令和4年度以降の「所沢市成人のつどい」開催方針について(5月19発表)

更新日:2020年5月19日

概要

民法の一部改正により、令和4年4月から成年年齢が、20歳から18歳に引き下げられることになりました。

これに伴い、令和4年度に18歳となる市民へのアンケート実施や、社会教育委員会議等での協議検討を行った結果、「所沢市成人のつどい」は、令和4年度(2022年4月)以降も、当面の間は、20歳を対象に開催することを決定しました。

主な理由としては、

  • 「地域社会の中で成人の新しい門出を祝福するとともに、成人としての自覚と21世紀の担い手としての活躍と幸福を祈念する」という本市成人のつどいの開催主旨を踏まえ、当事者となる18歳成人の多くが20歳での開催を希望しているため
  • 18歳の多くが大学受験や就職といった進路選択の大切な時期であることに配慮するため
  • 民法の一部改正後も、飲酒や喫煙、公営ギャンブルなどは20歳未満の禁止を維持しており、20歳は引き続き重要な節目であるため

などを考慮したものです。
また、「成人のつどい」の名称については、今後、検討し決定します。

問い合わせ

教育総務部社会教育課
電話:04-2998-9242

本文ここまで

サブナビゲーションここから