このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

4月の出来事

更新日:2018年7月11日

第20回ところざわ新茶まつりが開催されました

平成28年4月28日(木曜)航空公園駅東口駅前茶園、所沢市役所西口広場・1階市民ホール

所沢市の特産品でありブランドでもある「狭山茶」を市民に知っていただき、親しんでいただくために、毎年新茶まつりを開催しています。所沢市茶業協会・狭山茶所沢研究会の方々が中心となり、駅前茶園での茶摘み体験、手揉み茶体験、お茶のいれ方講演会、茶の製造機の展示などが行われました。あいにくの雨にもかかわらず、多くの方にご参加いただき、関心の高さがうかがえました。

藤森稲荷神社の藤棚

平成28年4月26日(火曜)藤森稲荷神社

小手指にある藤森稲荷神社には藤棚があります。
今年も紫色の花がいっぱいに広がり、まるでブドウの木のようでした。
蜜を求めてハチがたくさん飛んでいますので、見学する際はご注意ください。

生涯学習ボランティア人材バンクフェア

平成28年4月23日(土曜)生涯学習推進センター

知識や技術を地域の皆さんのために役立てたい方と、知識や技術を求めている方との出会いのきっかけを作る「所沢市生涯学習ボランティア人材バンク」。
制度について多くの方に知って利用してもらおうと、ライフプラン、生活、経済、経営、語学といった座学や、趣味の講座、健康体操や軽スポーツなど多彩なジャンルから登録している方々が講師となって、29の体験講座や相談ブースが開設されました。
知識や技術を役立てたい方、講師をお探しの方は、人材バンクを利用してみてはいかがでしょうか。
撮影:市民カメラマン 浅見 司郎

SATOYAMAさとやまと共に生きるEXPOえきすぽ

平成28年4月23日(土曜)三富今昔村

石坂産業株式会社が地域貢献型のテーマパークとして、所沢市と三芳町の境に作った「三富今昔村さんとめこんじゃくむら」。
敷地内には生物多様性最高ランクの森が広がります。
ここで、里山の生活や循環型社会について学びながらも、誰でも楽しめるイベント「SATOYAMAと共に生きるEXPO」が4月23日・24日の2日間にわたって開催されました。
EXPOの運営推進委員には上田県知事も名を連ね、官民が一体となって里山の魅力をPRしました。
みどりいっぱいの小道を抜けると、メインステージへ。
環境に関する講演や所沢市・マチエコ大使の上田マリノさんのライブなどが行われました。
他にも地域のグルメや森の中で昆虫を探すワークショップなど、どの世代でも楽しめる催しが盛りだくさんで、来場者の笑顔と子どものはしゃぐ声が印象的でした。

多聞院のぼたんが見ごろを迎えました

平成28年4月22日(金曜)多聞院(中富)

5月1日(日曜)の寅まつりを目前に控え、例年より早く多聞院のぼたんが見ごろを迎えました。平日でも、ぼたんを楽しもうという方が絶え間なく来ていました。寅まつり当日は、航空公園駅東口から無料巡回バスが出ますので、ぜひご利用ください。バスは多聞院のほかに、「エコロまつり」が行われる、リサイクルふれあい館にも停車します。エコロまつりは、4月30日(土曜)と5月1日(日曜)に行われます。古着・陶磁器市や和服市などのイベントが例年大人気です。多聞院の寅まつりと、エコロまつりと、両方に足を運んでみてください。

所沢市観光大使「JAY’S GARDENじぇいず がーでん」と「トコろん」による「平成28年熊本地震災害義援金」の募金活動が行われました

平成28年4月22日(金曜) 所沢駅西口ロータリー

所沢市観光大使の「JAY’S GARDEN」より、今回の「平成28年熊本地震」において、義援金の募金活動で所沢市観光大使として協力できないかとの打診を受け、所沢市イメージマスコット「トコろん」と所沢市福祉部若手職員有志と共に、募金活動に参加し、所沢市として災害復興支援をしました。
1時間ほどの街頭募金活動でしたが、多くの方が、足をとめ募金活動に賛同してくれました。
いろいろな形で支援の輪が広がっています!

所沢市マチエコ応援隊の結団式が行われました

平成28年4月22日(金曜)市役所8階大会議室

所沢市では、マチごとエコタウン所沢構想に基づき、市内にある住宅のスマートハウス化を推進しています。所沢市と機器メーカー、市内施工業者が協力して、安全・安心・低価格をモットーに、太陽光発電システム、ホームエネルギー管理システム、コージェネレーションシステムなどの創エネ・省エネ・蓄エネ機器の導入を推進しています。今回は、機器メーカー、市内施工業者を応援隊の「メンバー」として迎え、任命し、市長をはじめとするメンバー全員で、スクラムを組んでマチエコを進めるための「結団式」が行われました。

こどもと福祉の未来館 着々と工事進行中!

平成28年4月21日(木曜) こどもと福祉の未来館(泉町)

現在建設中のこどもと福祉の未来館(平成29年1月にオープン予定)は工事もだいぶ進みました。同館は、主に障害者・高齢者・3歳以下の子どもが利用する施設で、1階は地域福祉センター、2階は3歳以下の子どもが利用する「つどいの広場」、3階は事務室ができる予定です。建設現場で働く方々が、笑顔で挨拶を返してくれ、安心・安全に働いている様子でした。完成が待ち遠しいですね。

所澤神明社で春季中祭が行われました。

平成28年4月21日(木曜) 所澤神明社

所澤神明社は奈良時代にはすでにあったと考えられる由緒ある神社で、「所澤総鎮守」つまり所沢の守り神です。御神木の樫の木や、ケヤキも見事で、足を踏み入れれば、街の喧騒を離れて豊かな緑に囲まれます。春季中祭は氏子の健やかな暮らしを願う大切な祭です。今年も古式ゆかしく執り行われていました。

平成28年熊本地震災害に伴う義援金箱を設置しました

平成28年4月18日(月曜) 1階総合案内カウンター

平成28年4月14日に発生した最大震度7の熊本地震により大きな被害が発生しております。
この災害に対して、日本赤十字社に義援金受付口が設置されたことから、所沢市でも、市役所1階総合案内カウンター、市内まちづくりセンター等に義援金箱を設置し、義援金を募っています。

義援金名称  平成28年熊本地震災害義援金
設置期限   平成28年6月30日(木曜)まで (注釈)延長する場合もあります。
設置場所   市役所1階総合案内カウンター、市内まちづくりセンター等

なお、寄せられた義援金は、日本赤十字社埼玉県支部へ送金し、全額が被災県に設置された災害義援金配分委員会を通じて、被災された方々に届けられます。

義援金箱の写真
総合案内は正面入り口を入って右手にあります

「春を感じる景観まちづくり」展示会

平成28年4月18日(月曜) 1階市民ホール

18日から22日まで、春をテーマにした「春を感じる景観まちづくり」展示会を行っています。とことこガーデン、とことこ景観資源などの写真展示のほかに、お花の寄せ植え展示や景観市民活動クラブ登録団体の活動も紹介しています。
また同じ期間で、指定された「とことこ観光資源」のうち、特に所沢らしい良好な景観を表彰する「とことこ景観賞」の公開投票も行っています。市民ホールだけでなく、各地のまちづくりセンター、市ホームページでも投票ができます。皆さんの投票で、最終選考に進む10ヶ所を選定します。皆さんの投票をお待ちしています。

小手指ハナミズキまつり

平成28年4月16日(土曜)小手指ハナミズキ通り

今年も4月16日・17日の2日間にわたってハナミズキまつりが開催されました。
好天に恵まれ、大勢の親子が出店や音楽の演奏などを楽しんでいました。
その名のとおり、通りにはハナミズキが色づき、お祭りに花を添えました。
撮影:市民カメラマン 中村 仁

ところざわ川柳大会

平成28年4月16日(土曜)小手指公民館分館

所沢市川柳連盟主催の「ところざわ川柳大会」が開催されました。
今年で7回目となる大会は、過去最大の50人が参加。4つの題に対して、1人2句を投じました。
各題2人の選者が秀句を選んで詠み上げると、感嘆の声や笑いがたびたび起こり、厳かながらも和やかな雰囲気でした。

広報ところざわで、日常おもしろ川柳を募集中!

川柳を学んでいる方も、初めてという方も、五・七・五のリズムに乗せて、日々の出来事を詠んでみませんか?

地域安全活動街頭キャンペーン

平成28年4月15日(金曜) 所沢駅西口前

4月16日から22日は、埼玉県が定める「地域安全活動推進週間」です。所沢市では、所沢市防犯協会をはじめとする多くの防犯協力団体が、所沢警察署と協同で「地域安全活動街頭キャンペーン」を所沢駅前で実施しました。
ひったくり防止用のかごカバーや振り込め詐欺注意を呼びかけるステッカーなどの防犯啓発グッズが入った手さげ袋600セットを配布しながら、街行く市民に「防犯のまちづくり」の普及と自主防犯活動の促進を呼びかけました。埼玉県警のマスコットキャラクター「ポッポくん」や、トコろんも参加してキャンペーンを盛り上げました。

2016ミス・ユニバース、ミスター・ユニバース埼玉大会のファイナリストが来庁されました

平成28年4月8日(金曜)市役所3階市長応接室

ミス・ユニバース、ミスター・ユニバースのPRのため、「2016ミス・ユニバース、ミスター・ユニバース埼玉」の決勝大会に残ったファイナリストが、藤本市長を表敬訪問しました。
ファイナリストは、地域イベントへ積極的に参加し、イベントを盛り上げ、ひいては、ミス・ユニバース、ミスター・ユニバースの活動を盛り上げていきたいと抱負を語っていました。
今後の活躍に期待したいですね!

ファイナリストの紹介

  • 野口 史織しおりさん 2016ミス・ユニバース埼玉 ファイナリスト(所沢市出身)
  • 渡部わたべ まゆみさん 2016ミス・ユニバース埼玉 アイムユ二バース賞
  • 阿部 和代かずよさん 2014ミス・ユニバース埼玉 準グランプリ
  • 細川 智寛ともひろさん 2016ミスター・ユニバース埼玉 準グランプリ

桜色の航空公園

平成28年4月8日(金曜)所沢航空記念公園

今年もやってきた桜の季節。
東川や金仙寺、狭山湖など市内にも桜の名所があります。
市役所の隣にある航空公園も名所の1つ。
曇りなのがちょっと残念ですが、市役所の屋上から満開の桜を撮影しました。

所沢市4Hクラブの木下さん、吉田さんが全国農業青年クラブ連絡協議会会長賞を受賞

平成28年4月6日(水曜)市役所3階市長応接室

市内の若手の農業後継者により組織される所沢市4Hクラブの木下 芳直さん、吉田 明宏さんが、「第55回全国青年農業者会議」プロジェクト発表で全国農業青年クラブ連絡協議会会長賞を受賞されました。
今回受賞となったプロジェクトのテーマは「地域特性を活かした新しい農業経営へのチャレンジ」。
報告のために天田 晴久会長とともに市長を表敬訪問したお二人は、「所沢ならではの農業をさらに強くアピールしていきたい」と熱く語りました。
これからの所沢の農業をけん引する、若い感性に期待です!
(木下さんは、「第55回全国青年農業者会議」開催当時の所沢市4Hクラブ会員です)

小手指中学校野球部が関東オープンKB野球大会の優勝報告に市長を訪問しました

平成28年4月6日(水曜)市役所3階市長応接室

小手指中学校野球部が「中世古尚一旗争奪 第5回14U関東オープンKB野球大会」に出場し優勝しました。
その報告に主将の原田洸斗ひろと選手、副主将の並木颯汰そうた選手、林 空我くうが選手とともに川崎校長、長谷川野球部顧問が市長を表敬訪問しました。
この大会は、各都道府県から選抜推薦された16チームが出場。
小手指中学校野球部は、昨年11月に行われた「第25回U15KWB‐CUP埼玉県軟式野球大会」で優勝し、今大会の出場資格を得ました。
今後の活躍も期待しています!

KWBとは
K=KARADA(からだにやさしく安全で)、KO‐SHIKI(硬式野球への架け橋)
W=WORLD(世界に通じる)
B=BALL(ボール)
を意味し、KWBボールは素材は軟式と同じゴムでできていますが、重さ・大きさは硬球と同じです。

発達障害啓発展示会

平成28年4月6日(水曜)から8日(金曜)1階市民ホール

4月2日から8日までの「発達障害啓発週間」に合わせて、発達障害の支援に関わる保健、福祉、教育、就労などの行政機関や民間団体の活動を紹介する啓発展示会を開催しています。
身近な障害である自閉症をはじめとする発達障害についての理解を深めていただこうと、パネル展示や相談コーナーのほか、マルチメディアデイジー図書の実演なども行われています。

平成28年度所沢市交通指導員服装点検

平成28年4月4日(月曜) 1階市民ホール

児童や生徒を守る「交通指導員」の服装や姿勢などをチェックする、「交通指導員服装点検」が行われました。交通指導員は、通学時や下校時に道路に立って交通整理をしたり、交通安全教室で児童・生徒に交通ルールを教えたりする活動をしています。
今回の点検は、藤本市長が年度始めに指導員の服装や持ち物、姿勢などをチェックし、児童・生徒の安全を1年間しっかり守れるようにと、行われています。

金仙寺こんせんじ桜まつり

平成28年4月3日(日曜)金仙寺

広報ところざわ平成28年4月号でもご紹介した、しだれ桜で有名な金仙寺で恒例の桜まつりが催されました。
金仙寺には桜のほか、菜の花などの鮮やかな花が咲き誇り、訪れた人を楽しませていました。
特設ステージでは和太鼓と津軽三味線の演奏が披露され、満席の会場を沸かせました。
撮影:市民カメラマン 津田 資雄

市民文化フェア

平成28年4月2日(土曜)・3日(日曜)所沢航空記念公園

「文化」と「航空発祥」がテーマの文化フェアが今年も盛大に開催されました。
グルメコーナーはもちろん、茶会や民踊などの楽しいイベントが盛りだくさん!
航空発祥にまつわるパラグライダー体験、飛行機格納庫公開、世界最大の折り紙飛行機なども会場を沸かせました。
撮影:市民カメラマン 滝島 利男、浅見 司郎

東西新井町さくら祭り

平成28年4月2日(土曜)熊野神社ほか

3月25日頃に開花した東川の桜は、4月2日のさくら祭りの頃には、ほぼ満開を迎えました。
花の下を新井町の山車がにぎやかに行き来する昼間と、ライトアップされた花々が水面に映える夜。それぞれに異なる表情で、訪れた人々の目を楽しませていました。
撮影:市民カメラマン 白須 信一

ライト・イット・アップ・ブルー

平成28年4月2日(土曜)航空公園駅前広場

自閉症啓発のため、世界中で名所などを青色にライトアップする「ライト・イット・アップ・ブルー」。
「航空発祥の地」である所沢市では、航空公園駅前の飛行機(YS-11)をライトアップしました。
子どもたちが作った「ひかりのたね」も飛行機や会場を青く染め、幻想的な空間が広がりました。
撮影:市民カメラマン 伊藤 磨紀子

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る