所沢産「芋」の 特設販売コーナーを開設中(10月22日発表)

更新日:2021年10月22日

所沢が誇る「里芋」と「さつまいも」をPR!所沢産「芋」の 特設販売コーナーを開設中

概要

埼玉県内で所沢市が収穫量第1位の「里芋」と、江戸時代に所沢市内の南永井から武蔵野地方に広まった「さつまいも」。所沢が誇るふたつの「芋」をPRする特設販売コーナーを「所沢市観光情報・物産館 YOT-TOKO(よっとこ)」に開設中。無農薬・無化学肥料で栽培された里芋などの販売を行っています。

併設の飲食店舗「JIGONA cafe(地粉カフェ)」では、市内の西武学園医学技術専門学校の生徒が開発し、所沢産農産物を活用した2021年地産地消レシピで優秀賞に選ばれた「里芋チーズライスバーガー」など、芋を使ったオリジナルメニューを販売します(「里芋チーズライスバーガー」の販売は11月中旬)。

そのほか、所沢の「芋」に関する資料展示など、「地産地消・産学連携」をテーマにした「所沢の芋」の魅力が詰まったコーナーです。

日時

令和3年10月18日(月曜)から11月30日(火曜)まで

場所

所沢市観光情報・物産館 YOT-TOKO(よっとこ)

(所沢市松郷143-3)

問い合わせ

産業経済部商業観光課

電話:04-2998-9155

本文ここまで

サブナビゲーションここから