このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

3月の出来事

更新日:2017年3月16日

第22回所沢市国際交流フォーラムが開催されます!

平成29年3月14日(火曜)市役所1階市民ホール

3月19日(日曜)午後1時から市役所1階で「つながる心が世界を結ぶ」をテーマに、第22回所沢市国際交流フォーラムが開催されます。
このフォーラムをより多くの方に知っていただくため、昨年のフォーラムの様子や参加団体の活動を紹介したパネル、所沢市とその姉妹都市(アメリカ・ディケイター市、中国・常州市、韓国・安養市)の子どもたちが描いた絵を、17日(金曜)まで展示しています。
フォーラム当日は、シンガポール派遣中学生、ディケイター派遣高校生による所沢市の国際交流事例発表をはじめ、外国人市民によるショートスピーチ、着物の着付け体験、鎧兜の紹介、安養市からの訪問団による韓国民謡など、盛りだくさんの内容です。来場された方に参加していただく楽しいイベントもあります。
このパネル展示を見ていただいて、フォーラム当日もぜひお越しください!

採れたて!農産物直売「とことこ市」

平成29年3月14日(火曜)市役所別館入り口前広場

所沢野菜や所沢野菜の漬物、狭山茶、焼きだんごなど、所沢で作られた新鮮でおいしい農産物・加工食品を販売する「とことこ市」。先月から、航空発祥記念館内にある「エコトコファーマーズカフェ」も出店しています。今回は「所沢天田黒豚を使ったホットドッグ」、「深井醤油を使用した照り焼きチキンバーガー」「所沢野菜をたっぷり使った温かいミネストローネ」がメインメニューで、どれも地場産の食材を取り入れています。
天気が心配でしたが、朝まで降り続いていた雨も上がり、お昼時は、ランチを買い求めるお客さんでいつもの賑わいを見せました。
「とことこ市」は、毎月第3日曜日に、元町コミュニティ広場(所沢まちづくりセンター前)でも開催されます。次回は3月19日、午前10時から午後3時まで(売切れ次第終了)。所沢の元気な野菜を買いに、ぜひお越しください!

ナゾときウォークラリー「トコろん探偵団」・新三八市しんさんぱちのいち

平成29年3月12日(日曜) 中心市街地

街を歩いて謎を解く体験型謎解きイベント、「トコろん探偵団」が開催されました。4回目の開催となった今回は、「トコろんとひばりちゃんの10年ぶりの再会場所」の謎を解くために、お友達同士や親子連れなど多くの参加者が答えとゴールをめざして街中をめぐりました。
当日は、古き良き江戸時代の「三八の市」を復活させた「新三八の市」が同時開催。時代着物市では、春浅い元町コミュニティ広場に色鮮やかなたくさんの着物が並び、掘り出し物を求めて買い物を楽しむ和服姿のお客さんも多くみられました。狐の花嫁・花婿が街中を練り歩く狐の嫁入り行列も行われ、街行く人々の目を楽しませていました。
撮影:市民カメラマン・三平 資郎

トコろん活用説明会

平成29年3月10日(金曜)市役所別館会議室

いわずと知れた所沢市イメージマスコット「トコろん」。市内でのその認知度の高さを活かして、市内事業者の売り上げ向上や、ご当地商品の開発等のきっかけ作りに活用してもらおうと、トコろん活用説明会が開かれました。
住宅紹介に活用したいという不動産会社や、トコろんを使ったパズルを作りたいという福祉施設の方など、参加者は様々。「トコろんの新しいポーズは依頼できるのか」「反転させて掲載することはできるのか」など質問が矢継ぎ早に出ていました。
所沢市を盛り上げるために、トコろんのさらなる活用が期待されます。

ふるさと研究冬季企画展「昔さがし展 あったかいくらし」

平成29年3月7日(火曜) 生涯学習推進センター

生涯学習推進センターで、昔の風呂や火鉢などの民具の展示が行われています。布団や衣類を入れる道具の長持ながもちや、冠婚葬祭で使われていた漆器など、保存状態のよいものが多く見られるだけでなく、工夫を凝らした様々な道具を通して、当時の人の生活の知恵に触れることができます。
企画展最後の2日間となる11日(土曜)、12日(日曜)には、「昔のくらし体験コーナー」が設置されます。足踏みミシンや黒電話に触れてみたり、さおばかり(昔のはかり)を使ってみたり、かいまきにくるまってみたりと、昔のくらしを肌で感じることができます。
3月12日(日曜)まで開催していますので、「あったかいくらし」を体験してみてください。なお、展示時間等についてはこちらをご覧ください。

親子手打ちそば教室

平成29年3月4日(土曜) 富岡まちづくりセンター

参加した8組の親子が、こね鉢代わりにボウル、めん棒代わりにラップの芯など、家にある道具を使ったそば打ちに挑戦。真剣な表情で、そば粉を水でこねる・のばす・切るなどの作業に取り組みました。
講師の方が作ったおそばの試食に、子どもたちは大喜び!自分たちで頑張って作ったおそばは、お土産として大事に持ち帰りました。
撮影:市民カメラマン・須田 文富

国指定重要文化財「黄林閣おうりんかく」で防災訓練が行われました

平成29年3月1日(水曜)黄林閣(柳瀬地区)

電力王といわれた実業家、松永安左ヱ門まつながやすざえもんの旧別荘「柳瀬荘」の主要建物である黄林閣。貴重な文化財を火災などの災害から守るため、今年も防災訓練が実施されました。
消防署員の指導のもと、所有者である東京国立博物館の職員や管理人による水消火器による消火訓練、放水銃からの放水などが行われました。
黄林閣は2月に屋根の葺き替え工事が終わったばかり。毎週木曜日に公開していますので(詳しくはこちらをご覧ください)、ぜひ一度見学に足をお運びください。

所沢市民活動見本市

平成29年3月1日(水曜) 市役所1階市民ホール

福祉やボランティア、子育て・教育、環境保全、文化・芸術などの市民活動が一堂に会する「所沢市民活動見本市」。本日から3月3日(金曜)午後3時まで開催されています。
日ごろの活動を市民に少しでも知ってもらおうと、今回の展示には25団体が参加。シニア世代の地域デビューを支援する団体から、ニュースポーツのディスコン、ひょうたん細工などの趣味やカルチャーの紹介と、活動はさまざまです。環境保存を進める団体では、気軽に参加できる取り組みもあります。「市民活動に興味はあるけど、どうしたらいいのか」というかたは、お気軽にご参加ください。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る