聖火の訪問イベント「聖火ビジット」を実施(8月16日発表)

更新日:2021年8月16日

概要

東京2020パラリンピック競技大会が8月24日(火曜)から開催されることに伴い、埼玉県内では8月19日(木曜)に聖火リレーが行われます。当市で聖火リレーは行われませんが、大会の気運醸成のため、聖火の訪問イベント「聖火ビジット」を実施します。

聖火ビジットとは

共生社会への思いが込められた火を各都道府県が独自の方法で採火。埼玉県では、飯能市や羽生市など複数の場所から埼玉県のパラリンピック聖火として採火された火を集火し、朝霞中央公園陸上競技場で炎を一つに統合する。聖火ビジットとは、統合された聖火が、各市を訪問するイベントのこと。

主なイベント内容

  • パラリンピック聖火の展示
    ランタンに聖火を灯し、市民ホールに展示。
    (午後1時30分に聖火到着・市長のフォトセッションを予定)
  • 東京2020パラリンピック競技大会に出場する所沢市ゆかりの選手紹介パネル等の展示
  • 市内障害者施設等の利用者からのメッセージ展示・施設紹介
    所沢市立障害者施設や市内の地域活動支援センターの利用者から、「オリンピックの思い出・パラリンピックに期待すること」をテーマにメッセージを募集。集めたメッセージで桜の木のメッセージツリーを作成し展示。

日時

令和3年8月19日(木曜)午後1時から午後6時30分まで(予定)

場所

市役所1階市民ホール

問い合わせ

経営企画部企画総務課東京オリンピック・パラリンピック総合推進室

電話:04-2998-9214

本文ここまで

サブナビゲーションここから