このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

7月の出来事

更新日:2014年9月4日

子ども陶芸教室(なつやすみ☆こどもひろば)

平成26年7月26日(土曜)新所沢東まちづくりセンター

 「なつやすみ☆こどもひろば」のプログラムの一つである「子ども陶芸教室」が行われました。参加した20人の子どもたちは、力いっぱい粘土をこねて、カップや湯のみを作りました。出来上がったものには、絵も描きました。

協力:透和会
撮影:市民カメラマン・遠井洋子

「ぶらって笑顔新聞」完成報告会

平成26年7月30日(水曜)市役所3階市長応接室

 7月28日(月曜)の取材日誌でもお伝えしましたが、武蔵野銀行と立教大学観光学部のコラボレーション(産学連携協定)により「ぶらって笑顔新聞」が作製されました。
 武蔵野銀行常務取締役や新聞を作製した学生が市役所を訪問し、藤本市長に完成報告を行いました。

 学生はプロジェクトの趣旨や概要を説明したあと、パネルを使って紙面の特色をPRしました。
 藤本市長からは「所沢のいいところが紹介されている」との言葉があり、受け取った新聞に熱心に目を通していました。

 「ぶらって笑顔新聞」は8月1日(金曜)から武蔵野銀行全店、西武鉄道全駅、所沢市役所1階市民ホール、まちづくりセンターなどで配布が始まります。

第38回所沢市高齢者演芸大会

平成26年7月29日(火曜)所沢市民文化センターミューズ中ホール

 所沢市と所沢市長生クラブ連合会の主催で、第38回所沢市高齢者演芸大会が行われました。
 300人を超える出演者が、午前10時からおよそ3時間半に渡り、熱のこもった演技(踊りや演奏)を披露し、会場は拍手でいっぱいになりました。

姉妹都市ディケイター市学生による日本文化体験

平成26年7月29日(火曜)所沢北高等学校

 姉妹都市のアメリカ・ディケイター市から来日している高校生4人が弓道、書道、茶道の日本文化を体験しました。
 所沢北高等学校の生徒が英語を交えながら丁寧に指導をしてくれ、ディケイターの学生は「すごく楽しむことができました。このような日本文化を体験できて光栄です」と話してくれました。

みんなのひろば

平成26年7月29日(火曜)

 自宅の網戸にとまるカマキリ。カメラを向けるとカメラ目線でポーズを取ってくれました。

写真提供者:石田 浩さん(山口在住)

所沢のおすすめ!を紹介する「ぶらって笑顔新聞」の駅頭配布

平成26年7月28日(月曜)所沢駅

 武蔵野銀行と立教大学観光学部のコラボレーション(産学連携協定)により「ぶらって笑顔新聞」が作製されました。
 創刊号は「所沢」が取り上げられ、飲食スポットなどの「おすすめ情報」が満載!
 地域の「ヒト」に焦点を当てるコンセプトから、所沢の「3Sウーマン(シンプル・スマート・埼玉)」のインタビューに基づく紙面となっています。

 創刊にあたり、制作に携わった学生・教授、武蔵野銀行職員、西武鉄道職員が所沢駅コンコースで駅頭配布を行いました。
 受け取ってすぐ熱心に目を通す人や、知り合いに配りたいと複数枚もらっていく人もいました。

 「ぶらって笑顔新聞」は8月1日(金曜)から武蔵野銀行全店、西武鉄道全駅、所沢市役所1階市民ホール、まちづくりセンターなどで配布が始まります。
 所沢のおすすめ情報を、ぜひ楽しんでください。

所沢市立障害児者施設作品展・地域活動支援センター紹介展示

平成26年7月28日(月曜)市役所1階市民ホール

 施設等での活動を発表し、地域社会において障害児者福祉についての認識を深めることを目的に、所沢市立障害児者施設の作品展と、地域活動支援センターの作品展示が開催されています。

 展示は7月28日(月曜)から30日(水曜)は午前9時から午後5時まで、7月31日(木曜)は午前9時から午後1時までです。
 また、29日(火曜)の午後2時から3時には「社会技能訓練」、30日(水曜)の午前10時から11時には「機織」、午後1時30分から2時30分には、「機織、刺し子」の実演が行われます。
 市役所にお越しの際には、ぜひご覧ください。 

野老澤町造商店「職人の技と生業」展

平成26年7月27日(日曜)野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん(愛称:まちぞう)

 7月25日(金曜)から8月27日(水曜)まで、野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてんで「懐かしの旧町商店街 職人の技と生業」展が開催されています。
 これは、「所澤のマチ場に生きた 人・モノ・風情」シリーズの第2弾に相当するものです。

 店内には半纏はんてんや手ぬぐい、引き札(広告チラシ)、当時の商店街マップなど、所沢の歴史ロマンを感じるアイテムが所狭しと並んでいます。
 明治時代の所沢駅には「風車式の回転広告」があった、年始の贈答品であった手ぬぐいは工夫を凝らしたデザインだった、など所沢の歴史や文化をうかがい知ることができます。

 まちぞうボランティアの三上さんにお話を伺うと、「半纏はんてんを着た馬方(現在の物流業者に相当)が商店街を歩いていた。2月18日には新光寺で馬の町(お祭り)が開かれ、三・八の市と重なり大変にぎわっていた」と展示とリンクして当時の様子をさらに詳しく知ることができました。

 夏休みは「まちぞう」で所沢の歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

【リンク】野老澤町造商店のご紹介

第5回ところざわ星空フェスティバル

平成26年7月26日(土曜)生涯学習推進センター

 7月26日・27日の2日間で第5回ところざわ星空フェスティバルが行われました。
 天体望遠鏡での太陽や星空の観測、天体観測のための道具や天体写真の展示、モバイルプラネタリウムの鑑賞会などが催され、多くの来場者でにぎわいました。

協力:株式会社ビクセン
撮影:市民カメラマン・滝島利男

所沢農産物親子料理コンテスト

平成26年7月25日(金曜)保健センター調理室

 里芋や狭山茶をはじめとする所沢農産物を使ったオリジナル料理のコンテストが行われました。
 今回のコンテストには、書類審査に15家族16の料理の応募がありました。その審査を通過した6組の親子が実際に調理をし、審査員がその味を評価しました。
 どの料理も甲乙つけがたく、審査結果は僅差でした。

所沢市長賞(優秀賞)
「夏バテなしの色々フライ」乙川おとかわ早百合さん、幸太朗くん(小学6年生)

JAいるま野組合長賞(審査員特別賞)
「里芋と枝豆のサモサ(インド風あげギョウザ)」高橋淑子さん、明乃さん(小学5年生)

所沢市農業後継者対策連絡会長賞(審査員特別賞)
「フライパンde里芋PIZZA!」鈴田真希さん、智也くん(小学6年生)
「笑顔たっぷり!野菜もたっぷり!和風肉だんご」佐生さしょう百合子さん、ここ那さん(小学5年生)

所沢市農業団体長賞(審査員特別賞)
「狭山茶風味のカラフルそうめん」原幸恵さん、彩乃さん(小学4年生)
「色とりどりカラフルチャーハン」豊田喜久恵さん、詩緒里さん(小学6年生)

ブーメランをつくってとばそう!

平成26年7月24日(木曜)所沢図書館本館

 
 所沢図書館本館では、夏休み中の子どもたちを対象に「かがくあそびスペシャル」が開催され、21名の子どもたちと14名の保護者が参加しました。
 今回はブーメラン作りでしたが、作る前には、ブーメランの歴史や、しくみなども学びました。
 子どもたちはそれぞれ自分の作ったブーメランに好きな模様を施して、楽しそうにブーメランを飛ばしていました。

ライトダウン所沢イン航空公園

平成26年7月23日(水曜)所沢航空記念公園 噴水前広場

 過度にエネルギーに依存したライフスタイルを見直し、キャンドルの灯りで家族団らんの時間を演出する「ライトダウン所沢イン航空公園」が行われました。1,300個のキャンドルの穏やかな灯りと、サックス演奏や県立芸術総合高等学校卒業生による合唱などの心地よい音色が会場に訪れた人たちを包み込みました。

撮影:市民カメラマン・平出敏夫

有楽町八雲神社天王様祭礼

平成26年7月20日(日曜)八雲神社(有楽町)

 有楽町八雲神社で祭礼行事「天王様」が行われました。
「天王様」は、7月中旬に市内各地の八雲神社などで行われ、疫病の神である牛頭天王ごずてんのうあるいは素戔嗚尊すさのおのみことを祭神とし、疫病除けの祭りとされています。
巡行するみこしに沿道から水をかけるのが、有楽町の「天王様」の特徴です。

撮影:市民カメラマン・白須信一

第6回野老澤行灯廊火

平成26年7月19日(土曜)元町コミュニティ広場ほか

 今年で6回目を迎えた中心市街地の夏の風物詩「野老澤行灯廊火ところさわあんどんろうか」。夕方から降り始めた強い雨のため、残念ながら用意した150以上の地口行灯のほとんどは点灯することができませんでした。

撮影:市民カメラマン・佐藤清一郎

中国・常州市体育代表団の市長表敬訪問

平成26年7月18日(金曜) 市役所3階市長特別応接室

 所沢市の姉妹都市である中国・常州市から、体育関連の行政職員で構成された常州市体育代表団(団長:劉永承リウユンチョン・常州市体育局副局長)の6名が、所沢市役所を訪れました。
 常州市を訪問したことのある藤本市長は、その時にお世話になった「旧い友人ふるいゆうじん」の名を挙げるなどして、懇親を深めました。
 代表団は、所沢市国際友好員会主催の歓迎会に出席した後、19日(土曜)に市民体育館などを視察する予定です。

群馬県嬬恋村から熊川村長、池田観光協会事務局長等が訪問

平成26年7月18日(金曜) 市役所3階

 日本一のキャベツの産地とも言われる嬬恋村の熊川村長と池田観光協会事務局長等が所沢市を表敬訪問されました。
 嬬恋村産のキャベツは、主に夏から秋にかけて出荷され、首都圏で80%を占めています。

中学生海外文化交流派遣事業 派遣団壮行会

平成26年7月17日(木曜)市役所3階全員協議会室

 平成26年度所沢市中学生海外文化交流派遣事業の派遣団壮行会が行われました。
 15の市立中学校から各2名、合計30名の派遣中学生が7月22日から3泊5日の日程でシンガポールに向かい、シンガポール日本人学校中学部の体験授業や、現地中学生との交流体験プログラムのほか、5班に分かれて語学研修などを体験します。

7月19日は野老澤行灯廊火!

平成26年7月16日(水曜)野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん

 7月19日(土曜)午後4時からは「野老澤行灯廊火ところさわあんどんろうか」が開催されます。
 所沢まちづくりセンター前の「元町コミュニティ広場」を中心に、模擬店やステージ、浴衣&おばけパレードなど楽しいものがたくさん集まります。
 その中でもメインはやはり「地口行灯」の展示。銀座中央広場に100個の行灯が並び、夜を彩ります。

 会場の1つである「野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん」では準備の真っ最中。
 今年は協賛が予定より多く集まり、作成する行灯は全部で150個ほどになるとか。
 店内には行灯が所狭しと並んでいますが、まだまだ増える気配です。
 木枠から半紙まで手作りなので、うれしい悲鳴ですね。

 「野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん」は肝だめしの会場になるため、店内には既におばけちょうちんの姿が・・・
 当日は数百人の子どもが殺到する人気イベント!
 子どもから大人まで楽しめる「野老澤行灯廊火ところさわあんどんろうか」。ぜひ足をお運びください。

 当日は会場近くの八雲神社(有楽町)境内で、市の文化財に指定されたてホヤホヤの神剣・四神しじんを見ることもできます!

◆行灯廊火のページへリンク

第21回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2014」本戦(全国大会)出場する芸術総合高等学校写真部の市長表敬訪問

平成26年7月16日(水曜) 市役所3階市長応接室

 8月5日(火曜)~8日(金曜)の間、北海道東町で開催される「写真甲子園2014」本戦(全国大会)に出場する芸術総合高等学校写真部の生徒3名と花岡校長、森写真部顧問が市長へ出場の報告に訪れました。
 「写真甲子園2014」本戦に出場できるのは全国で18校のみで、今年は521校の初戦応募がありました。同校は、6月13日に東京で開催された、初戦審査会で写真家や雑誌社編集長などで構成される審査委員により選ばれ見事本戦初出場を決めました。
 本大会は全国の高校写真部・サークルに新しい活動の場や目標、そして出会い・交流の機会を提供し、高校生らしい創造性や感受性の育成と活動の向上をもって、学生生活の充実と特別活動の振興に寄与することを目的に、写真甲子園実行委員会が主催しています。
 写真甲子園2014の詳細はこちらをご覧ください。

「写真甲子園2014」本戦出場生徒

  • 小花優衣こはなゆいさん(写真部部長)
  • 須藤奈央樹すどうなおきさん(写真部副部長)
  • 水野敦史みずのあつしさん(写真部会計)

いずれも映像芸術科写真専攻3年

所沢市4Hクラブ夏の農産物発表会

平成26年7月15日(火曜)市役所1階市民ホール

 所沢市内の若手農業後継者で組織される「所沢市4Hクラブ」が夏の農産物発表会を開催しました。
 クラブの活動をパネル展示するほか、地産地消推進事業と連携し、農産物の販売も行いました。

※4Hは、Hands(手腕)、Head(頭)、Heart(心)、Health(健康)の4つの英語の頭文字を取ったものです。

北秋津八雲神社天王様祭礼

平成26年7月13日(日曜)八雲神社(北秋津)

 北秋津八雲神社で祭礼行事「天王様」が行われました。
 「天王様」は、7月中旬に市内各地の八雲神社などで行われ、疫病の神である牛頭天王ごずてんのうあるいは素戔嗚尊すさのおのみことを祭神とし、疫病除けの祭りとされています。
 夜にみこしが火の上を渡る火渡りがみられるのが、北秋津の「天王様」の特徴です。

撮影:市民カメラマン・西田憲正

みんなで所沢のホタルを見に行こう!

平成26年7月12日(土曜)糀谷八幡湿地こうじやはちまんしっち

 グリーン・フォレスト・ネットワーク所沢が主催の「夏の風物詩 みんなで所沢のホタルを見に行こう!」には、
ホタルの光で夏の風情を感じようと多くの人が集まりました。
日が沈むと暗闇に幻想的で美しい光が浮かびあがりました。

撮影:市民カメラマン・西田憲正

保育園児の七夕飾り

平成26年7月2日(水曜)市役所1階市民ホール

 並木保育園の園児43人が市民ホールに展示する「七夕飾り」を飾り付けました。
 市庁舎の敷地内から切り出した竹に、色とりどりの飾りやイラスト、願い事を書いた短冊を思い思いにくくりつけていました。
 藤本市長、内藤教育長も駆けつけ、藤本市長は「未来をみつめ、今を動く」と直筆のメッセージを飾りました。

 七夕飾りは7月7日(月曜)までで、展示期間中は展示横の記帳台で短冊を書き、飾りつけることができます。
 夢や願いを短冊に込めてみませんか?
 ご来庁お待ちしてします。

幼稚園児による荒幡富士登り初め

平成26年7月1日(火曜)荒幡富士

 世界遺産の富士山と同じ7月1日に、所沢にある「荒幡富士」も山開きを行いました。
 隣接する浅間神社で安全を祈願する神事を行ったあと、所沢第二幼稚園の園児たちが元気に登り初めを行いました。

 荒幡富士の近くには埼玉県狭山いきものふれあいの里センターもあり、ところバスで気軽に散策ができます。

【リンク】ところバスで行く・・・荒幡富士といきものふれあいの里めぐり・・・

トコろんTシャツ・ポロシャツ本日より販売開始です!

平成26年7月1日(火曜)市役所3階企画総務課

 所沢市イメージマスコット「トコろん」をプリントしたTシャツ・ポロシャツの販売が開始されました。
 今年はTシャツが2色・6サイズ、ポロシャツが2色・5サイズのラインナップです。
 価格はTシャツが1,100円、ポロシャツが1,500円です。
 売り切れ次第終了となりますので、お早めにお買い求めください!
 なお、好評につき、ご希望の色・サイズが入手できない可能性もあります。事前にお問い合わせのうえ、各販売場所までお越しください。
 トコろんシャツで暑い夏を涼しく過ごしましょう!

販売場所

  • 市役所高層棟3階 企画総務課(並木1丁目1番地の1 電話:04-2998-9046)
  • 野老澤町造ところさわまちづくり商店「まちぞう」(元町21番18号 電話:04-2928-1453)
  • 中富南コミュニティセンター(中富南4丁目4番地の1 電話:04-2996-3999)
  • 椿峰コミュニティ会館本館(小手指南3丁目57番地の9 電話:04-2925-2224)
  • 所沢サン・アビリティーズ(上安松1286番地の7 電話:04-2995-1301)

トコろんTシャツ・ポロシャツの詳細ページはこちら

臨時福祉給付金の申請受付が開始されました

平成26年7月1日(火曜)市役所1階市民ホール

 所沢市では、7月1日より臨時福祉給付金の申請受付を開始しました。
 このことから、7月31日まで臨時福祉給付金窓口を新たに市役所1階市民ホールに特設しました。
 臨時福祉給付金の質問や申請書の書き方について、お気軽にご相談ください。
 臨時福祉給付金問い合わせ専用ダイヤル:0570‐026‐088

 なお、子育て世帯臨時特例給付金については、市役所2階・こども支援課(子育て世帯臨時特例給付金担当:04-2998-9214)が窓口で受け付ています。

テレビ埼玉が取材に来ました

平成26年7月1日(火曜)市役所1階高齢者支援課 ほか

 テレビ埼玉が、県内でも先駆的な取り組みである本市の携帯型の緊急通報システムが7月1日より導入したことに伴って、取材にきました。
 所沢市では昭和60年から屋内に設置する固定型の緊急通報システム事業を実施していますが(平成26年5月末時点で1,184人が利用、)今般、自立度が高く外出の機会が多い方に向け、携帯型の緊急通報システムを導入する事により、外出中の緊急時対応ができるようになりました。
 なお、この取材の結果は、7月1日(同日)にテレビ埼玉で放映されました。

※緊急通報システムとは、単身高齢者、日中単身高齢者等を対象に機器を貸し出し、急病などの緊急時に簡単な操作でオペレーションセンターに通報ができ、必要に応じオペレーターが救急車を要請するシステムです。

※携帯型の緊急通報システムの主な機能

  • GPS機能を搭載。親族等が外出中のご本人の所在を確認できる。
  • 生活動作が一定時間行われない場合に、自動連絡を行う。   

藤本市長が作家・小松成美さんと対談

平成26年7月1日(火曜)市役所3階市長応接室

 経済Webマガジンサイト「トレードトレード」の対談企画として、ノンフィクション作家の小松成美さんが来所し、藤本市長は「リーダーの言葉『一語一会』」についてインタビューを受けました。

(注釈)このインタビューの結果は、経済Webマガジンサイト「トレードトレード」に掲載されます(平成26年8月中旬頃)。

(注釈)小松成美さんのブログにも掲載されています。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る