このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

12月の出来事

更新日:2018年8月9日

緑の都市賞 緑の市民協働部門奨励賞を受賞しました

平成29年12月28日(木曜)市役所3階市長応接室

公益財団法人都市緑化機構が実施する、第37回緑の都市賞(緑の市民協働部門)で、「菩提樹田んぼの会」「山口の自然に親しむ会」「菩提樹池愛好会」の3団体が、連名で奨励賞を受賞したことから、藤本市長に受賞報告をしました。
緑の都市賞とは、昭和56年(1981年)に創設され、緑豊かな都市づくりの推進を目的に、みどりを用いた環境の改善、景観の向上、地域社会の活性化等に先進的かつ意欲的に取り組み、良好な成果を挙げている市民団体、企業、地方公共団体を表彰するものです。
3団体は、多様な植物・生物が棲む環境を保全・管理し次世代に引き継ぐため、菩提樹池の水質浄化のために水や泥をくみ出す「かいぼり」や、菩提樹池里山保全地域の園路の除草、支障木の伐採などの活動を協力して進めていることが認められました。

音まちコンサートVol.9「N響メンバーと仲間たち クラリネットと弦楽四重奏の競演」

平成29年12月28日(木曜)市役所1階市民ホール

市では、あらゆる世代の市民や市内を訪れる方に、うるおいと安らぎ、活力を与える「音楽のあるまちづくり」を推進しています。その一環で、日本を代表するオーケストラ「NHK交響楽団」に所属する、市内在住の矢津やづ 将也まさやさん(ヴァイオリン)の呼びかけで、同じくN響の大宮おおみや 臨太郎りんたろうさん(ヴァイオリン)と坂口さかぐち 弦太郎げんたろうさん(ヴィオラ)、その仲間たちである磯野いその 正明まさあきさん(チェロ)、高見たかみ 未央みおさん(クラリネット)によるクラリネットと弦楽四重奏の競演が実現しました。
曲目は、モーツァルトの「セレナード第13番ト長調『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』第1楽章」と「クラリネット五重奏イ長調K.581」。弦楽器の厚みのあるカルテットとクラリネットの音色が見事に調和し、延べ500人の観客を魅了しました。大勢の観客が余韻に浸るなか、出演者に盛大な拍手が送られ、コンサートは幕を閉じました。

DINO-A-LIVE~不思議な恐竜博物館~内覧会

平成29年12月26日(火曜)くすのきホール

平成29年12月27日(水曜)から平成30年1月8日(祝日)まで、所沢でリアル恐竜ライブショー「DINO-A-LIVE」が開催されます。これに先立ち、主催の西武鉄道株式会社が内覧会を行いました。

DINO-A-LIVEは、市内糀谷にスタジオを構える「株式会社ON-ART」が作り上げました。高度な造形・塗装技術を駆使したショーは、まるで本物の恐竜が目の前にいるような臨場感を味わえます。
この日招待された保育園の子どもたちは、「怖かったけど楽しかった!」と目を輝かせていました。

読売新聞所沢センターからお米をいただきました

平成29年12月21日(木曜)市長応接室

読売新聞所沢センターの皆さんのご厚意で、「市内の生活保護世帯の方のために」と、コシヒカリ1キログラム入り1,500袋(約58万円相当)を寄付されました。いただいたお米は生活保護世帯の方に配布します。

並木リハビリ交流会のクリスマス会が行われました

平成29年12月21日(木曜)並木まちづくりセンター

病気や脳卒中などの後遺症のために、家に閉じこもりがちな方々が集まり交流する「並木リハビリ交流会」のクリスマス会が行われました。
特別ゲストの江戸家 小猫さんの生き物の鳴きマネに、会場は大盛り上がり。江戸屋で代々受け継がれる伝統の「ウグイス」をはじめ、カエル、鈴虫など様々な動物の鳴き声をマイク一本で披露しました。BGMで流れる唱歌「ふるさと」に合わせて鳴きマネを聞くと、まるで生き物たちがそこかしこで鳴いている光景が思い浮かびました。
クリスマス会の後は、通常の茶話会が開かれ、参加者は美味しいケーキを味わいながら、「鳴きマネそっくりだったけど、どうやってやっているんだろうね。」と、小猫さんの名人芸について語り合いました。
交流会に参加した坂上さんは「こうして皆で一緒に笑うことができて、とても楽しかったです。」と、感想を述べていました。

集合写真
猫のポーズではいチーズ!

災害時における被災者支援に関する協定調印式

平成29年度12月20日(水曜)市役所3階庁議室

災害時対応の一環として、市と「埼玉県行政書士会」との「災害時における被災者支援に関する協定の調印式」が行われました。
この協定は、地震、風水害および火災等の災害時において、被災者に対し、行政書士が罹災りさい証明書などの申請書類や相続関係書類に関する相談等を無料で実施するものです。
調印式には、埼玉県行政書士会の荒岡 克巳会長をはじめ、所沢支部の皆さん、日本行政書士会連合会の公式キャラクター「ユキマサくん」が出席しました。

小野家住宅 工事現場見学会

平成29年12月16日(土曜) 小野家住宅(林)

江戸時代の開拓農家の住まいとして建てられ、当時の面影を色濃く残す、国の重要文化財・小野家住宅。前回の修理から15年余りが経過し、近年の台風の被害などもあって、痛んだ屋根の保存修理が9月から行われています。12月16日に行われた現場見学会は、足場に上って説明を聞きながら作業の様子を間近で見ることができる、貴重な機会。約20人の参加者が、説明に耳を傾けながら新しいかやで屋根をき直す作業を熱心に見学していました。
次の見学会は3月に行われる予定です。
写真:市民カメラマン・浅見 司郎

韓国ヨンヒョン小学校とのskype交流

平成29年12月14日(木曜)北秋津小学校

平成26年度から北秋津小学校の6年生は、韓国の小学校とskypeを使って交流しています。昨年度からはヨンヒョン小学校の6年生と交流しており、お互いの学校生活や文化を紹介しあいました。
北秋津小学校の児童たちが韓国の人気アイドルグループのダンスを披露すると、テレビ画面の向こうでは「おー!!」と大歓声が。言葉や文化が違っても、表情や身振りでお互いの心を通わせることができるんですね。最後はカメラの前で手を振り、お互いに別れを惜しんでいました。

農産物直売「とことこ市」で地元のお酒を販売!

平成29年12月12日(火曜)市役所別館前広場

毎月第2火曜日は、農産物直売「とことこ市」。地元の新鮮な野菜や漬物などを購入できます。野菜が高騰しているためか、葉物を中心に、飛ぶように売れていました。
今回は特別に、広報ところざわ12月号で特集した「三酒」(地元のビール・日本酒・焼酎)の販売も。年末年始の贈答用にまとめ買いされる方も多く、予想以上の売れ行きで、酒屋から追加で取り寄せるほどだったそうです。
お酒の効果もあり、「とことこ市」は今年一番のにぎわいを見せていました。

小学生ごみ減量・3R啓発ポスター作品展

平成29年12月11日(月曜)1階市民ホール

ごみを減らす(Reduce)、くり返し使う(Reuse)、再生利用(Recycle)の「3R」活動を広げ、「もったいないの心」を大切に循環型社会をつくるというテーマで、市内小・中学生から募集し、小学校21校から応募のあった延べ154点のポスターが展示されています。
作品は、分別を呼びかけたものや食べ残しを減らそうなどのメッセージが込められたものが集まりました。
作品展は12月19日(火曜)正午まで行われ、12月20日(水曜)から1月7日(日曜)までは、リサイクルふれあい館1階で展示されます。

サンタを探せ!2017

平成29年12月9日(土曜) 所沢駅西口から元町コミュニティ広場

通りをせわしなく行き交う人たちや、商店街の装飾で、まちはすっかり師走ムード。年末独特のウキウキした高揚感に包まれた所沢に、今年もたくさんのサンタクロースが大集結しました。
サンタさんを迎えるには絶好の冬晴れとなったこの日、100人を超えるサンタのパレードに、沿道の目は釘づけ。元町コミュニティ広場のステージでは、鮮やかなダンスパフォーマンスを披露する子どもたちに、大勢のお客さんが拍手を送っていました。豪華景品が当たる大抽選会は、トコろんも出演して大変な盛り上がりを見せました。
写真:市民カメラマン・佐藤清一郎

ゴールボール体験授業

平成29年12月8日(金曜)林小学校

ロンドンパラリンピックで金メダルを獲得した安達あだち 阿記子あきこ選手やヘッドコーチの方を招き、林小学校の4年生90人が参加して、ゴールボール体験授業が開催されました。授業はアイシェード(目隠し)を付けてコート内を歩くことから始まり、視覚に障害がある人の世界を体験しました。
その後、実際に試合を体験!児童たちは、最初は周りが見えず不安そうでしたが、床に張ったたこ糸を頼りに自分の位置を確認することで、安心して試合を楽しんでいました。
試合後には、林小学校の先生が本気で投げるボールを安達選手が止めるデモンストレーションが行われ、どんなボールでも止めてしまう安達選手に、会場からは大きな拍手が送られました。
児童たちは「こうしたスポーツを通して、視覚に障害がある人にとって、音がとても重要な情報源であるということがわかりました。また、金メダリストの安達選手と触れ合えたのが嬉しかったです。また一緒にプレーしたいです。」と、大満足でした。

所沢から見る富士山

平成29年12月6日(水曜)市役所7階から撮影

この日の朝は空気が澄んでいて、雪化粧をした富士山がはっきりと見えました。夕方に同じ場所に来てみると、夕焼けに浮かぶシルエットが、朝とは違った表情を見せてくれました。
わがまち所沢から見る富士山も、とても美しいです。

朝の富士山の写真

夕方の富士山の写真

所沢シティマラソン大会

平成29年12月3日(日曜) メットライフドーム

メットライフドームをスタート・ゴール地点に、冬の狭山丘陵をランナーたちが疾走する所沢シティマラソン。第28回を迎え、すっかり所沢の師走の風物詩として定着しています。
晴れた空の下、本気で記録に挑む人、楽しんで走る人、ゴール後倒れこむほどに完全燃焼で走りきる人。それぞれの思いを込めて走るランナーたちに、沿道から温かい声援が送られていました。
写真:市民カメラマン・中村 仁

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る