熱中症に注意しましょう~熱中症警戒アラートが開始されます

更新日:2021年6月23日

熱中症に注意しましょう!


熱中症は高温・多湿な環境で起きやすく、命にかかわる病気です。自分の体調の変化に気をつけるとともに、高齢者、乳幼児、障害のある方など周囲の人にも気を配り、予防を呼びかけあって熱中症による健康被害を防ぎましょう。熱中症は、現場での応急手当てが大切です。熱中症に関する正しい知識を持ち、適切に対処しましょう。

熱中症とは


熱中症とは、高温・多湿の環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節の機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、からだのだるさ、けいれんや意識の異常等さまざまな障害をおこす症状のことです。
家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

厚生労働省 熱中症関連 熱中症予防のために(多言語リーフレット 英語・中国語・イタリア語・スペイン語・タガログ語・ベトナム語など 14言語)(外部サイト)

熱中症になりやすい人とは


●こども 汗を出す汗腺が未発達であり、体温調節機能が未熟なためなりやすいといわれています。
●高齢者 水分の貯蔵庫である筋肉量の減少により、体内の水分量が少ないこと、暑さやのどの渇きも感じにくく、水分摂取も遅れがちで心肺機能や腎臓機能が低下しがちなため、熱中症になった時に重篤になりやすい傾向があります。

熱中症警戒アラートが開始されます。

熱中症警戒アラートとは


熱中症予防行動をとっていただくために、暑さへの「気づき」を呼びかける情報です。熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごとに発表されます。

熱中症警戒アラートが発表されている日には


熱中症警戒アラートが発表されている日は、普段よりも熱中症予防行動を積極的に取りましょう。熱中症警戒アラートが発表されていない日も、熱中症予防を意識して行動しましょう。


・外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう。
 昼夜問わず、エアコン等を使用して部屋の温度を調整しましょう。
・外での運動は原則、中止/延期しましょう。
 身の回りの暑さ指数(WBGT)に応じてエアコン等が設置されていない屋内外での運動は、原則、中止や延期をしましょう。
・熱中症リスクが高い方に声をかけましょう。
 身近な熱中症弱者(高齢者や子ども、持病のある方など)に声をかけ、エアコンの使用やこまめな水分補給等を呼びかけましょう。

新型コロナウイルス感染症予防対策における熱中症予防行動のポイント「所沢市ホームページ」

温度に気をくばろう(くま)

熱中症になるとどうなる?

  • 軽度:めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)、大量の発汗
  • 中度:頭痛、気分の不快・吐き気・嘔吐、力が入らない、からだがぐったりする
  • 重症:意識がなくなる、けいれん、歩けない、刺激への反応がおかしい、高体温

熱中症かな?と思った時の応急処置

熱中症は、急速に症状が進行し、重症化しますので異常に気づいたら、すぐに応急処置をしましょう。


熱中症の応急処置 (出典)環境省リーフレット 「熱中症~ご存じですか? 予防・対処法~」

自力で水分が飲める場合は、水分と塩分の補給をしましょう!


・汗を大量にかいた場合は、失われた塩分も補える冷やしたスポーツドリンク、食塩水(水1リットルに1~2グラムの食塩)や経口補水液も有効です。
・経口補水液とは、スポーツ飲料よりも糖濃度が低い液体で、水分や塩分の吸収が速い為、軽度から中等度の脱水状態の改善に適しています。経口補水液は、ドラッグストア等で購入できます。

 

自力で水分が飲めない場合は、医療機関を受診しましょう


声かけに応答ができても、吐き気や吐く症状がある場合は、水分が気道に流れ込んでしまう可能性があり、口から飲ませるのは禁物です。至急、医療機関を受診しましょう。

声かけに反応しないときは、救急車を呼びましょう


声かけに対する反応がないとき、わからないときは、大至急救急車を呼びましょう。救急車が到着するまでの間、涼しい場所に避難し、衣類を緩めましょう。皮膚に水で濡らしたタオル等を当て、うちわで扇いだり、氷のうを首、わきの下、太ももの付け根にあえてたりし、からだを冷やし続けましょう。

関連情報リンク先

環境省熱中症予防情報サイト(外部サイト) 
提供期間
2021年4月28日(水曜日)から10月27日(水曜日)
提供情報
(1)全国の暑さ指数(WBGT)の予測値及び実況値
(2)CSV形式による暑さ指数(WBGT)数値データの提供
(3)暑さ指数(WBGT)の個人向けメール配信サービス(無料)の提供
(4)熱中症警戒アラートの個人向けメール配信サービス(無料)の提供
(5)暑さ指数(WBGT)と熱中症救急搬送人員数の関係について(週報)
(6)「まちなかの暑さ対策ガイドランイン(平成30年3月環境省)」などの暑熱対策技術の紹介
(7)「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン2020」など熱中症対策に関する普及啓発資料
(8)熱中症に関する関係省庁の取組 等
●熱中症予防声かけプロジェクト(外部サイト)  
熱中症にかかる人をなくすために、「ひと涼み」という日本らしい習慣を世の中に広げていくプロジェクトです。
●(外部サイト)日本気象協会推進 熱中症ゼロへ(外部サイト) 
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人日本気象協会が推進するプロジェクトです。
●ところざわほっとメール(外部サイト)
市のメール配信サービス「ところざわほっとメール」では、「高温注意情報」や熱中症予防に関する情報を含む「防災行政無線の放送内容」等を配信しています。登録方法は、上記リンクをご覧ください。
●熱中症を予防しましょう(所沢市ホームページ) 新型コロウイルス感染予防と併せての熱中症予防のポイントを紹介しています。

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健医療課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9385
FAX:04-2998-9061

a9385@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで