このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

4月の出来事

更新日:2018年7月11日

マチエコ大使に上田マリノさんが委嘱されました!

平成27年4月27日(月曜)市長応接室

このたび、所沢市在住でモデル、デザイナーとして活躍されている上田マリノさんをマチエコ大使に委嘱し、交付式が行われました。
マチエコ大使とは、マチごとエコタウン所沢構想の普及やエコへの取り組みをさらに進めるため、各種イベントなどを中心に普及活動に取り組んでいただく方のことで、上田さんが第一号のマチエコ大使となります。
上田さんは藤本市長から委嘱状を交付され、「市民の皆さんがなにかひとつエコテーマを持ち、取り組んでもらえるようなアプローチをさせていただきたいです」と語ってくれました。

上田さんはエコ大使としてさっそく5月1日(金曜)からリサイクルふれあい館で開催されるエコロまつりに参加されます。ぜひ、エコロまつりでマチエコ大使・上田マリノさんにお会いしましょう!

◆第13回 エコロまつり『3days(スリーディズ)』
5月1日(金曜)から3日(祝日)の3日間開催!

とこスタまちあるき!

平成27年4月25日(土曜)クロスケの家ほか

所沢市景観市民活動クラブが定期的に開催している「とことこスタイルまちあるき(とこスタまちあるき)」。
今回は小手指駅からバスに乗り、クロスケの家へ。
隣接する茶園「和田園」で、所沢が誇る狭山茶の茶摘みを行ったあとは、珍しい「手もみ茶作り」を体験。
普段できない体験に、参加者は顔をほころばせていました。
早稲田大学で昼食をとったあとは、中氷川神社・金仙寺こんせんじ比良ひらの丘をめぐり、所沢の素晴らしい景観を楽しみました。
最後に完成したお茶を受け取り、自宅でも新茶が楽しめる大満足の行程でした。

ヤマツツジが見ごろを迎えています!

平成27年4月24日(金曜)せせらぎの緑地(久米)

花とみどりのオアシスづくり推進事業の一つである「せせらぎの緑地」では、ヤマツツジが見ごろを迎えています。
ベンチや手洗い場なども完備され、地域の憩いの場となっているこの緑地は、「鳩峯みどりのパトロール会」がボランティア活動として管理し、近隣のわかたけ鳩峯保育園などとも協力しながら、1年中花が観賞できるようになっています。現在は、ヤマツツジと園児たちが植えたチューリップがきれいに咲いています。

一面黄色!菜の花畑

平成27年4月24日(金曜)リサイクルふれあい館エコロ

リサイクルふれあい館前では、一面に黄色い菜の花が咲いています。
5月1日(金曜)から3日(祝日)まで、第13回「エコロまつり『3days(スリーディズ)』」が開催されますので、キレイに咲いている菜の花畑もあわせてご覧ください。

第13回「エコロまつり『3days(スリーディズ)』」についてはこちらをご覧ください

景観まちづくり展示会を開催しています

平成27年4月20日(月曜)市役所1階市民ホール

春をテーマとした「春を感じる景観まちづくり」展示会が、4月24日(金曜)まで開催しています。
景観市民活動クラブの各団体によるパネル展示や、トコガーデナーの方々が作成した花の寄せ植え、とことこ景観資源等の写真展示を行っています。
市役所にお越しの際は、ぜひご覧になってください。

埼玉ブロンコスホーム最終戦&観光大使委嘱状交付式

平成27年4月19日(日曜)所沢市民体育館

シーズン中は苦戦した埼玉ブロンコス(バスケットボール)でしたが、前日の土曜日は見事に勝利。
ホーム最終戦のこの日も勝利を期待する雰囲気が会場内に広がっていました。
前半はブロンコスリードで始まり、同点でハーフタイムを迎えます。

ハーフタイムには所沢市出身のアーティスト「JAY'S GARDENじぇいずがーでん」がライブを行い、トコろんソングの「toko toko とことこトコろん!」も披露。
トコろんのほか、ブロンコスマスコットのキズナくん・ツナグちゃんも軽快なダンスを見せてくれました。

後半で逆転を許し、74対108で負けてしまいましたが、選手は最後まで全力プレーを見せてくれました。
試合後はブロンコスに引き続き観光大使をお願いする「委嘱状交付式」が行われました。
撮影:市民カメラマン 中村 仁

第30回小手指ハナミズキまつり

平成27年4月19日(日曜)小手指ハナミズキ通り

節目の30回を迎えた小手指ハナミズキまつりが、4月18日・19日の2日間にわたって開催されました。
通りには鮮やかなハナミズキが咲き誇り、屋台村やフリーマーケットは大勢の人でにぎわっていました。
ステージでは和太鼓などの演奏のほか、よさこいなどのダンスも。
ハッピを着た子どもたちが、元気に「子供みこし」を担ぎ、消防団のブースでは消火器体験なども楽しめました。
撮影:市民カメラマン 滝島 利男

埼玉ブロンコスホーム最終戦PRイベント

平成27年4月14日(火曜)市役所1階市民ホール

所沢市に本拠地を置くプロバスケットボールチーム「埼玉ブロンコス」のホーム最終戦をより一層盛り上げるPRイベントが市役所1階市民ホールで行われました。

イベントには埼玉ブロンコスの伊戸重樹選手、桝本純也選手、ゲイリージョンソン選手、大塚俊選手、ゼネラルマネージャー成田俊彦さん、埼玉ブロンコスイメージキャラクターのキズナくんが登場!

代表して伊戸選手が「試合を見に来てくださる方々に夢や感動を与えられるようなプレーを一生懸命行っていますので、ぜひその姿を見に来てください!」と抱負を語ってくれました。

その後は、4選手によるドリブルやスリーポイント対決、普段はなかなかお目にかかれないダンクシュートなどプロの技を披露してくれ、会場は大盛り上がり!

会場には藤本市長とトコろんも応援に駆けつけてくれました。

ホーム最終戦は、今週末の

4月18日(土曜)午後6時試合開始
4月19日(日曜)午後2時試合開始

ともに所沢市民体育館にて開催されます。

19日の試合終了後には埼玉ブロンコスの所沢市観光大使委嘱式も行われます。

ぜひホーム最終戦を見に行って埼玉ブロンコスを盛り上げましょう!

埼玉ブロンコスについてはこちらをチェック!

金仙寺こんせんじ桜まつり

平成27年4月5日(日曜)金仙寺

しだれ桜で有名な金仙寺で、恒例の桜まつりが催されました。
小雨まじりの天気ながら、護摩ごま法要には多くの人が集まりました。

特設会場では「兄弟津軽三味線の演奏」や「ワンワン大サーカス」が行われ、会場は笑顔に包まれました。

撮影:市民カメラマン 三平 資郎

第30回市民文化フェア!

平成27年4月4日(土曜)所沢航空記念公園

節目の30回を迎えた「市民文化フェア」。
天気が心配されましたが、満開の桜が咲き誇る所沢航空記念公園に大勢のかたが集まりました。
「文化」と「航空発祥」がテーマで、航空発祥記念館・格納庫の特別公開や「飛行機のぼり」の作成など、飛行機にちなんだイベントが楽しめました。

初披露となった「トコろん音頭」は、すぐに踊れる分かりやすい振付け。
幅広い年代のかたが飛び入りで輪になり、楽しそうに踊っていました。
撮影:市民カメラマン 伊藤 磨紀子

まちぞうお話会「黎明期の日本航空界と所沢飛行場」

平成27年4月4日(土曜)野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん(まちぞう)

野老澤町造商店では4月企画「所沢飛行場物語」が4月21日(火曜)まで開催されています。
企画展示に合わせ、航空ジャーナリスト・村岡 正明氏をお招きして、特別なお話会が開かれました。

所沢は日本初の飛行場ができた「航空発祥の地」です。
しかし、日本初であったからこそ当時の航空分野に対する理解は薄く、航空界は苦労を重ねながら発展していったといいます。
先進国であったヨーロッパに比べると、国がつける予算は100分の1以下。
今ではステータスともいえるパイロットも、空の曲芸師程度にしか見られなかったそうです。

そんな中、所沢町民は航空界を理解し、支えました。
「日本の航空技術の発展は所沢が支えた」と聞いて、現在、所沢に生きる皆さんはどのように感じられるでしょうか?

所沢に空港はありませんが、飛行機のルーツがあります。
まちぞうの企画展示に、足を運んでみませんか?

ライト・イット・アップ・ブルー点灯式

平成27年4月2日(木曜)航空公園駅前広場

「世界自閉症啓発デー」の夜は、世界中で名所などを青色にライトアップする「ライト・イット・アップ・ブルー」点灯式が行われます。
「航空発祥の地」である所沢市では、航空公園駅前の飛行機(YS-11)をライトアップしました。
600個にのぼる子どもたちの手作り行灯が、夕闇の中に美しいパズルのピースを浮かび上がらせていました。
寒さが残る中、市内の大学生を中心とした有志が熱いダンスや演奏を披露し、イベントに華を添えました。

撮影:市民カメラマン・平出 敏夫

4月2日は、「世界自閉症啓発デー」です!

平成27年4月2日(木曜) 市役所1階市民ホール

4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。さらに、日本では、4月2日から8日までを「発達障害啓発週間」と定めており、発達障害に対する理解促進を図るため様々な啓発活動を行っています。
そこで、市では、4月2日から8日まで、市役所1階市民ホールで、発達障害の支援に関わる福祉や教育、就労などの行政機関や民間団体が、支援の内容や情報などをパネルなどで紹介する啓発展示会を開催しています。
また、4月2日の夜は、世界自閉症啓発デーに関連したイベントとして、世界の各所旧跡を「癒し」や「希望」などを表す青色(ブルー)でライトアップする「ライト・イット・アップ・ブルー」の活動が行われます。
所沢市においては、ライト・イット・アップ・ブルー所沢実行委員会により、航空公園駅東口に展示されているYS‐11機がブルーにライトアップされます(点灯時間:午後6時~9時)。ブルーにライトアップされたYS‐11機もぜひ、ご覧ください!

東川桜並木ライトアップ

平成27年4月1日(水曜)東川

春の風物詩としてすっかり定着した東川沿いの桜並木ライトアップ。
満開の桜がやわらかい光に包まれ、幻想的な風景を作り上げていました。
訪れた見物客は、思い思いにシャッターを切っていました。
撮影:市民カメラマン 遠井 洋子

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る