このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

12月の出来事

更新日:2014年1月6日

音まちコンサートVol.1「景山梨乃ハープリサイタル」

平成25年12月27日(金曜)市役所1階市民ホール

 音まちコンサート第1弾として「景山かげやま梨乃りのハープリサイタル〜年の瀬に聞く名曲の花束〜」が開催されました。
 市では「音楽のあるまちづくり」を推進し、音楽のあるまちづくり検討会議(通称音まち会議)で、さまざまな取り組みを検討しています。今回は、その初の試みとして行われました。
 演奏が始まると数多くの来庁者が足を止め、心地よいハープの音色に酔いしれながら、忙しない年の瀬を忘れさせる穏やかなひと時を過ごしました。

演奏者:景山梨乃(所沢在住)
 
 数々の国際コンクールで輝かしい成績をおさめるハープ奏者。
 8歳からハープを始め、東京藝術大学、パリのエコール・ノルマル音楽院を経て、現在はベルリン・フィル・カラヤン・アカデミーに所属すると同時にベルリン芸術大学で研鑽けんさんを積んでいる。

所沢友和会による寄附

平成25年12月24日(火曜)市役所3階市長応接室

 所沢友和会(会長:森田 守)から愛の福祉基金へ592,260円の浄財をいただきました。
 今回の寄附は、所沢市民フェスティバルやフリーマーケットの売り上げの一部と会員の企業の事務所や店舗などに置かれた募金箱に寄せられたものなどです。
 市長が御礼を述べた後、市政などについて意見交換が行われました。

青年海外協力隊平成25年度3次隊出発!

平成25年12月24日(火曜)市役所3階市長応接室

 平成26年1月7日から2年間、青年海外協力隊平成25年度3次隊として出発する野口祐子さん(市内山口出身)による決意表明と藤本市長による激励がありました。
 作業療法士である野口さんは、微笑みの国タイの障害児施設に派遣され、障害児の日常生活の向上やコミュニティ活動の支援など行いたいと真剣なまなざしで抱負を語っていました。

第2回市長のこんにちは訪問(株式会社ビクセン)

平成25年12月20日(金曜)株式会社ビクセン(東所沢5-17-3)

 市長が、市内で率先した活動を行っている市民団体や先進的な取り組みを行っている事業所等の現場を訪問し、直接市民の皆さんと意見交換を行う『市長の“こんにちは訪問”』。
 第2回は初めての事業所訪問として、株式会社ビクセンに伺いました。
 株式会社ビクセンは市内に本社を構える総合光学機器メーカーです。特に天体望遠鏡の製造技術は高く、世界で支持されています。
 CSR(企業の社会的責任)活動にも積極的に取り組まれています。平成24年5月の金環日食では市立小中学校向けに観察用の日食グラスを寄贈するとともに観察方法のレクチャーを行い、教育委員会が例年実施している星空フェスティバルでも観望会を開催していただいております。
 このような社会貢献活動に対し、藤本市長が深い感謝を伝えました。

埼玉県自動車整備振興会所沢支部による寄附

平成25年12月19日(木曜)市役所3階市長応接室

 埼玉県自動車整備振興会所沢支部(支部長:田中英男)から交通事故防止啓発事業等寄附金をいただきました。
 この寄附は昭和54年から30年以上続けられているものです。
 終始和やかな雰囲気の中、寄附金の使途や、今後の交通事故防止啓発事業について意見交換が行われました。

所沢市精神障害者地域生活支援施策研究会から市長へ『精神障害者への地域生活支援の充実に向けて(提言書)』の提出がありました

平成25年12月18日(水曜) 市長応接室

 平成24年10月に精神障害者に対する地域生活支援に関する施策の調査研究を目的とする「所沢市精神障害者地域生活支援施策研究会(会長・本多麻夫)」が発足しました。
 同研究会では、平成25年11月まで6回にわたる会議を開催し、議論と研究成果を踏まえた「現状」「課題」「支援施策の充実」の3部に構成した『精神障害者への地域生活支援の充実に向けて(提言書)』をまとめ、市長へ提出しました。

マスターズ甲子園第8回埼玉大会優勝及び本大会出場の市長報告

平成25年12月18日(水曜) 市役所3階市長応接室

 所沢北高等学校野球部OBチームがマスターズ甲子園第8回埼玉大会で優勝し、本大会への出場が決定したその報告に市役所を訪れました。
 高校時代ともに野球の練習に励んだ皆さんで、4年前にOBチームを結成し活動を開始しました。
 そして、今回埼玉県大会に出場した22チームの頂点に立ち、初優勝を飾りました。
 来年11月に開催される第11回甲子園本大会では、高校球児憧れの甲子園球場で試合を行います。
 皆さんの健闘をお祈りいたします!
 

読売新聞所沢センター社員様から歳末援護品の寄付がありました

平成25年12月18日(水曜) 市長応接室

 読売新聞所沢センター社員の方々がボーナスの一部を出し合い、お米(JAいるま野産コシヒカリ)1キログラム入り1,500世帯分を購入し、生活保護世帯に対して寄付していただきました。
 この寄付は今年で35回目になりました。

長源寺婦人会によるタオル600枚の寄附

平成25年12月18日(水曜)市役所1階

 長源寺ちょうげんじ婦人会の方々が、藤本市長を訪れ、タオル600枚を寄附してくれました。
 婦人会からのタオルの寄附は3回目で、市内の社会福祉施設で使用される予定です。

愛の福祉基金へ_平成25年度第36回所沢市農業祭チャリティ募金

平成25年12月18日(水曜) 市長応接室

 第36回所沢市農業祭チャリティ募金参加団体(会長:水村作一郎)による、愛の福祉基金への寄附をいただきました。
 この善意は、所沢市社会福祉協議会の社会福祉事業に使われます。

平成25年度各種茶品評会の市長報告

平成25年12月18日(水曜) 市長応接室

 所沢市茶業協会(会長:新井重雄)と狭山茶所沢研究会(会長:岩田英行)の皆さんが、藤本市長に各種茶品評会の報告に市役所を訪れました。
 第41回関東ブロック茶の共進会では、荒茶普通煎茶の部において、増田政敏さんが金賞2位・関東農政局長賞を受賞され、仕上茶普通煎茶の部においては、和田良一さんと新井重雄さんが銀賞を受賞され、増田貴雄さんと増田政敏さんが銅賞を受賞されました。

■ 各種茶品評会

  • 第41回関東ブロック茶の共進会(審査:7月30日から8月1日、場所:埼玉県農林総合研究センター茶業研究所)
  • 第67回全国茶品評会(審査:8月27日から30日、場所:京都府宇治茶会館)
  • 彩の国さいたま第59回お茶まつり狭山茶品評会(審査:9月18日、場所:埼玉県農林総合研究センター茶業研究所)

平成25年度 小・中学生ごみ減量3R啓発ポスター作品展

平成25年12月17日(火曜)市役所1階市民ホール

 市内の小・中学生から募集した3R啓発ポスター作品展が市役所1階市民ホールで開催されています。
 作品は夏休みの課題としてリサイクルふれあい館エコロが募集したもので、今回は205点が集まりました。
 環境について考えながら、創意工夫を凝らしたポスターをぜひご覧ください。
 展示は12月25日(水曜)までで、午前8時30分から午後5時までご覧いただけます(最終日のみ正午までの展示)。

 ※3Rとは、Reduce(リデュース:ごみを減らすこと)、Reuse(リユース:ごみにせず繰り返し使うこと)、Recycle(リサイクル:ごみを再利用すること)の3つの言葉の頭文字をとったものです。

サンタを探せ!2013

平成25年12月14日(土曜)元町コミュニティ広場ほか

 毎年恒例となっている「サンタを探せ!」が元町から所沢駅までを舞台に開催されました。
 200人を超えるサンタが各地にちらばり、参加者がカードに書かれた番号のサンタを探し当てる「サンタdeビンゴ」では、多くの子どもたちが元気に探し回って楽しんでいました。
 ワルツやダイエーの前などではゴスペルコンサートなどが行われ、大勢のサンタがプロペ通りなどを練り歩く「サンタぞろぞろパレード」の乱入時は大きな盛り上がりを見せていました。
 ビンゴを揃えた参加者はお楽しみ抽選会(ガラガラくじ)をしたほか、イベントの最後には市内の光学機器メーカーである株式会社ビクセンより提供された「天体望遠鏡」が当たる大抽選会が行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。

年末年始特別警戒取締りのパレードおよび街頭キャンペーン

平成25年12月13日(金曜)所沢駅西口プロペ通り・ロータリー

 すずらん幼稚園鼓笛隊を先頭に、一日所沢警察署長を務めるミス・ユニバース・ジャパン埼玉代表の薗田杏奈さん、所沢警察署員、所沢市防犯協会などの参加団体会員約70人が、プロペ通りをパレードしながら年末年始特別警戒取締りを呼び掛けた。
 パレード終了後の街頭キャンペーンでは、薗田さんや参加団体会員が、防犯グッズなどを街行く市民に配布しながら注意喚起した。

所沢商工会議所による東日本大震災義援金寄附

平成25年12月10日(火曜)市役所3階市長応接室

 所沢商工会議所を代表して平岩会頭、高麗専務理事から東日本大震災義援金として10万円の寄附をいただきました。
 今回の寄附は、所沢商工会議所と市の連携事業として行われた「トコろんのぬいぐるみ」販売の売上金の一部。ぬいぐるみは、ところざわまつりや市民フェステバルなどで販売され、486体が売れました。
 いただいた寄附金は、日本赤十字社を通じて被災地の支援に使用されます。

所沢市上下水道事業運営審議会の答申

平成25年12月10日(火曜)市役所3階市長応接室

 「所沢都市計画下水道事業受益者負担金に関する単位負担金額について」の諮問に基づき、所沢市上下水道事業運営審議会が審議を重ねた結果を、藤本市長へ答申しました。
 審議会からは木村会長と内田副会長が出席し、藤本市長へ答申書を手渡しました。
 答申の要旨は「第3期市街化調整区域の1平方メートル当たりの受益者負担金額については、1,030円とすることが適当である」というものです。
 この答申を受け、市では今後の事業の展開を検討していきます。

第31回所沢市消費生活展

平成25年12月10日(火曜)市役所1階市民ホール

 平成25年12月9日(月曜)から11日(水曜)まで第31回所沢市消費生活展が、市役所1階市民ホールで行われています。
 開催時間は午前9時から午後4時までです(11日は午後3時まで)。
 消費生活展は、くらしや健康のほか、環境などの「消費に関わる課題」について、広くお知らせし、考える場となっています。
 パネル展示のほか、ゲームや映像などもあり、楽しみながら理解を深めることができますので、ぜひご来場ください。

 また、16日(月曜)午後1時30分から生涯学習推進センターで記念講座「『血糖値が気になるかたに』が気になる医者の話」を開催します。
 こちらもぜひご来場ください(先着30人です)。

第24回所沢シティマラソン大会

平成25年12月8日(日曜)   西武ドームほか

 所沢の冬の風物詩として知られる所沢シティマラソン大会は、今年で24回目の開催となりました。起伏に富んだコースは人気で、参加者は8,000人を超え、この日西武ドーム付近やコースとなった沿道は、ランナーと観客で大変にぎわいました。
 
撮影:市民カメラマン・木村清貴

平成25年度所沢市職員手話講習会

平成25年12月3日(火曜) 7階研修室

 所沢市職員手話サークルが、市職員(臨時職員を含む全職種)を対象とした手話講習会を開催しました。
 聴覚障害者とのコミュニケーション手段である手話の基本を学び、日々の仕事に活かせることを目標に、受講を希望した職員等が自主的に勤務時間外に研修を行いました。
 今年度は、初級クラス37名、中級クラス17名の合計54名が、平成25年9月3日(火曜)から12月3日(火曜)の間で全10講義受講しました。

障害者週間記念「障害者作品展・福祉機器等の展示」

平成25年12月3日(火曜)市役所1階市民ホール

 12月3日から9日の1週間が「障害者週間」です。これにあわせ、市では3日から6日までの期間、「障害者作品展・福祉機器等の展示」を行っています。
 作品は市立施設のほか、障害者団体などから広く募集したもので、絵や習字のほか、手芸品などバリエーションに富んでいます。
 国立障害者リハビリテーションセンターのブースでは福祉機器等が展示されており、以下の日程でデモンストレーションも行われます。

  • 12月3日(火曜)午後1時から3時
  • 12月4日(水曜)午前9時30分から10時30分
  • 12月5日(木曜)午後1時から3時

 また、障害者相談員による相談コーナーも開設されています。
 皆さま、ぜひお越しください。
 ※福祉機器等の展示は12月5日(木曜)午後3時までです

名産・押絵羽子板が飾られました

平成25年12月2日(月曜) 所沢市役所1階市民ホール

 市の名産である押絵羽子板が市役所1階市民ホールに飾られました。
 この押絵羽子板の展示は、地場産業の振興等を目的として始まり、所沢人形協会から提供を受けたものです。
 平成26年1月17日まで展示されていますので、ぜひご覧ください。

※野老澤町造商店では、12月21日(土曜)から12月28日(土曜)まで「吉例 野老澤羽子板市」を開催し、押絵羽子板の展示を行う予定です。
詳しくは野老澤町造商店のホームページでご確認ください。(ここをクリック)

平成25年度自治会等地縁による団体功労者総務大臣表彰の市長報告

平成25年12月2日(月曜) 市長応接室

 こぶし団地自治会会長吉田常雄さん(87歳)が、平成25年度自治会等地縁による団体功労者として総務大臣から表彰され、その報告に市役所を訪れました。
 吉田さんは、11月29日(金曜)に、自治会、町内会等の地縁による団体の代表者として多年にわたり在職し、地域的な共同活動を通じて良好な地域社会の維持及び形成に顕著な功績があったと認められ表彰されました。
 その吉田さんは、こぶし団地自治会発足当初の昭和43年7月に副会長に就任、翌44年7月に会長に就任以来、本年で45年目を迎える現役の自治会長です。
 今回、総務大臣表彰を授与された方は、全国で94名、埼玉県からは4名の方が表彰され、所沢市からは吉田さんの1名になります。

総務省ホームページ

糀谷八幡収穫祭 餅つき大会

平成25年12月1日(日曜)   糀谷八幡こうじやはちまん湿地(三ケ島地区)

 糀谷八幡こうじやはちまん湿地保存会の皆さまにより、餅つき大会が行われました。5月の田植えや9月の稲刈りにも参加した三ケ島小学校の児童は、コツを教わりながら、楽しそうに餅つきを体験をしていました。

撮影:市民カメラマン・津田資雄

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る