このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

4月の出来事

更新日:2014年5月8日

第63回子ども写生大会

平成26年4月26日(土曜)  西武園ゆうえんち

 絵を描く経験を通して子どもたちの情操を育み、所沢市の文化振興を図ることを目的として開催された子ども写生大会。今年は子どもから大人まで2,451人が参加し、園内の風景を思い思いに描きあげました。
 

撮影:市民カメラマン・滝島利男

マンホールにトコろん!

平成26年4月25日(金曜)所沢駅西口プロペ通り

 所沢駅西口を降りてすぐの「プロペ通り」に所沢市イメージマスコット「トコろん」をデザインしたカラーのマンホールふたが登場しました!
 鮮やかなスカイブルーの青空を、トコろんとアンリ・ファルマン機(日本の飛行場で初めて飛んだ飛行機)が気持ちよさそうに飛んでいます。
 新緑と青空が美しく、視線が上がる季節ですが、プロペ通りにお越しの際はぜひ足元にもご注目ください!

 なお、今後、市役所や上下水道部庁舎周辺のマンホールふたも順次トコろんデザインに交換していく予定です。

航空公園の草花が鮮やかです

平成26年4月25日(金曜)所沢航空記念公園

 新緑のまぶしい季節になりました。
 航空記念公園には春らしく色鮮やかな草花があふれています。
 抜けるような青空の下、散歩やジョギングを楽しむ人や遠足に来ている園児たちでにぎわっていました。
 航空公園が面している国道463号線は日本一長いけやき並木です。この時期はやわらかな木漏れ日が楽しめます。
 ゴールデンウィークはぜひ航空記念公園にお出かけください。

ハンギング講習会

平成26年4月24日(木曜)市役所1階市民ホール

 4月21日(月曜)から行われている「景観まちづくり展示会」において、より多くの人にも身近に花づくりを楽しめるようにと、「ハンギング」講習会が行われていました。
 この講習会は、花づくりによる景観づくりに自主的に取り組んでいるグループの「トコガーデナー」の皆さんが実演してくれました。

平成26年度(第38回)所沢市高齢者大学入学式

平成26年4月22日(火曜)所沢まちづくりセンター

 市内在住の60歳以上の方を対象とする所沢市高齢者大学の入学式が行われました。
 今年度は152名の方が入学し、平成27年2月までの11ヶ月間、健康・福祉・一般教養・時事問題・政治・経済・身近な法律・スポーツ・レクリエーション・趣味などを学びます。

景観まちづくり展示会

平成26年4月21日(月曜)市役所1階市民ホール

 花づくりによる身近な景観まちづくり「とことこガーデン」と、所沢らしい良好な景観として市民のみなさまからご応募いただいた「とことこ景観資源」等の写真による展示会が、4月25日(金曜)まで開催されています。

所沢市障害者施策推進協議会による提言書の提出

平成26年4月16日(水曜)市役所3階市長応接室

 所沢市障害者施策推進協議会の植村英晴うえむらひではる会長が訪問し、藤本市長に「(仮称)所沢市総合福祉センターにおける障害者視線の充実について(提言書)」を提出しました。
 提言書は、

  • 関係機関との連携体制の構築
  • 障害者相談の中核的な役割を担う「基幹相談支援センター」の設置
  • 成年後見制度の活用促進などの権利擁護の推進

 などが骨子となっています。

 所沢市障害者施策推進協議会は障害者に関する施策の総合的かつ効果的な推進を図るため、平成12年に設置されたもので、学識経験者や障害者団体代表者、公募の市民等で構成されています。

 提言書の提出後に意見交換を行い、植村会長からは(仮称)所沢市総合福祉センターが障害者の地域生活支援拠点としての機能を果たしていくよう要望がありました。

北所沢中央公園にこいのぼりが飾られています

平成26年4月15日(火曜) 北所沢中央公園

 北所沢中央公園にこいのぼりが飾られています。この日は、天候も良く心地よい風が吹き流れ元気にこいのぼりが泳いでいました。そのこいのぼりの下で、園児たちも元気よく公園を走り回り遊んでいました。
 こいのぼりの飾り付けは5月13日(火曜)までの予定です。お近くにお越しの際は、ぜひご覧ください。

市内の公園はこちらから

高齢者みまもり相談員委嘱状交付式

平成26年4月15日(火曜)市役所3階全員協議会室

 高齢者みまもり相談員の方々に市長が委嘱状を交付しました。高齢者みまもり相談員は、訪問を希望する単身高齢者などの家庭を訪問し、話し相手になったり、安否確認を行ったりしながら、地域の高齢者福祉の増進を図ります。50人の方が、3年任期で市や地域包括支援センターなどと連携しながら活動を行います。
 

所沢市に転入された方にライオンズチケット!

平成26年4月14日(月曜)市役所1階市民課

 本日より、所沢市に転入届を提出された方に対し、埼玉西武ライオンズの観戦チケット引換券の配布を始めました。
 これは、埼玉西武ライオンズからダイアプラン(所沢市・飯能市・狭山市・入間市)へ申し入れがあって実現したもので、8月末までに4市に転入届を提出した場合に対象となります。
 引換券は転入した人数分配布され、ライオンズストアなどで希望日のチケットと引き換えることができます。

 ダイアプランとしては転入者の増加、埼玉西武ライオンズは新たなファンの獲得と、双方にメリットのあるキャンペーンです。
 また、昨年の「西武鉄道と埼玉西武ライオンズを守る署名活動」への恩返しの意味合いもあるそうです。
 このキャンペーンで、地域が盛り上がっていくといいですね。

介護保険課窓口で参考図書が閲覧できるようになりました

平成26年4月14日(月曜)市役所1階介護保険課

 4月から、介護保険課の窓口に参考図書を設置し、自由に閲覧できるようになりました。
 気軽に介護に関する知識を得ていただきたいという思いから始まったもので、現在は約20冊が所蔵されています。
 参考図書の多くは隣接する所沢図書館にも所蔵されており、気に入った本があればすぐに所沢図書館で借りることができます。

 介護保険課にお越しの際は、ぜひ手にとってみてください。

「埼玉の子ども70万人体験活動」所沢市小・中学校パネル展

平成26年4月14日(月曜)市役所1階市民ホール

 本日から18日(金曜)までの間、市役所1階市民ホールで「埼玉の子ども70万人体験活動」所沢市小・中学校パネル展が開催されています。
 野菜・うどん・米作り体験、職場体験、福祉施設との交流体験など、市内の小・中学校で行われた様々な体験活動の様子を紹介しています。
 市役所にお越しの際は、ぜひご覧ください。

野老澤町造商店4月企画展「所澤飛行場の歴史」

平成26年4月9日(水曜)野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん(元町21-18)

 4月5日から5月7日まで、野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん(愛称:まちぞう)で企画展「写真から見る航空発祥の地 所澤飛行場の歴史」が開催されています。
 今から103年前に開設された所沢飛行場の歴史を豊富な資料で見ることができます。
 4月5日、6日に行われた市民文化フェアにて原寸大で展示され話題を呼んだ「アンリ・ファルマン機」の初飛行の記録など、貴重な情報の数々に好奇心がかき立てられます。
 4月19日(土曜)にはこぼれ話の「お話会」も開催される予定です。
 まちぞうで「航空発祥の地・所沢」を体感してみませんか。

 営業時間は午前10時から午後6時まで、木曜日は定休日です。
 なお、最終日の5月7日は午後3時までの展示となります。

◆広報ところざわで「歴史の伝承人」三上博史さんをご紹介しています

※8、9ページをご覧ください

世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間2014

平成26年4月7日(月曜)市役所1階市民ホール

 国連総会において毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」と定め、世界各地で自閉症に関する取組みが実施されています。
 日本では、世界自閉症啓発デーからの一週間を発達障害啓発週間と定めています。
 この一環で所沢では、自閉症をはじめとする発達障害への理解を深めるため、パネル展示を中心にした啓発活動を行っています。
 このパネル展示は、発達に障害のある全ての方にとって住みやすい社会となることを目指して、発達障害の支援にかかわる保健、福祉、教育、就労、民間団体などの活動を紹介しています。

金仙寺桜まつり

平成26年4月6日(日曜)   金仙寺こんせんじ

 樹齢約150年のしだれ桜で知られる金仙寺こんせんじで、桜まつりが行われました。あいにく、しだれ桜の見ごろは終えていましたが、ソメイヨシノや金仙寺こんせんじ周辺の梅、菜の花などの花がきれいに咲き誇っていました。
 特設ステージでは三味線や民謡、和太鼓の演奏も行われました。

撮影:市民カメラマン・佐藤清一郎

ゆず「所沢」音源化記念イベント「ゆずリンピック」を開催

平成26年4月6日(日曜) 所沢航空記念公園

 人気フォークデュオ「ゆず」のニューアルバム「新世界」に、路上時代の名曲として音源化が望まれていた「所沢」という曲が含まれています。
 所沢市からの歓迎の気持ちを表現するために「ゆずリンピック」を開催しました。
 とこしゃん体操で体をほぐし「ゆず」や「所沢」に関する「ゆずリンクイズ」、「所沢」の歌詞にちなみ日頃の想いをステージから伝える「言わなきゃもったいないよ〜コーナー」。最後は来場者と「所沢」を大合唱。
 会場では「寄せ書きコーナー」や「ゆずトコろん&ひばりちゃん壁紙プレゼント」企画も併せて行われました。
 「ゆず」のお二人のますますのご活躍をお祈りします。

第29回市民文化フェア

平成26年4月5日(土曜)、6日(日曜)  所沢航空記念公園

 所沢のまちづくりや文化の創造、航空発祥をテーマに開催された市民文化フェア。明治44年(1911)に初飛行を行ったアンリファルマン機の実寸大復元機の展示や演奏ステージ、B級グルメコーナー、和太鼓フェスティバルなどの催しが行われ、満開の桜が咲く所沢航空記念公園には2日間で約10万人の方が訪れました。
 中でも手作り飛行機ハヤブサ搭乗体験は子どもたちに大人気で、精巧に作られたハヤブサの操縦体験に笑顔を見せていました。

撮影:市民カメラマン・遠井洋子

東川の桜並木がライトアップされています

平成26年4月5日(土曜)東川沿い(西新井町から牛沼まで)

 東川に沿うように桜並木が植えられ、桜の時期は通る人の目を楽しませています。
 4月1日(火曜)から14日(月曜)までの2週間は夜間のライトアップが行われ、夜も桜を鑑賞することができます。
 提灯をメインの光源に据えており、やわらかな明るさで淡いピンクの花が照らされる様子や提灯が水面に映える様子は、えも言われぬ趣があります。
 最盛期は過ぎましたが、もうしばらくライトアップが楽しめます。

東西新井町さくら祭り

平成26年4月5日(土曜)   熊野神社(西新井町)ほか

 桜が満開の中行われた東西新井町さくら祭りでは、子どもたちの山車だしが、桜の観光スポットでもある東川沿いをパレードしました。また、熊野神社ではよさこいのパフォーマンスなどが行われ、多くの人がお花見とお祭りを楽しんでいました。
 

撮影:市民カメラマン・白須信一

春の洋らん展

平成26年4月3日(木曜)小手指市民ギャラリーエバー

 所沢洋蘭会主催による「春の洋ラン展」が小手指駅北口からすぐの小手指ツインタワーにある「小手指市民ギャラリーエバー(東棟)」で行われています。
 丹精込めて栽培した洋ランが、100種類以上200株飾られており、どれもこれも美しいものでした。
 洋ランに詳しくない方も、会員の方が親切に解説してくれますので、ぜひ足を誇んでみてください。

  • 入場無料
  • 展示期間:4月6日(日曜)午後5時まで
  • 開場時間:午前10時から午後6時
  • 展示内容:洋ランの展示、洋ランの植物画、栽培相談など

交通指導員の服装点検

平成26年4月3日(木曜)市役所1階市民ホール

 児童・生徒の登下校時の立哨指導や、保育園・幼稚園・小学校での交通安全教室の実施、また各季全国交通安全運動の参加、さらに、市主催の行事等の立哨など、交通事故防止や啓発のために活躍している交通指導員の服装点検が行われました。
 点検後に市長、所沢警察署長より訓示があり、子どもの安全を守るため、新年度も活躍してほしいとの激励の言葉がありました。

ライトイットアップブルーが点灯しました

平成26年4月2日(水曜)市役所1階市民ホール

 国連総会において毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」と定め、世界各地で自閉症に関する取組みが実施されており、名所旧跡などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップするキャンペーンが行われてます。
 所沢市も、日本でのこの活動(ライトイットアップブルー2014 JAPAN)に参加し、ブルーのLEDライトで飾ったツリーを市役所1階市民ホールに展示しました。
 そのライトアップ点灯式に、藤本市長をはじめ、私立明法中学・高等学校高等部の科学部の皆さんをはじめとする多く方が出席しました。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る