このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

7月の出来事

更新日:2015年7月31日

わんぱく相撲全国大会出場報告

平成27年7月30日(木曜) 市役所3階市長応接室

 8月2日(日曜)に両国国技館で行われる『第31回わんぱく相撲全国大会』に出場する中島泉海君(美原小6年)、鈴木覇都君(上新井小5年)が市長を訪問しました。
 中島君と鈴木君は、6月14日に所沢市民体育館で行われた「第36回ちびっこフェスティバル わんぱく相撲大会 所沢場所」で優勝し、6月28日に草加市で行われた「埼玉ブロック地区大会」で準優勝の成績を収め見事全国大会の切符を手にしました。
 藤本市長からは「暑い日が続きますが、睡眠不足にならないように早く寝て体調管理をしっかりとして頑張ってください」と激励の言葉をいただきました。

市長との記念写真
左から藤本市長。身長165センチメートル体重100キログラムの中島君はベスト8が目標。143センチメートル52キログラムの鈴木君は優勝を目指します。

第6回ところざわ星空フェスティバル

平成27年7月25日(土曜)生涯学習推進センター

星空・宇宙を楽しめる、ところざわ星空フェスティバルが今年も開催されました。複数台の望遠鏡を使って行った天体観察では、月のクレーターがくっきり!他にも、絵本コーナーや宇宙服体験コーナーなど多数の企画があり、子どもから大人まで夏の星空を満喫しているようでした。
撮影:市民カメラマン・佐藤清一郎

林神社天王様

平成27年7月25日(土曜)林神社、八雲神社他

7月第4土曜・日曜日に行われる林神社の天王様が今年も行われました。このお祭りは、疫病除けを祈願したもので、担ぎ手が白装束で統一しているのが特徴です。今年は45人の氏子当番の中から選ばれた12人の青年が、林神社から八雲神社まで神輿を担ぎました。山車や囃子もあり、多くの人でお祭りはにぎわいました。
撮影:市民カメラマン・三平 資郎

第8回市長のこんにちは訪問

平成27年7月24日(金曜) 株式会社ONおん-ARTあーと

市長が、市内で率先した活動を行っている市民団体や先進的な取り組みを行っている事業所等の現場を訪問し、直接市民の皆さんと意見交換を行う『市長の“こんにちは訪問”』。
第8回目は、独自の技術で、リアルな「動く恐竜」を製作し、恐竜体験イベント「DINOでぃの-A-LIVEらいぶ」を各地で展開し、話題を呼んでいる、市内糀谷にスタジオを構える株式会社ONおん-ARTあーとを訪問しました。
実際に「動く恐竜」の実演を生で体験させていただき、同社の優れた技術を実感しました。
間近で見る「動く恐竜」は、本当に怖くて、食べられるかと思いました!

夏休み小学生とみおかキッズ☆チャレンジ

平27年7月24日(金曜)富岡まちづくりセンター

大人気の夏休みイベント『小学生 とみおかキッズ☆チャレンジ』の1回目「アクセサリーづくり」が開催されました。
今回は小学生32人が、ワイヤーとビーズの「お人形キーホルダー」と、シリコンバンドの「ブレスレット」の2種類のアクセサリー作りにチャレンジしました。
母子愛育班のみなさんのご協力のもと、子どもたちはあっという間に作品を作り上げていました。
シリコンバンドの「ブレスレット」は小学生の女の子たちに人気のアクセサリーで、バンドを2重にして編んだりいろいろなアレンジをして、オリジナルのブレスレットを作る子どもたちもいました。

海外都市学生交流事業派遣学生出発報告式

平成27年7月24日(金曜)市役所3階市長応接室

市内在住の高校生6名が、所沢市の姉妹都市であるイリノイ州ディケイター市(アメリカ)へ派遣されます。
ディケイター市との姉妹都市締結は約50年前(昭和41年)で、長きに渡り交流を深めています。
派遣学生の募集には21名の応募があり、そのうち6名が選考されました。
学生は7月29日(水曜)から8月12日(水曜)の日程で派遣され、現地では13泊のホームステイを予定しています。
出発報告式では学生の志望動機や意気込みを報告してもらったほか、ディケイター市長等に贈る記念品の授受、藤本市長がニューヨークに滞在していたときの話などもあり、終始和やかなムードでした。
藤本市長から学生に「東日本大震災の際、義援金をいただいた感謝の気持ちと共に、まだ復興の途上であることもあわせて伝えてほしい」との要望がありました。
そして、体や安全面に気をつけたうえで、「チャレンジの気持ちで臨んでください」と激励がありました。

「写真甲子園2015」本戦出場の埼玉県立芸術総合高等学校写真部生徒による市長訪問

平成27年7月24日(金曜)市役所3階市長応接室

高校生の写真の全国大会となる「写真甲子園2015」に2年連続2回目の出場を果たす、埼玉県立芸術総合高等学校の写真部の生徒たちが市長に出場報告をしました。生徒たちは、大会出場への抱負を述べ、北関東ブロック59校の中から勝ち進んだ作品を紹介しました。市長は、8月4日(火曜)から7日(金曜)の4日間、北海道東川町で行われる本戦で、生徒全員が力を十分に発揮してこられるよう、エールを送りました。
出場者
3年 小野 実莉さん、石川 実穂さん、高野 恵さん

群馬県嬬恋村から熊川村長等が表敬訪問

平成27年7月24日(金曜)市役所3階市長応接室

日本一のキャベツの産地とも言われる群馬県嬬恋村の熊川村長ご一行が所沢市を表敬訪問されました。
採れたてのみずみずしいキャベツを手に、嬬恋村の魅力をPRしました。


熊川村長(左から2人目)と職員の方々

給食センターで「親子料理教室」が開催されました

平成27年7月23日(木曜)第3学校給食センター

普段見ることのできない給食センター内の施設見学や実際に使っている調理道具や機械を使った調理体験を通して、学校給食への理解を深めてもらうことを目的に「親子料理教室」を開催しました。
子どもたちは、料理に使う野菜の下ごしらえや、揚げ物に衣をつけたり、カレールーをまぜたり、大釜のかくはん体験や施設見学をしながら、約2時間半ほどをかけて給食を完成させました。
みんなで一生懸命作った給食はとてもおいしく、おかわりをする子どももいました。
また、調理員と一緒に料理をする体験を通して、給食がどのようにして作られ自分たちのもとへ運ばれてくるかを知り、食の大切さも学ぶことができました。

メニュー:カレーライス、手作りハムカツ、枝豆サラダ、フルーツポンチ
参加者数:109人(22,23日2日間)

平成27年7月22日(水曜)第1学校給食センター

第1学校給食センターでは、7月22日(水曜)に親子料理教室が開催され、61人の親子が参加しました。
メニュー:手打ちうどん、天ぷら、きゅうりのさっぱり漬け、デザート

第39回高齢者演芸大会

平成27年7月23日(木曜) 市民文化センターミューズマーキーホール

演芸を通じて高齢者福祉を向上させるための「高齢者演芸大会」が今年も開催されました。民踊、ダンス、楽器演奏など日ごろの活動の成果を発表する同大会には、毎年多くの高齢者が参加し、交流を深めています。
フランダンスや安来節やすきぶし(どじょうすくい)をはじめ、さまざまな演芸が披露され、観客からは大きな拍手が送られていました。

デフバスケットボール日本代表竹本選手市長訪問

平成27年7月23日(木曜) 市役所3階市長応接室

 7月4日から12日までの9日間台湾で開催されたデフバスケットボールの世界選手権に日本代表として出場した竹本圭佑選手が大会の結果報告に市長を訪問しました。
 竹本選手は「日本チームの結果は13位中12位でした。結果が全てですが、メンバーが入れ替わり始めての国際試合で内容的には良いゲームができました」と大会を振り返りました。「10月には2017年デフリンピックの予選が台湾であります。次回は良い報告ができるように頑張ります」と市長に誓いました。
 市長からは「予選のときは、私は選挙中で応援に行けませんが、お互い頑張り、またここで再会しましょう」とエールを送りました。

デフバスケットボール

 「デフ(DEAF)」は「ろう者(聴覚障害者)」の意味で、聴覚が不自由な方が競技するバスケットボールのことです。試合中は補聴器の装用を禁止しているため、全て視覚情報のみでプレイします。

所沢市4Hクラブ夏の農産物発表会

平成27年7月21日(火曜) 市役所1階市民ホール

市内の若手農業後継者で組織されている「所沢市4Hクラブ(会長:天田晴久さん)」が、自慢の農産物を展示・頒布する「夏の農産物発表会」が開催されました。とうもろこしなどの夏野菜をはじめ、かぼちゃやじゃがいもなどおいしそうな野菜がならび、来庁者が野菜の特長などを聞きながら、思い思いに野菜を購入していきました。

所沢市観光大使のオードリー・春日俊彰さんのメダル獲得報告会!

平成27年7月20日(月曜)市役所正面玄関前西口広場

お笑い芸人として活躍されているオードリーの春日俊彰さんが、足ひれ着用の競泳「フィンスイミング」で日本代表選手としてリレー部門で銅メダルを獲得したことを、故郷・所沢市の皆さんに直接報告をする会が開催されました。春日さんの出身校である明峰小学校の児童も駆けつけ、会場に集まった1000人の人々が春日さんのメダル獲得を盛大にお祝いしました。春日さんは「皆さんの応援のおかげです。次回はもっと大きな賞を獲って所沢へ帰ってきます。ありがトゥース!」と挨拶されました。お笑い界だけでなく、多岐にわたって活躍されている春日さんをこれからも応援していきましょう!
撮影:市民カメラマン・中村 仁

第7回野老澤行灯廊火ところさわあんどんろうか

平成27年7月18日(土曜)元町コミュニティ広場ほか

すっかり夏の風物詩として定着した野老澤行灯廊火が今年も行われました。
前年は豪雨に見舞われ、点灯前に行灯を片付けなくてはなりませんでしたが、今年は100個の行灯が夜を彩りました。
長蛇の列ができた「きもだめし」や各所で行われたミニライブ、浴衣&おばけパレードの練り歩きが街をにぎわせました。
撮影:市民カメラマン・遠井 洋子

親子キックベース・ラケットテニス

平成27年7月18日(土曜)市民体育館

「親子キックベース・ラケットテニス」に100人を超える参加者が集まり、にぎわいました。
ウォーミングアップの後、それぞれの競技の講習を受け、最後に実際にゲームを楽しみました。
全力プレーの数々に、会場は大きな歓声に包まれました。
撮影:市民カメラマン・津田 資雄

夏祭り!トコろん音頭!

平成27年7月18日(土曜)県立所沢特別支援学校

毎年恒例の所沢特別支援学校夏祭り。
駐車場がいっぱいになり、廊下ですれ違うのも大変なくらい大勢の人が詰めかけました。
輪投げやバスケットボールなどのゲームや、焼き団子やフランクフルトの販売、暑い日にぴったりのかき氷もあり、笑顔があふれていました。

体育館はバンド演奏などのステージ発表で大盛り上がり。
中でも、曲ができてから夏祭りでは初披露となる「トコろん音頭」が流れると会場には大きな踊りの輪ができました。
踊りの先生、歌い手のお二人も登場し、楽しく踊ることができました。

所沢リトルリーグ花岡選手 市長表敬訪問

平成27年7月16日(木曜) 市役所3階市長応接室

7月24日から台湾の台南で開催される「第3回WBSC U-12 ベースボールワールドカップ」に日本代表として出場する花岡秀太選手が市長に出場を報告しました。
所沢リトルリーグに所属する花岡選手は、打撃力に定評がある捕手で、打順は主軸である3番。春に行われた選考会で、打撃と強肩が評価され、代表入りしました。
出場国は、アメリカ、キューバ、韓国など強豪国がずらりと並びますが、「相手国のピッチャーのすごい速球を打ち返したい。」と力強く抱負を語ってくれました。野球経験者である市長は、野球談義に花を咲かせながら「しっかり、がんばってね」とエールを送りました。

市長と花岡選手の記念撮影

中学生海外文化交流派遣事業 派遣団壮行会

平成27年7月16日(木曜) 市役所3階全員協議会室

平成27年度所沢市中学生海外文化交流派遣事業の派遣団壮行会が行われました。
保護者の方々も見守る中、藤本市長や桑畠議長、大岩教育委員長から激励のあいさつがあり、派遣中学生を代表して向陽中学校の佐藤 碧さんが、意気込みを語りました。
30名の派遣中学生たちは、7月21日から3泊5日の日程でシンガポールに向かい、シンガポール日本人学校中学部の体験授業や、現地中学生との交流体験プログラムのほか、5班に分かれて語学研修などを体験します。

どんぐりトトロづくり

平成27年7月11日(土曜)クロスケの家

国の登録有形文化財である「旧和田家住宅(クロスケの家)製茶工場」で、公益財団法人トトロのふるさと基金による「どんぐりトトロづくり」講座が開かれました。
猛暑の中、会場には製茶工場の扇風機が設置され、涼を運んでいました。
幅広い年代の参加者はそれぞれのペースで作品を作り、できあがった「世界でたった1つの手作りトトロ」を笑顔で持ち帰りました。

撮影:市民カメラマン ・佐藤 清一郎

平和の語り部活動

平成27年7月9日(木曜)宮前小学校

宮前小学校の4年生が「戦争体験から学ぶ平和と命の大切さ」と題した特別授業を受けました。
これは、市の平和推進事業「平和の語り部」で、講師は活動を始めて10年になる杉本孝一郎さんです。
児童は杉本さんの実体験を真剣な顔で聴き、質問タイムには次々と手が上がっていました。

最後に担任の先生から「今はお腹が空いたらちゃんとご飯が食べられる。平和であることに感謝しなきゃいけないよ」とまとめがありました。
この日の給食は、いつもと少し違う味がしたかもしれません。

第24回ハワイアンフェスティバル

平成27年7月5日(日曜)吾妻まちづくりセンター

4組のハワイアンバンドがステージを彩り、爽やかな歌・演奏・ダンスを披露しました。
最後に登場したのは所沢を中心にする「レイ・アロハ・ハワイアンズ」。
応援にも多くの人が訪れ、満員の会場は大きくにぎわいました。

撮影:市民カメラマン ・浅見 司郎

市庁舎市民ホール七夕飾り

平成27年7月1日(水曜)市役所1階市民ホール

並木保育園さくら組(年長)20人と藤本市長が約5メートルの竹2本に七夕の飾りつけを行いました。
「おはなやさんになりたい」「うんてんしゅさんになりたい」というかわいい願い事とともに、園児の描いた絵や折り紙細工などがかざりつけられ、きれいな七夕飾りとなりました。
市庁舎敷地内の竹を使用するこのイベントは、今年で14回目を迎え、7月の風物詩となっています。短冊の記載コーナーを設置し、7月7日(火曜)まで展示していますので、ぜひお越しください。

園児と市長の集合写真
願い事がかないますように

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る