いたハンカチを掲げますのでぜひ書いてください」と呼びかけた。仲間からは『喜んで書きます』『被災地のために何かしたかったわ』と快い返事。早速、45cm四方の黄色いハンカチを手渡した。『すごく考えたし、迷った』と言われ「それは私も同じで、悩んで書いた言葉だからこそ間違いなく伝わりますよ」と仲間を安心させた。そうして集められた黄色いハンカチの中に『忘れていませんよ!』というメッセージがあるのを見つけた松岡さんは「まさに私が書こうと思っていた言葉で、被災地への思いは私たちに共通していました」と熱く、うれしそうに話してくれた。
 被災者に何かしてあげたいという思いは誰しもが少なからず持っているもの。けれども、いざ行動を起こすのには大変な勇気が必要。ネオポリス元気会で皆さんの背中を押した松岡さんも例外ではありません。震災直後、自分に何ができるのかを考え「被災者の不安な気持ちを少しでも癒やせたら」と定年後に始めたマジックで笑いを届けることを思い立ち、埼玉の避難所を訪れた。「迷惑ではないか、マジックなんか見てくれるのか、本当に笑ってくれるのか」と不安でいっぱい。 一歩を踏み出す勇気を与えてくれたのは「10年かけて日本列島をマラソンと自転車で縦断したときに、東北をはじめ全国の方々にお世話になった、その恩返しをしなければ」という思いだった。避難所はたくさんの笑顔で包まれ、その笑顔が松岡さんを被災地へ向かわせる勇気となった。この5月にも9回目の被災地訪問で『心の復興支援』の予定。「苦しい状況でも笑顔で頑張っている人が大勢いることを忘れないで」と松岡さん。
 皆さんも『震災を風化させない』ために、勇気を出して思いを形にする一歩を踏み出してみませんか。

誰でもエッセイ テーマ「大型連休」

大型連休 並木 村越 佐理恵

 子どものころ、大型連休にはさまざまな所に連れて行ってもらった。山や公園、遊園地や美術館。でも具体的にどうだったのか、意外と思い出せない。それよりも出かけた先で家族とお弁当を食べたことの方が思い出せるのだ。
 母が作ってくれたおにぎりは、梅、鮭、おかかなど三種類はあった。うっかり同じ種類ばかり食べてしまう父を注意したり、より多く鶏の唐揚げを食べたくて姉をけん制したり、たわいない記憶なのだが、姉も私も結婚して実家を出た今、とても懐かしい。
 大型連休はどこへ行くのでも良いだろう。北海道でも沖縄でも、地元、所沢航空記念公園でも良い。心に残るのは誰と何を食べたか、なのかもしれない。食いしん坊の人には理解してもらえるだろう。

思い出の公園 北秋津 関 裕枝

 近所の公園は行き尽くしたし、遊園地や動物園は混んでいるし…。大型連休に子どもをどこに連れていくかで悩んでいると、都内の道路が空いていることに気付いて、普段車で行けない平和島付近の公園に行ってみることにした。
 そこは、釣りもできる池や本格的なオリエンテーリングなどがあり、家族で一日楽しめたので、それ以降連休には毎年行くようになった。
 子どもたちは、つり橋を渡り損ねて池に落ちたり、ザリガニ釣りで地元の子と仲良くなったりした。その子に「どこの学校?」と聞かれ、息子は少し困っていたっけ。
 時がたち子どもと遊ぶことは無くなったが、連休になると楽しかったあの公園を思い出す。

おうちで食べよう!所沢の学校給食(23)アスパラガスのにんにくしょうゆ

栄養士さんが考えた学校給食のメニューの中から、所沢産の食材を取り入れたものや、特色あるレシピを紹介します。

今回の献立

  • ごはん
  • 新じゃがのそぼろ煮
  • アスパラガスのにんにくしょうゆ★
  • あじの文化干し
  • 牛乳

★アスパラガスのにんにくしょうゆ
材料(4人分)

  • アスパラガス………6から7本
  • ゆで塩………適量
  • にんにく………少々
  • オリーブオイル………小さじ1
  • しょうゆ………小さじ2
  • 砂糖………1つまみ

作り方
(1)アスパラガスは、ななめに切って、塩ゆでする。冷水で冷やし、水気を切る。
(2)にんにくは、みじん切りにする。
(3)油を熱し、にんにくを炒める。しょうゆ、砂糖を加え冷ます。
(4)(1)と(3)を和えて出来上がり!
◎アスパラガスをブロッコリーにかえてもおいしいです。

ここがポイント アスパラガスには栄養がギンギン!

アスパラガスの穂先には、血管を丈夫に保つファイトケミカルの1つ、ルチンが豊富です。ビタミンCの吸収を助けるので、ビタミンCの多いブロッコリーやじゃがいも、ピーマンなどと一緒に食べると効果的です。
◆アスパラガスに含まれる栄養素

  • アスパラギン酸…疲れをとる
  • ビタミンB1・B2…エネルギーを作るのに不可欠
  • カロテン…体の抵抗力を高め、若々しさを保つ
  • 葉酸…健全な発育や貧血予防に働く

問い合わせ 保健給食課 電話:04-2998-9249 ファックス:04-2998-9167

写真コーナー

▲ちょうちんの光に照らされ幻想的な雰囲気を演出する『東川桜並木ライトアップ』。全長約3キロメートルにわたり約400本の桜がライトアップされました。
4月4日木曜/西新井町(撮影:市民カメラマン・中村 仁)

▲唯一現存する飛行可能な「零戦」の『エンジン始動見学会』。外国人パイロットが機体に乗り込みエンジンをかけると、プロペラは勢いよく回り、集まった観客は鳴り響く大きなエンジン音に圧倒されました。
3月29日金曜/所沢航空発祥記念館(撮影:市民カメラマン・佐藤清一郎)

▲福島県立いわき海星高校の野球部員らが、春の高校選抜野球大会での応援のお礼にと友情出演した『所沢西高校吹奏楽部定期演奏会』。東日本大震災後、所沢西高校の生徒が災害支援ボランティアに出向いたのが交流のきっかけです。野球部員たちは横断幕を持って感謝の言葉を述べました。
4月4日木曜/市民文化センターミューズ大ホール

▲市民の手によって作られる航空発祥祭ならびに市民文化の祭典として開催された『第28回市民文化フェア』。グライダー体験やジャンボ折り紙飛行機体験、和太鼓フェスティバルなどのイベントが行われ、休日の公園内はたくさんの人で賑わいました。
4月6日土曜/所沢航空記念公園(撮影:市民カメラマン・谷 亮)

市内で撮影した写真(撮影日・場所・コメント)
エッセイ次のテーマは『雨』
締切5月8日水曜
掲載者には記念品を進呈
文章(300字)は添削あり投稿写真・原稿は返却しません
住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記し〒359-8501広報課「みんなのひろば」係へ郵送または Eメール hiroba@city.tokorozawa.saitama.jp

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る