このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス関連情報

更新日:2020年6月25日

目次

最新情報(令和2年6月23日現在)

所沢市・埼玉県内の感染症の発生情報

市の取り組み・支援策・寄付等・イベント・施設に関する情報

Q&A・感染症対策全般

国、県の方針・メッセージ

相談窓口等

新型コロナウイルスから身を守るためのポイント

詳細は、こちらのページをご確認ください。

新型コロナウイルス接触確認アプリ

新型コロナウイルス接触確認アプリ(厚生労働省)が公表されました。
接触アプリは互いにわからない形で接触した可能性について通知を受けとることができる仕組みです。
通知がされた方には症状や身近な者の状況を選択によって、体調の変化の注意の呼びかけや検査の受診などを案内します。

アプリのインストール方法

・AppStoreまたはGooglePlayで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください。

GooglePlay

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar


AppStore

https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458


所沢市医師会PCR検査センターについて(6月3日発表)

市民医療センターは、所沢市医師会とともに「所沢市医師会PCR検査センター」を運営します。
「所沢市医師会PCR検査センター」では、かかりつけ医が必要と判断した場合、新型コロナウイルスのPCR検査を実施します。

詳細は、こちらのページをご確認ください。

除菌液(物品用)を無料で配布します

所沢市では、新型コロナウイルス感染症対策のため、令和2年5月21日(木曜)から6月26日(金曜)の木曜日・金曜日の午前10時から正午まで、除菌作用のある次亜塩素酸ナトリウム液(濃度0.05パーセント)を無料配布します。(注釈)「次亜塩素酸水」ではありません。
詳細は、こちらのページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症患者の最新情報をメールで受信できます

ところざわほっとメールに登録すると、新型コロナウイルス感染症患者の最新情報をメールで受信※できます。
※登録時に「医療・健康」のカテゴリを選択する必要があります。

【登録手順】
(1)hotmail@tokorozawa-hotmail.jpに空メールを送信
または、以下のQRコードからメールアドレスを読み取り、空メールを送信することでも登録できます。


(2)info@tokorozawa-hotmail.jpから登録用URLが記載されたメールが届きます。※
※メールが届かない場合は、こちらのページ(ところざわほっとメール)をご参照ください。
(3)URLを押すと、メール配信登録の画面が開きます。
(4)「医療・健康」のカテゴリを選択します。
(5)「登録」を押すと登録が完了します。

所沢市の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

詳細は、こちらのページをご確認ください。

埼玉県内の感染確認状況や関連情報について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた所沢市の取り組み

新型コロナウイルス感染症に関する所沢市独自の支援策

2か月分の水道料金の全額免除、事業者への支援、商店への支援、文化・音楽・スポーツの支援など所沢市独自の支援策について掲載しています。詳しくはこちらのページをご確認ください。

マスク等の寄付や寄贈についての報告

緊急事態宣言解除に伴う所沢市が関係するイベント等についての考え方(令和2年6月から7月末まで)

詳しくはこちらのページをご確認ください。

開催中止が決定した主なイベント等

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため公共施設の利用制限を実施しています

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的に、市内の公共施設の利用を一部制限しております。
詳細は、こちらのページをご確認ください。

集団感染を防ぐために密を避けましょう(令和2年3月28日)

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

厚生労働省ホームページに、新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)が掲載されています。

新型コロナウイルスを防ぐには

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを
口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。
他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

日常生活で気を付けること

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

  • 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

正しい手洗いの方法、マスクの付け方については、季節性インフルエンザと同様の方法が効果的です。
ビデオ・ポスターもあわせてご参照ください。(出典:政府インターネットテレビ、首相官邸HPより)

※啓発資料について、配布や媒体掲載など、使用可能です。ビデオは『出典:政府インターネットテレビ』、ポスターは『出典:首相官邸HPより』を記載してください。

こんな方はご注意ください

少なくとも以下のいずれかに該当する方はすぐに「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」にご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
・息苦しさ(呼吸困難)の強い症状がある
強いだるさ(倦怠感)がある
・高熱等の強い症状がある
重症化しやすい方(※)で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある
(※)高齢者、妊婦、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。

マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

高齢者の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症に関連して、高齢者の皆様にお伝えしたいことをまとめました。
こちらをご覧ください

マスクについて

経済産業省ホームページにて、マスクや消毒液の最新状況等についてのQ&Aが掲載されています。


<マスクについてのお願い> (出典:厚生労働省HPより)

※啓発資料について、配布や媒体掲載など、使用可能です。掲載の場合は『出典:厚生労働省HPより』を記載してください。

手作りマスクの作り方

ヘアゴムとハンカチだけで簡単に作れる手づくりマスクの作り方の動画はこちらをどうぞ(文部科学省制作)。

相談・受診の目安について(令和2年5月8日)

厚生労働省から「新型コロナウイルスに関する相談・受診の目安」が公表されました。
詳細は、新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省)をご確認ください。

新型コロナウイルス緊急事態宣言解除に伴う市長メッセージ(5月27日発表)

詳細は、こちらのページをご確認ください。

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ

新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ等を掲載します。

新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ(埼玉県)

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針(令和2年2月25日)

厚生労働省から「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が公表されました。
詳細は、新型コロナウイルス感染症対策の基本方針(厚生労働省)をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)より、国民の皆さまへのメッセージをご確認ください。

彩の国「新しい生活様式」安心宣言について(事業者向け)

埼玉県では、企業・団体の皆さまに、新型コロナウイルス感染拡大防止を徹底するガイドラインを彩の国「新しい生活様式」安心宣言として作成いただく仕組みを作りました。積極的な活用をお願いいたします。

特別定額給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた方への支援・相談窓口

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた個人・事業者等の皆さまへの支援・相談窓口をご案内します。
詳細についてはこちらのページをご確認ください。

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンターについて

曜日や時間帯によって異なる相談先を一本化し、一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には専門外来につなぐ帰国者・接触者相談センターを御紹介するなど新型コロナウイルス感染症に関する御相談に一元的に対応しています。ただし、学校の臨時休業等に伴う相談を除きます。


電話:0570-783-770


受付時間:24時間(土日・祝日も実施)

帰国者・接触者相談センターについて

埼玉県では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
相談内容から同感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」への受診調整を行っております。

相談窓口

  • 平日昼間(午前8時30分から午後5時15分まで)

狭山保健所
電話:04-2954-6212

  • 土曜・日曜休日昼間(午前8時30分から午後5時15分まで)

埼玉県保健医療政策課
感染症・新型インフルエンザ対策担当
電話:048-830-3557

  • 夜間(午後5時15分から午前8時30分まで)

埼玉県救急電話相談
電話:#7119
※#7119は、新型コロナウイルスに限定した窓口ではありません。
※「医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者」に該当しない場合でも、24時間365日相談は可能です。

利用にあたっての注意事項

休日夜間は電話がつながりにくくなる恐れがあります。極力平日昼間の時間帯での相談をお願いします。

厚生労働省の電話相談窓口について

厚生労働省の電話相談窓口が設置されました。
電話:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施)

※聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方に向けて、FAXでも受付が開始されました。
FAX:03-3595-2756

厚生労働省がLINE公式アカウントを開設しました

新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を確認することができます。

  • 友達追加はこちら

https://lin.ee/qZZIxWA

  • QRコードはこちら

埼玉県LINE公式アカウント「埼玉県-新型コロナ対策パーソナルサポート」

埼玉県のLINE公式アカウントと友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたの状態に合わせた新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。

以下リンクから友だち追加していただくか
https://lin.ee/gcM5GpV
QRコードをスマートフォンで読み取ってください。

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康管理課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1811
FAX:04-2995-1178

b9911811@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る