このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

2月の出来事

更新日:2018年7月11日

所沢にゆかりのある絵画展

平成27年2月26日(木曜)所沢市民文化センターミューズ展示室

市が所蔵する29の絵画を3月1日(日曜)まで、ミューズ展示室にて一般公開しています。
山路 眞護やまじ しんご内田 晃うちだ あきら上村 次敏うえむら つぐとしの3氏の作品で、それぞれ所沢に在住していた「所沢にゆかりのある画家」です。

山路氏の作品展は過去に2回行っておりますが、内田氏・上村氏は初めての展示となります。
山路氏も、前回は平成9年の開催でしたので、実に18年ぶりの展示です。
普段はミューズの収蔵庫に保管されており、見ることはできません。
次回の開催は未定ですので、このチャンスにぜひご覧ください。

入場無料
午前10時から午後5時まで(最終日は午後3時まで)

企画展「鎮守の森 市民が見た所沢の神社」

平成27年2月24日(火曜)生涯学習推進センター3階企画展示室

広報ところざわ平成26年7月号でご紹介した天野 保治やすはるさんが描かれた神社の絵が3月22日(日曜)まで生涯学習推進センターでご覧いただけます。
しかし、単に絵をお借りしただけではありません。
ボランティアの「市民学芸員」が展示にあたり、市内各地区の神社を調査。
研究活動の入門編ということで、一次資料(神社の名前がどのように決まったかを含む古い文献など)の読み込みのほか、現地調査などを経て各神社を紹介するキャプションを作成しました。

天野さんが描かれていない神社には写真をつけ、全部で62にものぼる所沢の神社を紹介しています。
市内にこんなにたくさんの神社があったのかという驚きとともに、詳細に調べ上げられたキャプションには思わずうなってしまいます。
期間中は市民学芸員による「解説会」も行われます。
ぜひ足を運んでみてください。
※会場内は撮影禁止です。この記事は特別に許可を得て撮影しています。

企画展の詳細はこちらから

野老澤雛物語ところさわひなものがたり(その8)おもしろい雛人形を発見!

平成27年2月24日(火曜)西武所沢店地下1階 藤井園

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語」。
町なかで雛人形の展示が行われていることは既にお伝えしておりますが、少し変わったお雛様も展示されています。
西武所沢店地下1階の「藤井園」では、2月24日(火曜)から3月2日(月曜)までの期間、雛人形の展示のほか1,000円以上購入すると粗品がプレゼントされる特典があります。
この雛人形が陶器だったり、クリスタルだったり、コマだったりと、少し変わったものばかりでおもしろいです。
お茶のサービスもいただけますので、「その7」でご紹介した「つりびな展」を見たあとにちょっと一服してみてはいかがでしょうか?

藤井園

午前10時から午後8時まで営業
年中無休
所沢の名前の由来とも言われる「野老ところ」を冠したお茶を販売しています

野老澤雛物語ところさわひなものがたり(その7)創作人形とつりびな展

平成27年2月24日(火曜)西武所沢店4階プラチナルーム・7階手芸ギャラリー

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語」。
2月24日(火曜)から3月2日(月曜)までの一週間、午前10時から午後8時まで、西武所沢店で「創作人形とつりびな展」が開催されています(3月2日は午後5時までです)。
7階の手芸ギャラリーで「創作人形とつりびな」をご覧いただけるほか、購入することもできます。
これらの作品は市内在住の富沢先生によるもので、手作りの温かみを感じます。

同期間、4階のプラチナルームでは、「はすの実の細工物講習会」が開催されています。
長崎県から取り寄せたというオニバスの実を使って、細工物を制作します。
講習会場では、これまでに生徒さんが作られた「つりびな」などの作品がたくさんご覧いただけます。
4階と7階の両会場をのぞいてみると楽しいですよ!

講習会の詳細情報

2月24日(火曜)から3月2日(月曜)の午前10時からと午後2時からの毎日2回
各回8名の事前予約制。制作時間は約1時間
電話:04-2927-3335(西武所沢店)

第24回埼玉県都市公園写真コンクール巡回展

平成27年2月24日(火曜)航空発祥記念館(所沢航空記念公園)

埼玉県公園緑地協会主催の写真コンクールの入賞作品が県内の各会場で巡回展示されています。
最初に展示されるのが所沢航空記念公園内にある「航空発祥記念館」。
2月24日(火曜)から3月1日(日曜)まで、エントランス内で見ることができます(エントランスは無料で入れます)。
航空記念公園にお越しの際は、ぜひ足を運んでみてください!

入賞作品に当の航空記念公園での作品がないのは残念ですが、ファミリー賞を受賞された長嶋さんは所沢のかたとのことで嬉しいですね!
展示をご覧いただいたあとは、航空記念公園の写真を撮って、来年の応募にそなえてみませんか?

野老澤雛物語ところさわひなものがたり(その6)「トコろんを探せ!」スタート!

平成27年2月22日(日曜)野老澤町造ところさわまちづくり商店(まちぞう)・中心市街地

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語」。
2月21日から、ウォークラリー「トコろんを探せ!」が始まりました。
まちなかに隠されたクイズを解いて、ゴールの「まちぞう」で答え合わせ。
正解するとクジが引けて、プレゼントがもらえます!
さらに、3月8日(日曜)に行われる「トコろん探偵団」の認定証ももらえますよ。

21日・22日の2日間で63名が見事クリア!
木曜日を除く午前10時から午後5時までの間に、「まちぞう」に遊びに行ってみましょう♪

野老澤雛物語ところさわひなものがたり(その5)かわいい絵がまちなかに!

平成27年2月22日(日曜)中心市街地

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語」。
2月21日から、保育園児が描いたかわいい「雛祭りの絵」を協力店舗に展示中。
市内13の保育園から、300を超える絵が集まりました。

中心市街地を歩くときは、スマホの画面ではなくお店のディスプレイにぜひ注目してください!
緋毛氈ひもうせんフラッグ、雛人形の展示と併せて、たくさんの発見があること間違いなしですよ♪

三ヶ島葭子みかじまよしこに逢いまショウ

平成27年2月22日(日曜)中央公民館ホール

中央公民館サークルコラボ実行委員会企画の第4弾「三ヶ島葭子に逢いまショウ」の舞台が上演されました。
現在の三ケ島地区(当時は三ヶ島村)生まれの歌人「三ヶ島葭子」を題材に、ミュージカル風にその生涯を追うという内容で、150人を超える観客が魅了されました。

与謝野晶子や北原白秋といった著名な歌人とも関わりが深かった三ヶ島葭子。
三ケ島まちづくりセンターでは、資料室を常設していますので、ぜひ足を運んでみてください。

第13回こどもとうきち将棋大会

平成27年2月15日(日曜)

江戸時代の終わりから明治時代に活躍した所沢村出身の将棋棋士「福泉 藤吉、大矢 東吉」。二人の「とうきち」にちなんで開催されている「こどもとうきち将棋大会」も今回で13回目を迎えました。
市内18の小学校から38チーム152人が参加し、4人1組となって団体対抗戦で優勝を争いました。制限時間の20分を越え、秒読み(一手30秒)に持ち込まれる熱戦がたびたび繰り広げられ、勝敗に一喜一憂の子どもたち。優勝の栄冠は、所沢小2チームが勝ち取りました。

撮影:市民カメラマン・滝島 利男

所沢市スポーツ少年団交流大会・小学校駅伝大会

平成27年2月15日(日曜)所沢航空記念公園

今回で22回を迎える「所沢市スポーツ少年団交流大会」と6回目を迎える「小学校駅伝大会」が同時開催されました。冬晴れの所沢航空記念公園に合計1,573人の子どもたちが集い、マラソンや駅伝で、他団体や他校の児童と日頃の成果を競い合い、交流を深めました。

撮影:市民カメラマン・津田 資雄

所沢市新規創業ビジネスプランコンペ最終審査

平成27年2月12日(木曜)市役所3階301会議室

今回で5度目の開催となった、「所沢市新規創業ビジネスプランコンペ」。
今回は過去最高となる12件の応募があり、うち6件が第一次審査を通過し、発表・プレゼンテーションが行われました。
どれも素晴らしい発表・内容でしたが、栄えある栄冠をつかんだのは、

  • 子育てママのためのコミュニティスペース「セカンドリビング」“子供と一緒に一日楽しめる場所”“ママになっても輝ける自分になれる場所”:根岸 桂子さん
  • 「地場産の里芋ピザ」の製造・販売:野島 康子さん

なお、優秀受賞者のお二人には、奨励金として30万円が支給されました。

優秀受賞者のお二人の写真
根岸さん、野島さん、おめでとうございました!

平成26年度 所沢たばこ商業協同組合店舗コンクール表彰式

平成27年2月12日(木曜)市役所602会議室

 たばこ商店の活性化を図り、地域振興等を促進するため、「所沢たばこ商業協同組合店舗コンクール」が実施され、個性的で魅力ある8店舗が表彰を受けました。

野老澤雛物語(その4)緋毛氈ひもうせんフラッグが目印です!

平成27年2月10日(火曜)スパイスキッチン HERVEY'S(ハーヴィーズ)

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語ところさわひなものがたり」。
中心市街地の協力店舗では、雛人形の展示が見られたり、「うれしい特典」をいただくことができたりします。
店舗マップは現在作成中ですが、既に展示や特典は始まっています。
目印は緋毛氈フラッグ。雛人形を並べるときに敷く、赤いフェルトを使った旗です。
プロペ通り、ファルマン通り、銀座通りを注意深く歩いていると、たくさん見つかるはずです!

今回は、雛人形の展示と特典の両方にご協力いただいている「ハーヴィーズ」さんにお邪魔しました。
シーズニング(スパイス)の製造販売を行う株式会社ハーヴィインターナショナル(本社:御幸町)が、シーズニングを直接楽しんでもらう場として8年前に展開したお店です。
店内のお洒落で落ち着いた雰囲気に、お客さんのほとんどが女性というのもうなずけます。

ハーヴィーズさんの「特典」はセットメニューを頼むとアイス(3種のうち1種)がつくこと。
ティーマサラ、フレッシュミルク、ラムレーズンがありますが、シーズニングが楽しめる「ティーマサラ」がオススメです。

地域密着をコンセプトにしており、一昨年から雛物語に参加しています。
雛物語をきっかけとして「市内のお店のことをもっと知ってもらいたい」との思いを話していただきました。
緋毛氈フラッグを目印に、市内散策をしてみませんか?

◆スパイスキッチン ハーヴィーズ
所沢市寿町27-7コンセールタワー1階
午前11時から午後7時まで営業(日曜定休)
電話:04-2939-0907

野老澤雛物語(その3)大人気!雛物語

平成27年2月10日(火曜)野老澤町造ところさわまちづくり商店(まちぞう)

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語ところさわひなものがたり」。
雛物語の新しい情報を得るために野老澤町造商店を訪れると、メモ帳を片手にインタビューをする少女の姿が・・・。
笑顔が印象的な彼女は、高校2年生の秋元ひなのさん。
ジャーナリスト育成プログラムの一環で、地域のイベントを取材しているそうです。
住まいも学校も所沢ではありませんが、塾が所沢ということで興味を持っていただけたそうで、うれしいかぎりです。
市外の、それも若者が「雛物語」に大注目!

そして、続いて来店されたのは埼玉新聞の記者さん。
まちぞうの雛人形の展示について、熱心に取材をされていました。
マスコミも「雛物語」に大注目!

そして、注目が集まっていることを裏付けるように、2日の取材日誌でご紹介した「まちぞう手作り教室」は申し込みが殺到しています。
追加日程が発表されるなど、うれしい悲鳴が聞こえてきます。

第11回ぬくもりの「手しごと」

平成27年2月10日(火曜)西武所沢店8階特設会場

所沢駅西口前の西武所沢店8階、書店の隣にたくさんのワゴンが並ぶブースがあります。
陶芸、編み物、織物、刺しゅう、ポストカード、せっけん、キャンドルなどなど・・・どれも手作りの個性的な商品が並んでいて、買い物客でにぎわっていました。

実はこれ、市内にある障害児者施設で作られた商品なのです(今回の販売には13施設が参加)。
高品質でリーズナブルということもあり、飛ぶように売れていました。
同じものがない「手作り」という点もポイントで、マフラーやストールといった織物が特に人気だそうです。

販売スタッフは主催の「手しごとの会運営委員会」、つまりは障害児者施設の職員が務めています。
この日のために研修を受け、百貨店の販売員とそん色ない丁寧な対応にも注目です。

展示・販売は2月16日(月曜)まで、いずれも午前10時から午後8時までです。
期間中に売り切れてしまうワゴンもありますので、お買い求めはお早めにどうぞ。
なお、売上金の一部は被災地の障害者支援に充てられます。

一定数の商品をお求めの場合は、各施設にご相談いただければ注文が可能とのことです。
気に入った商品をイベントの景品などに活用されてはいかがでしょうか?

所沢市社会福祉協議会(手しごとの会運営委員会事務局)
電話:04-2926-8202

◆広報ところざわ平成27年2月号(就労支援特集)

「たぬきの糸車」を回したよ!

平成27年2月10日(火曜) 所沢市生涯学習推進センター

並木小学校1年生のお友達が、物語「たぬきの糸車」を勉強しています。
その一環で、お話に出てくる糸車を体験しに、生涯学習推進センターを訪問しました。

住民投票の期日前投票が始まっています!

平成27年2月9日(月曜)市役所1階市民ギャラリー

本日2月9日(月曜)から「防音校舎の除湿工事(冷房工事)の計画的な実施に関する住民投票」の期日前投票が始まりました。
15日(日曜)の投票日当日に投票所に行けないかたは、14日(土曜)までの毎日(祝日も含む)、市役所1階市民ギャラリーで期日前投票を行うことができます。
市民ギャラリーは正面玄関(駅側)から市役所に入ると、ホールを突っ切った左奥にあります。

本日もたくさんの人が投票所整理券を持って並んでいました。
あらかじめ予定が分かっている場合は、ぜひ期日前投票をご利用ください。

トコろん傘販売中!

平成27年2月9日(月曜)市役所3階企画総務課

2月6日(金曜)から販売を開始した「トコろん傘」。
現在、市役所3階企画総務課と、野老澤町造ところさわまちづくり商店(まちぞう)の2か所で購入することができます。
500本限定生産ですので、迷っている方はお早めにどうぞ。
発売から3日間で50本以上売れてます!梅雨の時季まで待っていると、なくなってしまうかもしれません!?

首都圏プロ野球5球団共同事業 公園キャッチボールプロジェクト

平成27年2月8日(日曜)カルチャーパーク

首都圏に本拠地を置くプロ野球5球団が地域の公園と協力し、気軽にキャッチボールを楽しんでもらうための「首都圏プロ野球5球団共同事業 公園キャッチボールプロジェクト」が開催されました。あいにくの空模様でしたが、参加した16組の親子は、ライオンズOBによるキャッチボール教室やバッティング教室を楽しみました。
埼玉西武ライオンズからは、グローブやボールなどが寄贈されました。

撮影:市民カメラマン・佐藤 清一郎

あかさたな第25回所沢こどもルネサンス 第21回おはなしのひろば

平成27年2月8日(日曜)松井まちづくりセンター

子どもたちの心を豊かに育み、子どもたちにとって明るい未来を開くために、市民ボランティアの手で開催されている「所沢こどもルネサンス」。
この日は寒い一日でしたが、さまざまな催しが行われ、松井まちづくりセンターに子どもたちの元気な笑い声が響きました。大友 剛さんによる「音楽とマジックと絵本のコンサート」では、大勢の親子連れがホールに詰めかけ、マジックやスクリーンやピアノを使った絵本の読み聞かせを楽しみました。
他にも、影絵や人形劇、忍者修行などが行われ、子どもたちは時間が立つのも忘れるほどの大はしゃぎでした。

撮影:市民カメラマン・遠井 洋子

平成26年度所沢レクリエーション祭り

平成27年2月7日(土曜)市民体育館

ソフトバレーやミニテニス、インディアカなど、さまざまな室内レクリエーションが同時開催された「所沢レクリエーション祭り」。400人が参加し、それぞれの種目で気持ちのよい汗を流しました。

撮影:市民カメラマン・浅見 司郎

「昔の暮らし」体験学習‐小学3年生編‐

平成27年2月4日(水曜) 所沢市生涯学習推進センター

小学校3年生はこの時期に「昔の暮らし」を勉強します。
今年も並木小学校の皆さんが、昔懐かしい民具の体験学習に、生涯学習推進センターを訪問しました。

コミュニティサロン「ぐりーんぽけっと」オープン式典

平成27年2月2日(月曜)プラザシティ新所沢けやき通り集会所

2月3日(火曜)にオープンするコミュニティサロン「ぐりーんぽけっと」のオープン式典が開催されました。
「地域サロン」という名前でも知られる、地域に開かれた「交流の場」で、市内には11の場が整備されています。
これらの整備には、市が窓口となり、「埼玉県高齢者と地域のつながり再生事業費補助金」が活用されています。

「ぐりーんぽけっと」は自治会、事業者(都市再生機構)、市の3者が手を取り合って大規模に整備されたことやサロン内にカフェが設置されていることが特徴です。
団地にお住まいのかただけでなく、どなたでも利用することができます。
サロン内は靴を脱ぐ必要がなく、玄関とは別の入口から車いすで入ることも可能です。

式典では、「地域交流」「世代間交流」を進め、高齢者が安心して暮らす拠点にしていきたいという思いが語られました。
カフェのホールスタッフとして、近隣の「秋草学園」の学生が活躍する予定で、色々な形の「交流」が期待されます。

市内には気軽に立ち寄れる「地域サロン」がたくさんあります。
ぜひ利用してみてはいかがですか?
(広報ところざわ平成26年9月号で地域サロンをご紹介しています)

ぐりーんぽけっと

プラザシティ新所沢けやき通り集会所内
火曜・木曜・金曜(祝日含む)の午前11時から午後3時まで営業

野老澤雛物語(その2)「まちぞう手作り教室」

平成27年2月2日(月曜)野老澤町造商店(まちぞう)

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語」。
「まちぞう」では江戸時代までさかのぼる雛人形の展示のほか、手作り教室を開催しています。

  • 「タオ書画」で福を呼び込む「つるしびな」
  • 「桜」の手まり
  • つるしかざり「おしどり袋」
  • 古布で作るミニお雛様

2月2日は初回の「古布で作るミニお雛様」教室。
5人の参加者がわきあいあいと、お雛様作りを楽しんでいました。
完成したお雛様を飾って、ご自宅でも楽しむことができますね!
気になる手作り教室に申し込んでみてはいかがでしょうか?

野老澤町造商店(まちぞう)

所沢市元町21番18号
電話:04-2928-1453
午前10時から午後6時(木曜定休)
手作り教室の詳細は「まちぞうホームページ」をご覧ください

野老澤雛物語ところさわひなものがたり(その1)「国策雛」

平成27年2月2日(月曜)茶肆さし 井筒園

2月1日から3月8日まで行われる「野老澤雛物語」。
雛祭りに関係する様々な企画が開催されますので、その内容を随時ご紹介します。

野老ところ深むし茶」を販売している「井筒園」では、大変珍しい昭和19年の「国策雛」を展示しています。
2代目御主人の妹さんが生まれた際に購入されたものですが、戦時中のため「ぜいたく品」は禁止されていました。
このため、国が許可する「国策雛」が作られたそうです。
おそらく土製という雛の1体1体に「日本玩具統制協会」の査定証が貼られ、当時の様子をうかがい知ることができます。

雛は店頭に展示され、3月8日(日曜)までの全日、午前9時から午後7時までご覧いただけます。
お茶の香りが広がる店内では、濃くておいしい「深むし茶」をいただくことができます。
雛を見学しながら、お茶を片手に、ほっとひと息ついてみませんか?

茶肆 井筒園

所沢市有楽町3-10
 (茶肆とは、「お茶を売る店」という意味です)

第20回武道祭

平成27年2月1日(日曜)市民武道館

剣道、合気道、空手道、柔道、太極拳、杖道、弓道と7種の武道が一堂に会し、演武や型、組手などが披露されました。試合とは違った形で日ごろ鍛錬した成果を発揮し、武道の力強さと流麗さで観客を魅了しました。
演武の後には無料体験教室が開催され、観客はそれぞれ興味のある各種武道の基礎を学びました。

撮影:市民カメラマン・白須 信一

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る