地域ケア会議

更新日:2020年7月13日

高齢者の方が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域において医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が急務となっております。地域包括ケアシステムを構築するためには、高齢者個人に対する支援の充実と、それを支える社会基盤の整備とを同時にすすめることが重要です。これを実現していく手法の1つとして「地域ケア会議」があります。

所沢市では、以下の会議を「地域ケア会議」と位置づけています。

地域ケア会議

市内14箇所ある地域包括支援センターごとに、年1回以上開催しています。
地域包括支援センター職員、市職員、社会福祉協議会、民生委員、自治会・町内会、住民主体の活動を行う団体、ボランティア、介護保険サービス事業所等が集まり、日頃の活動を通した地域の高齢者に関する情報収集や意見交換・グループワークを通じて、地域課題を把握するとともに、課題解決に向けた地域の取り組みを検討しています。

地域ケア個別会議

市内を6ブロックに分け、年4回開催しています。
地域包括支援センター職員、市職員、医師・歯科医師・薬剤師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、管理栄養士、民生委員等が参加しています。
下記を目的に、市内14箇所の地域包括支援センター並びに地域の介護支援専門員の担当する個別事例の検討を行っています。
・地域の介護支援専門員の自立支援に資するケアマネジメントの支援
・高齢者の実態把握や課題解決のための地域包括支援ネットワークの構築
・個別ケースの課題分析を積み重ねることによる地域課題の把握

関係者の方へ

地域ケア個別会議で事例提供を行う居宅介護支援事業所のケアマネージャーの方は、以下より様式をダウンロードしてください。

お問い合わせ

所沢市 福祉部 高齢者支援課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟1階
電話:04-2998-9120
FAX:04-2998-9138

a9120@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで