このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

所沢発展の礎、現代に蘇る。「新三八市~レトロから現代まで~」を開催します(3月10日)

更新日:2017年3月10日

概要

宿場町として発展してきた所沢は、周辺地域の経済的な中心地となり、寛永16年(1639年)に坂稲荷神社を起点に江戸道(現在の銀座通り)にいちが開かれ、毎月三と八のつく日に開催されたので、“三八の市さんぱちのいち”と呼ばれていました。三八の市さんぱちのいちは、明治、大正と時代が進むにつれて盛大になり、農産物・織物の集積地として賑わう所沢には、有力商人が多く生まれ、所沢の町を発展に導いてきました。これにあやかり、平成27年から「新三八市しんさんぱちのいち」として復活させ、中心市街地の活性化を図っています。

代表的な企画のご紹介

時代着物市~レトロから現代まで~

元町コミュニティ広場 午前10時から午後4時
すぐにお召しになれる着物から材料布などの古布まで、会場内に多数出店!

狐の嫁入り道中

午後1時(元町コミュニティ広場)出発⇒坂稲荷⇒午後2時披露宴(元町コミュニティ広場)
重松流祭囃子有楽町囃子連により、狐の花嫁、花婿が町なかを練り歩きます。(少雨中止)

初午祭

坂稲荷神社…子ぎつねを抱いたお狐様の姿から、「子育て稲荷」「子宝稲荷」としても知られる神社

  • 午前10時より神明社三芳宮司による祭典斎行
  • 午前10時30分から午後4時には重松流祭囃子の演奏

その他、西武所沢店(ワルツ所沢)、イオン所沢店、マルエツ所沢御幸町店の各店頭、銀座中央広場などでも出店や企画がございます。

日時

平成29年3月12日(日曜) 午前10時から午後4時

場所

中心市街地一帯(所沢駅西口から元町交差点付近までのエリア)

主催者

  • 所沢商工会議所
  • とことこまちづくり実行委員会  実行委員長 田畑 大介
  • 事務局 野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん 電話:04-2928-1453

問い合わせ先

商業観光課
電話:04-2998-9155

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

3月

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る