このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

7月の出来事

更新日:2017年8月1日

未来館まつり

平成29年7月29日(土曜)こどもと福祉の未来館

今年開館したこどもと福祉の未来館で行われた「未来館まつり」。
館内では、福祉体験スタンプラリーや寄席などが行われました。
スタンプラリーだけでも170人以上の方が参加し、特に親子連れの参加者が多くいました。
福祉体験スタンプラリーでは、障害の有無にかかわらず行えるスポーツとして「シャッフルボード」や「サウンドテーブルテニス」の体験があり、初めて体験する種目に子どもも大人も楽しんでいました。
点字や手話を体験しながら、実際に目や耳が不自由な方とのコミュニケーションをとるコーナーでは、子どもたちは好きな動物の名前を点字で打って、実際に目が不自由な人に読んでもらうと、驚きながらもうれしそうな顔をしていました。
親子で参加した方は「普段触れ合う機会が少ない目や耳が不自由な方との触れ合いはとても楽しかったです。特にサウンドテーブルテニスが楽しかったです。また開催されれば訪れたいです」と語っていました。
撮影:市民カメラマン・関沢 賢

飛行機づくり体験!初級室内飛行機工作教室

平成29年7月29日(土曜)所沢航空発祥記念館・市役所1階市民ホール

所沢航空発祥記念館で、小学3年生から6年生までを対象とした本格的な組み立て式の飛行機を作る教室が開催されました。
今回参加したのは28人。
飛行機づくりはかなり細かい作業があり、苦戦している子も。心配そうに手伝っている保護者の姿もありました。
数時間かけて完成した飛行機は、市役所1階市民ホールでテストフライト!
なかなかうまく飛ばない子もいましたが、全員が一生懸命で、満足そうな顔で楽しんでいました。
撮影:市民カメラマン・浅見 司郎

少年少女消防体験入隊

平成29年7月25日(火曜)埼玉西部消防組合所沢中央消防署

子ども達が火災や救急等の災害への予防と応急処置を体験し、命の大切さを学び、助け合いの心を育むために、市内在住の小学校5・6年生41人が、消防体験入隊に参加しました。このイベントは今年で28年目を迎え、現職の消防士の中には、この体験入隊をきっかけに消防士になることを目指した方もいるそうです。
当日は地震体験や119番通報訓練など、様々な体験・訓練が行われましたが、とりわけ人気だったのが「はしご車搭乗体験」。安全装置をしっかり付けて、高所へと昇っていく表情はどこか不安そうでしたが、降りてくる時には地上で待つ友達に「お~い」と笑顔で手を振っていました。

航空公園のひまわりが見ごろです♪

平成29年7月27日(木曜)所沢航空記念公園

航空公園のシンボルのひとつである時計塔の南東側にある花の丘では、ひまわりが見ごろを迎えています♪
太陽に向かって燦燦と咲く、大人の腰ほどの高さのひまわりたち。
よく見ると、小さなミツバチが蜜を吸いに来ているようです。
夏を感じられるひまわりたちは、まだまだ元気よく咲いてくれそうなので、お近くまでお越しの際はぜひご覧ください。

狭山茶農業遺産推進協議会が設立されました

平成29年7月26日(水曜)入間市博物館ALITありっと

狭山茶の特徴である「自園・自製・自販」という、生産者自らが生産・加工・販売を一貫して行う「6次産業」に類する伝統的な農業システムを持つ狭山茶の、農業遺産への認定を目指すため、同協議会が設立されました。
なお、同協議会は、本市を含む県内の11市町(入間市、狭山市、飯能市、日高市、鶴ヶ島市、川越市、三芳町、坂戸市、ふじみ野市、春日部市)のほか、県川越農林振興センター、県茶業協会といった13の正会員と、各市町の茶業関係団体などの準会員、アドバイザー、オブザーバーで構成されています。

所沢農産物親子料理コンテスト「ごはんにバッチリ!野菜が主役のおかず!」

平成29年7月24(月曜)保健センター調理室

所沢野菜の魅力を再確認しPRすることと、夏休みの親子の思い出作りを兼ねて、所沢農産物親子料理コンテストが開催されました。4回目となる今回は「ごはんにバッチリ!野菜が主役のおかず!」と題し、所沢野菜をふんだんに使ったオリジナリティあふれるおかずがテーマでした。
本審査に進んだ5組の親子は、調理時間が1時間という中で、皆さん協力して楽しく調理をしていました。
調理が終わると、完成した料理のPRタイムを経て、審査員の採点によって最優秀賞、優秀賞、市長賞が発表され、平山さん親子の「たまトマEとこ丼&きゅうりの中華風浅漬け」が最優秀賞に選ばれました。平山さん親子によると、「好き嫌いが多いうちの子でも食べられる野菜を使いました。にわとりの肉とうずらの卵で『いとこ』、更に『いいところざわ』の意味を込めてEとこ丼という名前にしました」と、親子の想いがこもった料理が最優秀賞に選ばれ、とても嬉しそうでした。
なお、5組のメニューは市が作成するレシピ集「所沢産農産物を活用した地産地消レシピ」に掲載されます。
【最優秀賞】
「たまトマEとこ丼&きゅうりの中華風浅漬け」 平山 正弥せいやさん、寿代ひさよさん
【優秀賞】
「所沢さといもコロコロカレー」 荒井 一慶かずよしさん、康平こうへいさん
「栄養満点!カラフルなジャングル!!とパンプキン春巻」 池辺 裕一いけべ ゆういちさん、朗子あきこさん
「夏野菜コロトロカレー」 澤井 謙舞けんまさん、麻由美まゆみさん
「鶏肉と夏野菜の煮込み」 伊藤 陽歩はるあさん、香織かおりさん
【市長賞(特別賞)】
「所沢さといもコロコロカレー」 荒井 一慶さん、康平さん

親子料理教室が開催されました

平成29年7月24日(月曜) 第1学校給食センター(北野)

学校給食センターで作った給食を食べている小学4年生から6年生を対象に、「ファミリーで学校給食センター探検・料理ツアー」と銘打ち、親子で給食作りを体験する親子料理教室が第1・第3学校給食センターで行われました。
第1学校給食センターでは、定員30組のところ、先着順だったためすぐに定員に達してしまいました。
今回で7年目となる教室ですが、3年連続で参加されている親子もいました。
参加された親子は、一緒に調理を体験するだけでなく、給食センターの調理員さんとともに、大きな回転釜を使っての調理や、とんかつを揚げた後に中身の温度を確認するなど、実際の給食を作る工程などを確認・体験することで、調理員さんとの交流も行われ、学校給食への関心も深まりました。
調理員さんたちも、「年に1回のこのイベントは、皆さんと直接触れ合える貴重な機会なので、私たちも楽しんでいます」と笑顔で話します。
今回のメニューは、カレーライス、トンカツ、レタススープ、サラダ、フルーツポンチでした。

第8回ところざわ星空フェスティバル

平成29年7月23日(日曜)生涯学習推進センター

星や宇宙のことを楽しく学ぶ「ところざわ星空フェスティバル」が今年も開催され、どのブースも多くの家族連れでにぎわいました。
地元高校生が教える「高校生サイエンス広場」では、惑星の模型を実際に手にしながら太陽系のスケールを体験するコーナーや、イカの解剖などが行われ、子どもたちはお兄さんお姉さんから楽しく説明を受けていました。子どもたちに優しく接する高校生の姿は頼もしく見えました。
他にも、星や宇宙に関する絵本を取りそろえた読み聞かせコーナーや、宇宙飛行士変身写真館、和太鼓演奏など、小さな子どもから大人まで楽しめるイベントが満載でした。
あいにくの曇り空で星空観望会は中止となってしまいましたが、参加者たちは屋内イベントだけでも十分に星や宇宙を学んでいました。
撮影:市民カメラマン・由井 一雄

学校法人秋草学園との官学連携に関する協定締結式

平成29年7月21日(金曜)市役所3階庁議室

福祉、環境、教育、文化などの各分野で相互に協力し、地域社会の発展と人材育成のために、市と学校法人秋草学園が「官学連携に関する基本協定」を締結しました。
市は平成16年に秋草学園短期大学と官学連携協定を結び、インターンシップの受け入れや市内イベントでのボランティアの派遣など、様々な協働によって地域の活性化に取り組んできました。今回の、短期大学のみならず、福祉教育専門学校や高等学校との協定締結によって、さらなる連携の強化と、同学園の専門性が今後のまちづくりに活かされることが期待されます。

電気自動車モニター出発式

平成29年7月20日(木曜)市役所西口玄関前広場

市民や市内事業者等を対象にした電気自動車モニタリング調査の無料モニターが決定し、その出発式とレプリカキーの授与セレモニーが行われました。
この調査は、所沢市との間で「電気自動車の普及推進に関する連携協定」を締結している日産自動車株式会社から提供されるモニターの走行データやアンケートなどを検証し、電気自動車普及への課題や電気自動車の特性を生かした活用の検討などに役立てます。
本事業は、市で進めている「マチごとエコタウン所沢構想」の実現に向け、環境に配慮したまちづくりのための取り組みとしても期待されています。
出発式当日は天候にも恵まれ、全9台の電気自動車が市役所に集まりました。藤本市長から公募モニターの皆さんにレプリカキーが授与され、モニターに応募したきっかけなどのお話しをされました。
モニターの皆さんは、乗りなれない車に少し戸惑いながらも、電気自動車らしく静かなエンジン音とともに、市役所を後にしました。
なお、今回の調査の成果は、来年2月に開催するシンポジウムで発表する予定です。

「災害時における燃料の優先供給に関する協定」の調印式

平成29年7月20日(木曜)市役所3階庁議室

災害時対応の一環として、「株式会社 上田」と「災害時における燃料の優先供給に関する協定」の調印式を行いました。
この協定は、大規模地震等の災害発生時に、市役所の本庁舎等などで長期間にわたり非常用発電機等を使用した場合に、燃料不足による機能停止を防ぐことを目的に、燃料の優先供給に関する応援協力を定めるものです。
今回の協定締結は、株式会社上田の代表取締役である上田 明己様の「所沢に貢献したい」という想いから実現し、災害時の指揮命令の中枢となる災害対策本部等の機能を継続させるという点で、大きな期待が寄せられます。

ライトダウン所沢&出張ちょいバル別館

平成29年7月19日(水曜)航空公園駅東口駅前広場

照明を消してキャンドルに灯をともす「ライトダウン所沢」に所沢のお酒やフードが楽しめる「ちょいバル別館」が合体。
仕事帰りのサラリーマンや親子連れが参加し、受け取ったキャンドルに思い思いの装飾を施していました。
午後7時30分からカウントダウンで会場付近の明かりを消し、美しいキャンドルの明かりやミニライブを楽しみました。
エコ体験をしながら、音楽やお酒、フードを楽しみ、参加者は笑顔を見せていました。
撮影:市民カメラマン・関沢 賢

野老澤行灯廊火ところさわあんどんろうか

平成29年7月15日(土曜)元町コミュニティ広場、所澤神明社ところさわしんめいしゃほか

天候に恵まれ、多数の来場者がありました。
グルメを中心とした出店にはいくつも列ができており、特にところざわ醤油焼きそばは長い行列になっていました。
日が暮れはじめる頃に浴衣&お化けパレードが元町コミュニティ広場に到着し、行灯の点灯式へ。
所澤神明社ところさわしんめいしゃには160個を超える行灯が設置され、幻想的な雰囲気を作り出していました。
撮影:市民カメラマン・西山 元博

採れたて!農産物直売「とことこ市」が開催されました

平成29年7月11日(火曜)所沢市役所別館前広場

市内生産者が新鮮で美味しい所沢野菜、所沢野菜の漬物、焼きだんごなどを販売する「とことこ市」。今回は、トウモロコシやカボチャなどの夏野菜を中心に、採れたて野菜を買おうと、多くのお客さんで賑わっていました。
所沢野菜を使った料理を提供している「エコトコファーマーズカフェ」(航空発祥記念館内)の出店スペースでは、ズッキーニやナスをふんだんに使った「冷やしラタトゥユうどん」が用意され、「今日は暑いからぴったり!」と多くのお客さんが買い求めていました。
とことこ市は、毎月第2火曜日に「市役所別館前広場」で、毎月第3日曜日に「所沢まちづくりセンター前 元町コミュニティ広場」で開催されています。
次回は7月16日(日曜)、午前10時から午後3時まで(売切れ次第終了)。所沢野菜を買って、所沢の農業を盛り上げましょう!

チャリティハンドベルコンサート

平成29年7月9日(日曜)野老澤町造商店

6人の演奏者がそれぞれ音階が異なる数本のハンドベルを操り、美しいハーモニーを奏でていました。
10曲ほど演奏したあと、満員の観客の中から希望者が前に出て、演奏を体験する企画もあり、会場全体でコンサートを楽しみました。
撮影:市民カメラマン・津田 資雄

七夕飾りセレモニー

平成29年7月4日(火曜)市役所1階市民ホール

織姫と彦星が一年に一度だけ会うことができる7月7日の七夕に合わせて、市でも七夕飾りの展示を行っています。この展示は今年で16回目を迎え、今回は西新井保育園の園児を招いて飾り付けを行いました。
セレモニーでは、21世紀を担う子どもたちが心をこめて夢や願いを短冊に書くことで、いつまでも夢を持ち心豊かに育って欲しいとの想いから、園児と市長が一緒に飾り付けを行いました。
また、7月9日(日曜)までの展示期間中は、来庁された皆さんにも短冊を飾っていただけるよう、記載所を設けています!市役所にお越しの際はぜひ、願いを込めた短冊を飾ってみてください。

所沢若松クラブ 全国大会出場報告

平成29年7月4日(火曜)市役所3階市長応接室

平成29年度全日本9人制バレーボールクラブカップ女子選手権大会(37thデサントジャパンクラブカップ)に出場する所沢若松クラブが、市長を表敬訪問しました。
所沢若松クラブは、6月に行われた埼玉県予選において優勝(5年連続19回目)し、平成29年7月28日(金曜)から30日(日曜)まで、長野県長野市で開催される同大会(全国大会)に、14年連続22回目の出場となります。
「今年も、有望な選手の加入もあり、良い選手がそろっていますので、良い結果報告ができそうです!またあの大きな優勝カップを、持って帰ってきます!」と、新井 喜代子 代表は笑顔で意気込みを語っていました。

子どもたちの七夕茶会

平成29年7月2日(日曜)彩翔亭さいしょうてい

所沢航空記念公園内にある茶室「彩翔亭さいしょうてい」で、子どもたちの七夕茶会が開催されました。
茶会の作法を学んだあと、お茶とお菓子をいただいた子どもたちからは「おいしい!」と大きな声。
これには亭主側の先生方も思わずにっこりでした。
七夕にちなんで、願いごとを記した短冊の飾りつけも。
茶会と七夕、2つの伝統文化に触れることができるイベントでした。
撮影:市民カメラマン・佐藤 清一郎

かいこふれあい体験

平成29年7月1日(土曜)生涯学習推進センター

8月20日(日曜)まで、生涯学習推進センターで夏季企画展「オコサマ~養蚕ようさんと所沢~」を開催しています。
かつて織物の町として栄えた所沢には、絹を作るカイコを飼う養蚕ようさん農家がたくさんありました。
親しみを込めて、カイコを「オコサマ」と呼んでいたそうです。
養蚕ようさんに使った器具や当時の手紙などの展示から、昔の生活を知ることができます。

7月1日(土曜)・2日(日曜)の2日間はカイコに触ったり、餌をあげたりできる「かいこふれあい体験」。
訪れた子どもたちは興味津々でカイコを手に乗せ、観察していました。
撮影:市民カメラマン・白須 信一

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る