新生野球チーム「埼玉西武ライオンズジュニアユース」の初代メンバーに選ばれた中学生1名とチーム代表・コーチが市長を表敬訪問します(11月17日発表)

更新日:2020年11月17日

概要

令和2年6月、株式会社西武ライオンズと埼玉県中学生野球連盟は連携協定を結び、野球を中心とした子どもたちのスポーツ振興と地域社会の発展を目指し「埼玉西武ライオンズジュニアユース」が誕生しました。
メンバーのセレクションが7月から行われ、安松中学校3年の長濱大翔選手が市内で唯一初代メンバー(20名)に選ばれました。現在、地域選抜チームとの交流試合などでもレギュラーとして活躍をしています。
表敬訪問では、埼玉西武ライオンズと同じユニフォームをまとい、選手が関係者とともに出席します。

表敬訪問出席者

  • 選手 安松中学校 3年男子 長濱ながはま 大翔たいしょう
  • 代表 向陽中学校校長 沼田ぬまた よしゆき
  • コーチ 安松中学校教諭 郡司ぐんじ まさひろ

日時

令和2年11月24日(火曜)午後4時30分から午後4時50分まで

場所

所沢市役所高層棟3階市長応接室

問い合わせ

教育総務部スポーツ振興課
電話:04-2998-9248

本文ここまで

サブナビゲーションここから