このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

11月の出来事

更新日:2016年12月6日

向陽中学校1年生の社会体験チャレンジを取材しました

平成28年11月30日(水曜) 所沢市民文化センターミューズ

向陽中学校では、1年生の時に、社会体験チャレンジという、自分の選んだ職場で職業体験を行う体験学習を行っています。
そこで私たちは、所沢市役所広報課を選びました。
広報課では、様々なところに取材に行っているため、私たちも取材に行きました。
所沢市民文化センターミューズを社会体験チャレンジに選んだ、向陽中学校1年生の稲場さん、増澤さんの取材をしてきました。
仕事内容は、朝の仕事としてコンサートの企画のため、新聞などから世界中のお芝居や音楽など、芸術関係の記事を調べ、職場の人が読みやすいようにステープラでまとめていました。職場の方は15分ほどで終わらせてしまうそうです。
次の仕事は、プリントを綴じる仕事でした。増澤さんは、スム―ズに仕事が進んでいましたが、稲場さんは、結構苦労していました。2人とも「紙をきれいに合わせるのが大変」と言っていました。
なぜ、社会体験チャレンジの職場をミューズに選んだのかと聞くと、「音楽が好きだから」と答えていました。
社会体験チャレンジで学んだ事を、将来活かしていきたいと思います。

※この記事は、社会体験チャレンジとして、市役所広報課の業務を体験学習している向陽中学校1年生の生徒が原文を作成し、広報課で編集しました。なお、写真は向陽中学校1年生の生徒が撮影したものです。

水萌みなもみずさんに所沢市マチエコ大使を委嘱しました

平成28年11月29日(火曜)市長応接室

水萌さんの写真

日本大学芸術学部在学中で、アイドルとして活躍中の水萌みずさんが、上田マリノさんに続き、2人目の所沢市マチエコ大使となりました。
水萌さんは平成26年から、47都道府県天下統一アイドルグループBANZAI JAPANばんざい じゃぱんに加入。平成27年の市民文化フェアや所沢タワーまつり、野老澤行灯廊火ところさわあんどんろうか、所澤神明社七夕祭奉納コンサートに出演してきました。また、GAKUSEIBU所沢駅イメージモデルも務めています。
水萌さんには、アイドル活動を通じることで、マチごとエコタウン所沢構想の実現を、若い世代に向けて、共に考え、共に行動するよう強くアピールしていただくことが期待されます。委嘱式の中で水萌さんは、「自然が豊かな所沢の良さを伸ばすために、エコタウン所沢をPRしていきたい」と抱負を語りました。

地域猫対策パネル展

平成28年11月29日(火曜)市役所1階市民ホール

地域猫とは、不妊去勢手術を施され、飼い主を持たずに地域ぐるみで飼育・管理される猫のことです。
地域に住みついた野良猫がもたらす糞害やゴミ荒らし、夜中の泣き声などの問題を解決するためにはどんな取組みが必要なのか。より多くの方に地域猫のことを知ってもらうため、11月29日・30日の2日間、パネル展示が行われました。
野良猫を地域猫にすることで、多くの問題が解決できます。そのためには、地域住民や捕獲ボランティアなど多くの方の理解と協力が欠かせません。皆さんも地域猫のこと、ぜひ考えてみてください!

糀谷八幡湿地で収穫祭!

平成28年11月27日(日曜)糀谷八幡湿地

三ケ島小学校5年生の子どもたちが、三ヶ島地区の糀谷八幡湿地で、収穫祭として餅つき体験をしました。
糀谷八幡湿地保存会の皆さんが準備してくださったきねうすを使って、重い杵を一生懸命担いで、代わる代わるペッタンペッタン!
お母さん方の手で味付けされた、つきたてのやわらか~いお餅をみんなでおいしくいただきました。

主催

糀谷八幡湿地保存会

所沢にも田んぼがあることをご存知ですか?

保存会は、自然の恵みを肌で感じてもらおうと、平成19年から三ケ島小学校5年生の田植え・稲刈り・脱穀・収穫祭と、一年を通じた体験学習をサポートしています。

狭山丘陵の糀谷八幡湿地保全活動は、特に所沢らしい良好な景観(建築物、樹木、市民活動など)に資するものとして、「平成28年度とことこ景観賞」を受賞しました!

もったいないから生まれる幸せ!エコロ市

平成28年11月27日(日曜)リサイクルふれあい館エコロ

今回の目玉のコートフェアをはじめ、和服市、バッグ・小物市など、どのコーナーも人であふれかえるほどの人気っぷり!
子ども向けコーナーでは、プラ板ストラップ作りが人気で、手のひらサイズの透明なプラスチック板に絵を描き、オリジナルのストラップを作りました。
無料配布の焼き芋は、焼きあがるとあっという間になくなる盛況ぶりで、子どもから大人までエコロ市を楽しんでいました♪
撮影:市民カメラマン・津田資雄

所沢駅のイルミネーションが点灯!

平成28年11月26日(土曜)所沢駅西口周辺

今年も所沢駅のイルミネーションが輝きます。
駅前広場のほか、ワルツ2階に続くペデストリアンデッキ、プロぺ通りのアーチに約13万球が点灯します。
この日の点灯式には、埼玉西武ライオンズから玉村選手・山田選手が参加しました。

点灯期間は、11月26日(土曜)から2月14日(火曜)まで。

ぜひ、足を運んでみてください。

通勤・通学やお出掛けの際はご注意ください!

平成28年11月24日(木曜) 庁舎周辺・所沢航空記念公園

11月24日午前10時現在、所沢市でも大雪・着雪注意報が発令されています。お昼過ぎまでに、5cmの積雪が予想されていますので、通勤・通学、お出掛けの際は、足元にご注意ください。交通量が少ない通りや、歩道の端にはシャーベット状の雪が積もっているところもあります。
不要不急の外出はなるべく避け、やむをえない場合の外出も、滑りにくい靴や車のタイヤチェーンの装着など、しっかりと対策をして、事故やけがにご注意ください。

市民劇団・銀杏いちょうの会 ミュージカル小公子しょうこうし

平成28年11月23日(祝日)市民文化センターミューズ・中ホール

市民劇団・銀杏の会が毎年行っている無料公演が、今年も盛大に開催されました。
今回はバーネット夫人の「小公子」を題材に、歌やダンス、ボディパーカッションなどを交えた圧巻のステージ。
途中にトコろんが特別出演するというにくい演出も!
最後は観客席まで演者が飛び出し、観客を魅了しました。
来年は11月26日(日曜)に同じミューズ・中ホールでの公演が決まっています。
出演者を募集中とのこと。興味がある方は、ぜひ劇団にお問い合わせを!

平成28年度「税の作文」表彰式・朗読会

平成28年11月22日(火曜)西武所沢店

所沢市租税教育推進協議会と納税貯蓄組合が共同開催する「税の作文」表彰式及び朗読会が西武所沢店の8階、ワルツホール所沢で行われました。
「税の作文」は、租税教育の一環として、市内の市立中学生・県立高校生を対象に募集し、今年は627点の応募がありました。受賞した生徒たちは、誇らしげに賞状を受け取り、意見交換では、堂々と自らの考えを述べていました。
今回表彰された入賞作品などについてはこちらをどうぞ。

落ち葉掃きボランティア活動

平成28年11月22日(火曜)市役所周辺

職員ボランティアによる、落ち葉掃きが行われました。超親切な市役所づくりの一環として始まったこの活動も、今年で5年目を迎えます。
この日、市役所周辺の歩道は、前日の雨にぬれた落ち葉で敷き詰められていました。午前7時20分から1時間ほどで、約6.8トンの落ち葉を掃き集めました。

2016リオオリンピック競技大会特別顕彰贈呈式

平成28年11月21日(月曜) 市役所1階市民ホール

市民に大きな夢と希望を与える顕著な功績のあったかたに対し贈られる、特別顕彰。リオオリンピック・パラリンピックに出場された所沢市ゆかりの選手への贈呈第3弾は、競泳の瀬戸 大也だいや 選手と坂井 聖人まさと 選手。400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸選手、200メートルバタフライで銀メダルを獲得した坂井選手はともに早稲田大学スポーツ科学部在学中です。
二人が登場すると、一目見ようと会場に駆けつけた250名から大きな拍手がわき起こりました。市長から表彰状と楯が贈呈され、二人からは東京大会に向けた抱負が語られました。そのほか、リオでのエピソードも語られ、会場は大盛り上がり。最後は、二人が「東京大会でのメダル獲得に向け頑張っていきたい」と締めくくり、幕を閉じました。

市長と両選手の記念撮影の写真
瀬戸選手、坂井選手、おめでとうございます

日本初の動力飛行機、アンリ・ファルマンなどが入間基地で特別公開!

平成28年11月20日(日曜)入間基地・修武台記念館

所沢が公式の飛行場で日本で初めて飛行機の飛んだ地ということは知っている人も多いと思いますが、その時飛んだ飛行機をご存知ですか?
所沢飛行場での初飛行は、1911年にアンリ・ファルマン機が、高度10メートル、距離800メートルを1分20秒で飛行したのが、最初です。
入間基地・修武台記念館には、そのアンリ・ファルマン機が世界で唯一現存しています。今回、特別に1日のみ一般公開されました。
展示されているアンリ・ファルマン機は、アメリカで復元されたものですが、プロペラ・エンジン・周辺部品は実物です。胴体は展示のため本来より短くしているとのこと。実物を目にする機会はなかなかないため、参加者はカメラを片手に熱心に案内を聞いていました。
詳しい歴史は、航空発祥の地をご覧ください。
撮影:市民カメラマン・西山 元博

「女性に対する暴力をなくす運動」パープルリボンキルトの展示

平成28年11月17日(木曜) 市役所1階市民ホール

毎年、11月12日から11月25日までは、「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。男女共同参画推進センターふらっとでも、「パープルリボン運動」を中心に啓発を行っています。11月17日(木曜)・18日(金曜)は、ふらっとのサポーターの皆さんが手作りしてくれた「パープルリボンキルト」を市民ホールに展示し、来庁者にパープルリボンをキルトに貼ってもらうことで、DVなどの撲滅を呼びかけています。
ふらっとでは、女性のお悩みについて各種相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
相談の詳細は、こちら

高齢者大学公開講座が行われました

平成28年11月16日(水曜)市民文化センターミューズ

所沢市では、高齢の方を対象に高齢者大学を開校していますが、広く一般の方も聴講いただける、年に一度の高齢者大学公開講座が行われました。今年は、医学博士の中原英臣さんによる講演会『意外と知らない?病気と健康のお話』でした。
軽妙な語り口で、薬の処方のこと、健康診断の結果の見方など、身近なテーマで次から次へと、目から鱗が落ちるお話をされました。中原さんの壇上からの問いかけに、会場からも声が上がるほど活気のある公開講座となりました。

埼玉県民の日の航空公園

平成28年11月14日(月曜)所沢航空記念公園

曇り空の中にも、時折太陽が顔をのぞかせた埼玉県民の日。航空公園では、所沢航空発祥記念館が入館無料になるほか、普段は見られない航空公園駅東口ロータリー前に展示されているYS-11の内部や、航空発祥記念館隣にある格納庫が公開されました。親子連れをはじめ、多くの方が、展示や記念館内のイベントを楽しんでいました。

平成28年度所沢市技能功労者表彰式及び所沢市障害者雇用優良事業所表彰式並びに所沢市優秀建設工事等受注者表彰式

平成28年11月14日(月曜)市役所8階大会議室

技能功労者表彰式

永年にわたりすぐれた技能を通じて市民生活の向上に貢献するとともに、技能者の福祉の増進及び職業の発展に寄与した方を表彰するものです。
資格は30年以上の実務経験を有するすぐれた技能者で、現在もその職に従事し、5年以上継続して市内に居住している方です。
今年度は6名の方が受賞されました。

障害者雇用優良事業所表彰式

障害者の雇用促進と職業への定着を図るため、障害者を理解し、積極的な雇用を図った事業所を表彰するものです。
表彰の基準は、障害者の雇用の促進等に関する法律第43条に規定する障害者雇用率に達している事業所又は公共職業安定所の推薦する事業所で、積極的に障害者を採用し、特に功績顕著な事業所、障害者のために職場環境の改善に努めている事業所です。
今年度は1事業所が受賞されました。

優秀建設工事等受注者表彰式

本市が発注した建設工事又は修繕を優秀な成績で完成した受注者を表彰するものです。
表彰の対象は、請負代金額が500万円以上の建設工事等を施工した受注者で、平成27年度に完成した建設工事等の工事成績評定結果が82点以上であり、かつ平成26・27年度における受注者の工事成績評定結果が全て75点以上であることが表彰基準です。
今年度は初めての表彰であり、5社(6工事)が受賞されました。

平成28年度 所沢市表彰式および退職自治会長・町内会長感謝状贈呈式

平成28年11月13日(日曜)市役所8階大会議室

所沢市表彰

本市の政治、経済、教育、文化、社会その他各般にわたって市勢の振興に寄与した方を功労表彰し、
衆人の模範と認められる行為があった個人および団体を善行表彰する本市最高位の表彰です。
平成28年度は功労表彰66名、善行者表彰10名・9団体を表彰しました。

退職自治会長・町内会長感謝状贈呈式

自治会長・町内会長として地域振興に功労のあった方に、市より感謝の意を表し、感謝状を贈呈するものです。
今年度は、20名の方が感謝状を贈呈されました。

民生委員等の功労者表彰の皆さんとの写真
民生委員等の功労者表彰の皆さん

功労者表彰・善行者表彰の皆さんとの写真
功労者表彰・善行者表彰の皆さん

退職自治会長・町内会長の皆さんとの写真
退職自治会長・町内会長の皆さん

健康まつり

平成28年11月13日(日曜)保健センター

健康に幸せに生きるための知恵とヒントが満載!29回目を迎えた健康まつりは、開場と同時に家族連れなどたくさんの来場者でにぎわいました。
相談や試食コーナー、講演会や健康・介護の体験コーナーでは、健康に関する日頃の疑問や不安を解消。また玄関前では、手作りパンや新鮮野菜、地場産の野菜を使ったすいとんの販売やバザーなどが行われて大盛況でした。
親子で遊ぼうコーナーでは折り紙やブレスレット作り、「はいはいよちよち競争」が大盛り上がり。楽しみながら健康な体づくりに役立つ、うれしい秋の一日でした。
撮影:市民カメラマン・遠井 洋子

「秋田家住宅」秋の特別公開

平成28年11月13日(日曜)寿町・秋田家住宅

歴史的景観に寄与する建物として今年2月に国の登録有形文化財となった、寿町の秋田家住宅。登録を記念した5月の特別公開に続き、秋の特別公開が実施されました。
普段なかなか見ることができない、細部までこだわった座敷のしつらえなどを見学しようとたくさんの人が訪れ、往時の所沢商人の暮らしに思いをはせました。
撮影:市民カメラマン・須田 文富

文化芸術シンポジウム

平成28年11月12日(土曜)市民文化センターミューズ

「所沢の文化芸術における未来像を描く」。これからの所沢の文化を語り合おうと、本市の文化の殿堂「ミューズ」に多くの市民が来場されました。
第1部の基調講演では、新国立競技場をはじめ国内外で多くのプロジェクトを手掛ける建築家・隈研吾くま けんご氏が、これまで手掛けた建築物や世界の例を紹介しながら、土地の文化を深く理解し、生かすことの大切さについて講演し、また、ご自身が携わる「(仮称)ところざわサクラタウン」への思いなどを語りました。
第2部は3つの会場に分かれ、「今、ミューズに求められるものは」「『サブカルチャー』VS『メインカルチャー』」「『若者文化』VS『シニア文化』」のそれぞれについて、パネルディスカッションが行われ、活発な意見が交わされました。
撮影:市民カメラマン・滝島 利男

並木・街の音楽会

平成28年11月12日(土曜)並木まちづくりセンター

昨年8月に続き、2回目の開催。
今回は、プロスティールパン奏者・伊澤 陽一さん率いるWAIWAIわいわいSTEELすてぃーるBANDばんどと、市内在住のパーカッション奏者・石川 雅康さん率いるTALTOKAたるとかpercussionぱーかっしょんの2組が満員の観客を魅了しました。
それぞれエネルギッシュな演奏で、最前列で楽しんでいた子どもたちはリズムに乗ってピョンピョン!
観客が太鼓に合わせて手拍子をしたり、演奏に合わせて一緒に歌ったりと、会場が一体になったライブでした。

航空公園の紅葉が見ごろです

平成28年11月9日(水曜)所沢航空記念公園

東京で木枯らし1号が吹き、冬が近づいてくるのを感じます。
航空公園内の木々もすっかり紅葉し、時計塔からミューズの脇へと続くイチョウ並木が鮮やかに色づいていました。
風は冷たいですが、晴れた日中はまだポカポカと暖かいです。
秋を感じに、航空公園を散歩してみませんか?

第10回埼玉県ひょうたん展示会表彰式

平成28年11月8日(火曜)小手指市民ギャラリー エバー(東棟)

埼玉県愛瓢あいひょう会の会員による、ひょうたん展示会が開催され(11月7日から10日まで)、優れた作品の表彰が行われました。表彰式には藤本市長も出席し、「これからも皆さんの技をさらに磨いていってください」とエールを贈りました。
ひょうたんと言っても、大きさや形もまちまちで、地塗りを重ねた後、色を着け、飾り付けている作品も多く、展示会場の雰囲気は実に華やか。出品者が丹精込めて作り上げたひょうたんが、ところ狭しと並んでいました。

採れたて!農産物直売「とことこ市」

平成28年11月8日(火曜)市役所別館入り口前広場

所沢野菜や所沢野菜の漬物、狭山茶、焼きだんごなど、所沢で作られた新鮮でおいしい農産物・加工食品を販売する「とことこ市」が開催されました。
この日は気温の低い曇り空でしたが、種類豊富でお買い得な所沢野菜にお客さんはひっきりなし。「これはどうやって調理するの?」と尋ねる声や、「ここで買えてよかった」という声も聞かれました。
次回の「とことこ市」は、第3日曜日の開催。11月20日午前10時から午後2時まで(売切れ次第終了)、元町コミュニティ広場(所沢まちづくりセンター前)で行われます。時間がこれまでと変わりますのでご注意ください。

オレンジリボンキャンペーン

平成28年11月7日(月曜)市役所1階市民ホール

横断幕の写真

「さしのべて あなたのその手 いちはやく」を標語に7日(月曜)・8日(火曜)の二日間、パネル展示などの啓発キャンペーンが行われました。
児童虐待は、相談件数が全国的に増えており、誰の身近にも起こりうる問題です。児童虐待を防ぐためには、地域の一人ひとりの見守りや気づきによる早期発見が大切です。
「虐待かも」と思ったら、児童相談所全国共通ダイヤル 電話:189(いちはやく)番へご相談ください。

所沢市庁舎で避難器具訓練等を行いました

平成28年11月7日(月曜)市役所低層棟4階屋上、西口広場

災害発生時の初期対応能力を向上させるため、庁舎内避難器具訓練等を行いました。避難袋の設置の仕方、避難袋での降下の仕方などを、実際に確認しました。
西口広場には、来庁者も参加できる、煙体験ハウスや地震体験車、車椅子者及び担架搬送方法の体験コーナーが設置され、災害時にどのように対応すればよいのか改めて確認をしました。
市では、全ての職員が非常時には即座に対応できるよう、定期的に訓練等を行っています。

第46回吾妻地区文化祭

平成28年11月5日(土曜)吾妻まちづくりセンター

11月4日(金曜)・5日(土曜)・6日(日曜)の3日間にわたって、吾妻地区文化祭が開催されました。
吾妻地区文化祭実行委員会が中心となった手作りの文化祭を、地域の多くの方が楽しみました。今年は、11の町会からの積極的な参加があり、また、舞台の照明・音響などを地元の中学生が担当するなど、これまで以上に市民の方が参加し、市民が作る文化祭となりました。
吾妻まちづくりセンターは、ハワイアンフェスティバルが開催されることでも知られます。フラダンスやハワイアンミュージックのサークルをはじめ、和太鼓やギター、ダンスなどの舞台は満席状態でした。模擬店や展示も賑わいを見せ、地域の活力を感じさせる文化祭でした。

多彩なステージ、多才な展示。吾妻地区の活気があふれた文化祭でした。

第54回所沢市連合菊花展

平成28年11月1日(火曜)市役所1階市民ホール

10月30日(日曜)から11月1日(火曜)まで、所沢市文化団体連合会と所沢市菊愛好団体連合会による菊花展が行われました。
120点以上の菊の花が市民ホールを飾り、市民ホールはほのかな菊の香りに満たされました。来庁者は足を止め、見事に咲き誇った菊の美しさを楽しんでいました。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る