安達 阿記子 選手(ゴールボール)

安達選手の写真

プロフィール

生年月日  1983年9月10日
出身地  福岡県八女市
身長   160センチメートル
所属   国リハLadiesチームむさしずく

14歳のときに右目に黄斑変性症を発症。
その後20歳のときに左目にも発症し視覚障害(視野の中心部がモザイクがかったような見え方)になる。
2006年に国立福岡視力障害センターへ入所した際、ゴールボール競技と出会う。
その翌年には世界選手権、2008年には北京パラリンピックに出場。
その後も海外遠征で試合を重ね、2012年ロンドンパラリンピックの日本代表選手として選出され、本大会で悲願の金メダルを獲得。
パラリンピックの団体競技における日本の金メダル獲得は史上初の快挙である。
2009年よりリーフラス株式会社に入社し、選手としての活動以外には、各地での講演活動や体験会などを通して、ゴールボールの普及、また学校などに特別講師として招かれメッセージを伝えている。
2020年度日本代表強化指定選手に登録されている。

経歴

  • 2002年 黄斑変性症 発症(目の奥の黄斑部に出血がおこり、視野の中心部にモザイクがかかったような状態)
  • 2006年 福岡視力障害センター入所(ゴールボールと出会う)
  • 2007年 第3回IBSA世界選手権大会出場(ブラジル:サンパウロ)
  • 2008年 北京パラリンピック出場
  • 2009年 リーフラス株式会社入社
  • 2010年 アジアパラ競技大会2位(中国・広州)2012ロンドンパラリンピック出場権獲得
  • 2012年 ロンドンパラリンピック 女子団体ゴールボール 金メダル獲得
  • 2012年度 九州運動記者クラブ・特別賞受賞
  • 2014年 インチョン2014アジアパラ競技大会 銅メダル獲得
  • 2015年 Malmo Lady Inter Cup 2015 Goalball tournament(スウェーデン:マルモ) 銅メダル獲得
  • この他出場大会多数

関連リンク

本文ここまで